ズルいをうらやましいに言い換えると人生変わる説

こんにちはきもやんです!

先日こんなツイートを見つけました。

 

ずるい⇔うらやましいについてですね‥‥

う〜ん深い‥‥!

なんていうか、

この方 瀬戸内寂聴さんかな?ってくらいに深い視点ですね‥‥

この二つの言葉の互換性とか、30年間全く気づかなかったですw

 

 

ズルいと羨ましいの違いは?

 

 

ズルいとはつまり、

自分も享受したい利益を 相手のみが得ている状況に出る言葉ですね。

羨ましいというのは、

自分が享受したい利益を相手のみが得ている状況で‥‥

 

 

ってえ???

 

 

おんなじやんけ‥‥!!?

 

 

頭の中では明らかに違うこの二つなのに、

文にすると同じになるwww

 

 

困った時の事典

 

ずる‐い
【狡い】
  1. 《形》

    人をだしぬいて自分が得をするような、正しくないやりかただ。わるがしこい。こすい。

 

 

なるほど!

さすが事典さん!

 

 

ズルいには『相手を出し抜く』っていうニュアンスが含まれてるんですね!

つまり、相手を落とし込んで‥‥

もしくは損をさせるなどして自分が利益を得る‥‥

 

 

うーんズルい!!!

 

 

図にするとこんな感じでしょうね。

 

 

 

 

 

 

えっと、分かりますか??www

ぼくのオリジナルイラストです。

 

ズルい方は、相手が嫌な気持ちになってますね。

対して羨ましいの方は、誰も嫌な気持ちにはなってません。

損もしてないんです。

 

 

で、この冒頭のTwitterの方は、

自分の子どもさんが羨ましいと言うべき場面で

ズルいと言ってしまうのが気になってるんですね。

 

 

で、何が問題なの?

 

 

ズルいが口ぐせの人って疲弊するんです。

 

 

周りの人が利益を得る度にズルいズルいというと、

自分が何も損をしていないのに損をした気分になる。

 

 

エスカレートすれば、

周りに対して嫉妬心やら猜疑心を抱くことにもなるんです。

 

 

しかも言葉って自分の体にも影響を及ぼすことが最近知られ始めてますよね。

ズルさを見つける度にストレスを感じてたら確実に病気になります。

 

 

Twitterの方はここまでは思っていなくても、

直感的に『このままじゃ良くない』と気付いたんでしょうね。

確かにひねくれた子になったら可哀想ww

 

 

自分が損した気になってない?

 

 

冒頭でズルいと羨ましいって互換性があるとは書いたんですが

調べていくとそうでもなさそうです。

 

 

羨ましいはズルいを包括してますし、

ズルいは羨ましいの1部とも考えられますね。

 

 

となると相手に出し抜かれたときさえも

羨ましいな〜なんて思えたらめちゃくちゃ器のデカさが際立ちますよね‥‥

ぼくには無理っぽいですが‥‥w

言葉ひとつで状況が結構変わる

 

このうらやましい⇔ずるい以外にも

「こういうときこう言い換えた方がいいよな~」

って言うのが結構あります。

 

 

例えばありがとうとすみません。

 

 

何かしてもらったときに

「あっ、すみません~!笑」

っていう人っていますよねw

 

 

この場合は圧倒的に「ありがとうございます!」

の方が相手も嬉しいんです。

 

 

いや、気持ちは分かるんですけどね!

恐縮です!すみません!みたいなw

 

 

でもすみませんって謝罪のときのネガティブなワードです。

こういう一言一言で、人間関係って結構変わりそうですよね。

 

ぼくもちょっと意識したいです…!

さらば!