バス通勤中の過ごし方ランキング!1位はやっぱりアプリ?読書?

【この記事を書いた人】

 

バス通勤って退屈ですよねえ〜

 

揺られ揺られて
毎日同じ景色を眺める眺める‥‥

 

とある衝撃的なデータなんですが
日本人の平均通勤時間
(バスに限らず車なども含める)
は、なんと‥‥

 

片道1時間!!!!

 

ひ、ひえ〜っ!!

 

1時間て!

しかも片道!!

 

ということは、
日本人は毎日2時間を通勤時間に充てている‥‥と‥‥

一ヶ月に換算すると
2(時間)×20(日)=40時間!!!

 

40時間‥‥だと‥‥!?

なんということでしょうか‥‥

 

40時間あればワンピース全巻一気読みだって出来ますよ!

いや、ドラゴンボールも追加してもいけるか‥‥?

 

とにかく通勤時間というのはめちゃくちゃ膨大な時間量。

これを生かすか殺すかで大きな差になることは明白なんです。

 

というわけで今回は
バス通勤の方に人気の過ごし方をランキングでまとめました!

 

あっ、スマホゲームや睡眠は省いてますよ!
より役立つ過ごし方です!www

どうぞ〜〜!

 

【第1位】

■ アプリ
最も人気がある過ごし方こそ
やはりスマホアプリ。

世代を問わず支持されていました。

どんなアプリが人気かというと‥‥

 

■ NewsPicks

ニュース系アプリといえばLINENEWSやSmartNewsが人気なんですが、もう少しコアな情報を知りたい方はNewsPicksがおすすめですね。

ビジネスマン必須のアプリとまで言われるNewsPicksは、文字通りビジネスに特化したニュースアプリ。

さらにニュース記事それぞれに対して、ホリエモンなどのビジネスマンがコメントを加えているのが魅力。

読むだけでなく、『こういう視点でニュースを考えるのか』という見方が出来るのがオススメな理由です!

 

■ Kindle

いわゆる電子書籍です。

近年、本をかさばらせずスキマ時間に読めるということから、通勤時間に読む方が激増。

先ほどのデータから1ヶ月の平均通勤時間を40時間とするなら、40時間を読書に充てられるのはかなり魅力的。

ビジネスだけでなくマンガもたっぷりなので、朝からテンションを上げたい方にもオススメ。

 

しかしアプリを使って過ごす唯一の懸念としては充電

『有益な通勤時間であったな‥‥』

とさっそうと出社しても充電7%だといきなりハラハラです。

可能ならiPad、難しければ携帯式の充電器を用意しておきましょう。

 

【第2位】

■ 本
続いて人気なのはやはり王道の本。

先ほどのKindleと少し被りますが、やはり読書って大事なんですね〜。

特に資格なんかの勉強をされる方は電子書籍よりも紙の本が支持されます。

パラパラっとめくって分からない部分を復習したり、マーカーなんかでチェックするのはやはり紙の本の方が強いです。

膨大な時間を資格勉強に費やせば、転職や独立を控えてる方にはとても有益になること間違いなしです!

 

【第3位】

■ リスニング

意外と多くてびっくりしたのが、英語のリスニング。

もちろんイヤホン付きですよ?w

最近では楽天が社内言語を英語にしたことも相まって、英語力がひとしお注目されています。

特に日本人がぶち当たる壁と言われるヒアリング力。

日常生活でテレビや家族といった中で集中しづらいなら、通勤時間中のリスニングは上手すぎる過ごし方です。

 

【番外編】

■ Twitter

これのすごいところは、FacebookとInstagramを大きく引き離して人気というところです。

誰かと絡んだりツイートをするというよりは、有益な情報を得ている人が多いです。

表示アルゴリズムが分かりにくいFacebookや、写真メインのInstagramでは難しいところですね。

 

■ タスク処理

会社のパソコンと同期させてメールなどのタスク処理を終わらせてしまうというビジネスマンの鑑ともいえる過ごし方。

メールなどの場合は
『〇〇さん、もう起きて仕事をしてるのか!』
というイメージさえ与えられます。

夜中に送るのは
『こんな時間まで残業か‥‥』
というネガティブなイメージを与えるので、そこは雲泥の差。

ただしまだ意識が冴えない状態だと、誤字脱字や送信相手を間違ったりということもなくはないみたいですw

その点だけは気をつけたいところ。

まとめ

同じバス通勤でも過ごし方が色々とありました。

とにもかくにもその時間量は膨大ですから、少しでも役立つ使い方をしたいところですね~

是非参考にされてください!

それではまた!!

きもやん
※ 週に1回 公式LINEでオススメ記事を配信中♪
是非お友達登録してくださいませ♪
友だち追加

Twitterをフォローしていただくと最新記事を見逃さずチェック出来ます♪