ナルコレプシーとうつ病との関係は?完治の方法はあるのか?

【この記事を書いた人】

 

いや、実に恐ろしいですね。

ナルコレプシー。

 

ご存知ですか?

 

ナルコレプシーとは日本語で過眠症。

いわゆる『寝ても寝ても寝足りない』病気。

聞きなじみがないかも知れませんが
実はめちゃくちゃきついんです。

 

 

具体的にはどんな症状?

 

ナルコレプシーの1番の特徴といえば

『睡眠発作』

 

夜ぐっすりと眠ったにも関わらず、
日中に眠気を感じるんです。

しかも発作というくらいなんで
いきなりやってきます。

 

それは例えば
車を運転しているときかも知れませんし、
取引先と真面目な話をしている時かも知れません。

 

この時の眠気というのは、
ぼくらが毎晩感じるアレとは比にならないくらいに強烈。

 

『うわ!これはだめだ!もう眠ってしまう‥‥!』

くらいの感覚です。

 

もはや睡眠というよりも
気絶に近いものがあるかもしれません。

運転中なんかかなり怖いですし、
一度経験してしまうと
『またいつあの眠気が
襲ってくるかも分からない‥‥』

というパニック障害に似た焦燥感を
感じる方が多いようです。

 

夜眠ることが出来ないのもとても辛いですが、
眠気がいきなりやってくるのも実は苦しいものなのです。

 

他には

■金縛りにあったり、現実と夢の見分けがつかないような体験をする
■笑う、怒るといった感情の直後に、突然脱力感を感じる。ひどい場合はその場に座りこんでしまう。

といった症状があります。

 

これらは眠気と直接関係がないため原因が分かりにくいのですが、病院で診察してもらったらナルコレプシーということが発覚したというケースもあります。

 

 

うつ病との関係は?

 

そしてよくあるのがうつ病との併発。

その多くは
うつ病の発症→ナルコレプシーの発症

という流れが多いようです。

 

というのもうつ病の多くは
睡眠に悪影響を及ぼすので、
寝付けないことがトリガーのひとつとなり
ナルコレプシーに繋がってくるのです。

 

その場合、
ナルコレプシーよりもうつ病の方を先に治療していくことがほとんど。

ある程度治ってきたら
ナルコレプシーの方の治療へ向かっていきます。

 

 

全てのうつ病がナルコレプシーになる?

 

実はナルコレプシーにかかりやすいのは
『非定型うつ病』

 

うつ病には
定型うつ病非定型うつ病があります。

 

非定型うつ病とは、
20~30代女性に多く
気分の落ち込みが見られるもの。

 

2週間以上の落ち込みに伴って、
倦怠感を感じたり夕方に症状が悪化するのが
特徴です。

 

しかし楽しいことがあると
その時だけは気持ちよく過ごせるのが
非定型です。

 

定型うつ病は
朝に症状が重くなり、
楽しいことがあろうと何ら興味も湧きません。

 

 

完治はする?

 

『もしかしたらナルコレプシーかも?』
『非定型うつ病との併発かも?』

と不安になる方も多いでしょう。

 

実際 完治はするのか?というと

『研究が進んでいる』

というのが現状で、まだ地道な治療が必要です。

しかしその研究はあと一歩のところまで来ています。

 

近年は、ナルコレプシーの患者のほぼ100%に
オレキシンという神経伝達物質が
足りないことが判明しています。

 

となるとそこを促す薬剤や
代替する成分が見つかれば完治は目前です。

 

 

まとめ

 

発症も600人に1人と
決して珍しくない病気ですが、
周りの目はまだまだ厳しいです。

 

今は仕事中にうつらうつらと寝てたら

『なんでいつもあいつ寝てるんだよ!』

と認識されても仕方ありません。

 

ナルコレプシーがまだ認知されていませんもんね‥‥

 

しかしこの病気は周りの協力を得ることで、
精神的に一気に楽になるので相談してみましょう。

また薬の服用を続けていると、
症状が軽減できることが多いようです。

気になる方は一度診察を受けてみてはいかがでしょうか??

それではまた‥‥!

 

きもやん
※ 週に1回 公式LINEでオススメ記事を配信中♪
是非お友達登録してくださいませ♪
友だち追加

Twitterをフォローしていただくと最新記事を見逃さずチェック出来ます♪