部下の出社がギリギリ!上司より遅いのはアリ?

【この記事を書いた人】

 

出社が遅い部下ってイライラしませんか?

 

ぼくはしますw

 

『朝から嫌な気持ちにさせんなよ〜』

 

って感じではあるんですが、
いろんなパターンがあるんで難しいところ。

 

一番難しいのが

 

「始業時間にはなっていないが、
朝礼前にギリギリでやってくる。」

 

これです。

 

始業時間超えてたら
普通に遅刻なんでアウトなんですが、
朝礼前という絶妙なゆとりが腹立たしい!w

 

朝礼には遅れてないため、
仕事に支障はないんです。

 

始業時間になれば仕事はスタート出来ますし、
それに伴う準備も一応は出来てる。

 

 

ただなんかムカつくw

 

 

この感覚わかる人いますよね?

 

ましてやバタバタやってきた割に
『え?どうかしました?笑』
みたいに
悪びれる素振りがない場合とか
完全に逆鱗モノです。

 

で、色々考えたんですよ。

 

なんでギリギリに来る部下をみると
イライラするのか?

 

その答えがコレ。

 

 

自分よりあとに来てるから
ムカつく

 

つまりはこういうことなんです。

 

始業時間とか朝礼は何分からとか、
そういうのじゃない。

 

結局は、
上司である自分よりも
あとに来てるからムカつくんです。

 

これってすごくシンプルで、部下本人も
『朝礼前には準備しないと〇〇〜』
『ゆとりを持って仕事しないと△△〜』

 

って言われるよりも

 

『部下にあとから来られると腹が立つ!』

 

とズバッと言われた方が腑に落ちるんです。

 

実際は
「上司の自分をもっと尊敬しろよ!
尊敬してたら先に来るだろ!」

 

という本心が奥の方で横たわってるのに、
その上から

 

『仕事っていうのは‥‥』
『朝の時間は最低30分前から‥‥』

 

みたいな
常識的なロジックを上塗りされて説法されても
相手に響かないんです。

 

 

ギリギリに来るやつを
相手にするのが悪い

 

 

もう一つなんですが、
ギリギリに来るような
「空気が読めない&仕事が出来ない部下」
に対して

 

『あいつをどうにか改善させてやろう』

 

なんて思うのはやめるべきです。

 

その程度の部下は
自分にとって何らメリットになり得ないですし、時間と労力の無駄。

 

人の行動を変えるのって
コスパに見合ってないんですよね〜。

 

腹が立つのは分かりますが、
そこからどうこうするわけではなく
スルーすべきです。

 

これ一択。

 

その程度の社会人は早晩にもいなくなります。

 

自己管理出来ない人間が結果を出せるほど、
日本のビジネスシーンは甘くないのが実情。

 

『ああいうレベルがいるから
自分たちの頑張りが際立つんだよな』

 

くらいに構えておくとカッコイイです。

 

 

直属の部下の場合は?

 

立場によっては、
その部下の遅刻が
自分に責任が問われるケースもあります。

 

そういうときこそ冒頭の
『おれより先に来い!腹立つから!』
でいいです。

 

繰り返しになりますが、
『社会人たるもの〜』とか
『朝に強いヤツこそ成功して〜』みたいな
変なフィルターを通さず
感情をぶつけることです。

 

部下に抱かせる感情は
『時間に遅れると
あの人怒らせてめんどくさいな、
早めに行くか』
でいいんです。

 

『朝は尊敬するあの人より先に行かなくちゃ!
少しでも仕事して早く追いつこう!』

なんて美談は
1000人に1人くらいじゃないでしょうか。

 

あ!でもめちゃくちゃ早く出社したらダメですよ?

 

朝6時とかw

 

部下ともども倒れますから!

 

 

きもやん
※ 週に1回 公式LINEでオススメ記事を配信中♪
是非お友達登録してくださいませ♪
友だち追加

Twitterをフォローしていただくと最新記事を見逃さずチェック出来ます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。