帰宅恐怖症を治す方法や改善法はない。原因はもっと根深い。

【この記事を書いた人】

 

最近帰宅恐怖症の男性が増えてますね。

 

というか以前からあるんですが、
『帰宅恐怖症』という
それらしい名前が出来たもんで
話題になりやすいようです。

 

【帰宅恐怖症とは?】
主に結婚している夫婦の夫側に起きる問題であり、深刻な場合は精神疾患にカテゴライズされる。
仕事が終わって疲弊していても家に帰ることを慢性的に望まない状況のこと。

 

まあ簡単にいうと
『仕事終わったけど家に帰りたくねーな‥‥』ってアレです。

 

アレに『帰宅恐怖症』っていう何とも情けない名前が付いたんです。

 

 

原因は妻

 

この帰宅恐怖症、
原因となってるのは十中八九、奥さん。

 

帰らない夫と帰りたくない原因の妻。

 

どっちが悪いとかそういうことではなく、
少なくとも夫側は妻が帰宅恐怖症の原因なんです。

 

■ 帰っても気まずくて憂鬱
■ 妻に何かしら怒られる
■ 子供がいるのでのびのび出来ない

 

大体この辺が具体的なところ。

 

男とはどこまで行っても自由を愛する生き物なのですなぁ‥‥(遠い目)

 

 

周りも迷惑してる

 

実はこれ、当人夫婦だけじゃなくて
周りも迷惑してるから厄介なんです。

 

ここでの周りとは職場での部下。

 

上司が帰宅恐怖症なもんだから
『今からちょっと飲みいくぞ〜』
なんてコールがかかっちゃうんです。

周り巻き込んでんじゃねーよって感じなんですが、これに悩んでる部下も結構多いんです。

 

日本の内需に毎晩貢献してくれてるのはありがたいんですがね‥‥。

 

付き合わされる部下は自分のプライベートタイムを奪われてるんですからたまったもんじゃない。

 

 

改善法は?

 

これは改善法とかないです。

 

少なくともぼくはそう実感してます。

 

実は、この帰宅恐怖症が高じて
うつ病とかになるケースもあるみたいなんです。

 

帰れないこと自体がストレスになり、
加えて仕事の疲れが癒されずに溜まっていくことが引き金になり精神を患うんです。

 

こうなった場合の
『治療法』ならもちろんあります。

 

軽度のうつ病と同じで、
休養と一時的な薬物治療で普通に治ります。

 

ただ『根本の改善方法』っていうのはないと思ってもらった方が良いでしょう。

 

つまり夫婦間の仲を修復する方法ということです。

 

仮に精神疾患になったものの元の健康な心身に戻ったとします。

 

それでも夫婦間の空気が凍てついていれば、結局 元のさやです。

 

 

夫婦間の溝は埋まらないのか?

 

ぼくも経験者なんで分かりますが
『女性は一度拒否したモノを
再度 受け入れることはほぼ確実にない』
です。

 

女心と秋の空って言うじゃないですか。

 

女性の気持ちはコロコロ変わりやすいですよ〜ってやつ。

 

あれはあくまで感情の起伏が男性より激しいという意味であって、嫌いになったものを受け入れる秋空ほどの寛容さを指しているものではありません。

 

繰り返しますが
『女性は一度拒否したものを
再度受け入れることはほぼない』
んです。

 

実際ぼくの周りの『最近家に帰りたくないんだよな〜』が口癖の男性たちは、最終的に独身へ返り咲くことがほとんどでした。

 

そしてひとたびググってみたら、帰宅恐怖症に限らず『夫婦間の溝はどうやったら修復できるのか?』なんて記事やサイトは山の数ほどあります。

 

大体が
■ お互いに思いやりを持って
■ 昔を思い出して
■ 話し合いをして

 

ってな感じのアドバイスがどこからとも無く得られるわけですが、正直現実的ではないと思います。

 

そもそもが猜疑心に満ちた状態なのに、そこで思いやりなんてなかなか持てませんし、過去を思い出したって『昔は良かったのに変わったね』でおしまいです。

 

まして話し合いなんて持とうもんなら、こじれるのが関の山でしょう。

 

 

唯一修復できるとするなら

 

もしこじれた夫婦仲が修復するような奇跡があるとするなら、夫婦ふたりが共に『大人』であることが最大必要条件。

 

大人の定義は想像通りですが、

どちらかが『まだ先が長いし、今の家族にゃ悪いけど早く終わらせて自分の人生謳歌するか〜』

とか

『ほんとハズレくじ引いたわ、おれって不幸‥‥』

 

みたいな感じが少しでもあれば修復は100%不可能です。

 

『彼女を変えたのは今までの自分の言動が原因なのかもな』
『いることが当たり前になってありがたさを忘れてた』

 

と思えるならもしかしたら以前ほどとはいかなくとも多少はマシになるかも知れません。

 

それでも相当に難しいとは思いますが。

 

帰宅恐怖症とはいえ、原因は相当に根深いので根気が必要になってきます。

 

きもやん
※ 週に1回 公式LINEでオススメ記事を配信中♪
是非お友達登録してくださいませ♪
友だち追加

Twitterをフォローしていただくと最新記事を見逃さずチェック出来ます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。