30代で英語を学ぶのは遅いというのは嘘。脳のピークは50代。

【この記事を書いた人】

 

もう30代だし
今さら英語を勉強しても意味無いかも‥‥

 

30代になってから
物覚えが悪くなったような気もするし、
単語も覚えられなそう‥‥

 

そんなあなたに朗報です。

 

30代で英語を学び始めるのは何ら遅くない。
むしろピークはまだまだ先ということが判明しました。

 

 

脳のピークは50代

 

昔から、
人間の脳は20歳をピークに下り坂になる‥‥
みたいな話を聞いたことありませんか?

 

実はこれ、身体能力やお肌に限った話であって
脳は全然関係ないんです。

 

むしろピークはまだまだ先。

 

というのも、
最近マサチューセッツ工科大学での研究で

『脳は能力によってピーク年齢が違う』

ということが判明したんです。

 

つまり脳はある年齢を機に
全てのスペックが落ちていくわけではない
ということ。

 

実際には以下の年齢のときに、
それぞれの能力がピークに達します。

 

■12歳
‥‥言語野の能力

■18歳
‥‥総合的な情報処理能力と記憶力

■22歳
‥‥名前を覚える能力

■32歳
‥‥顔を覚える能力

■43歳
‥‥集中力

■48歳
‥‥感情認知能力

■50歳
‥‥基本的計算能力

■50歳前半
‥‥新しい情報を学び理解する能力

■67歳
‥‥語彙力

 

脳ってすごいですね‥‥!!

 

 

英語を学ぶということ

 

話は戻って英語について。

 

そもそも英語を学ぶにあたって
重要な情報なんですが、
英語を話す脳と日本語を話す脳は別の部位
って知ってました?

 

英語で聞かれたこと一旦 日本語に変換して、
それをもう一度英語に直して答える。

 

みたいな思考回路が「英語が出来ない人」です。

 

対して英語で聞かれたことを
そのまま英語で返す人が「英語が出来る人」

 

結構難しそうなんですが、
これは脳の言語野というところを
活用することで出来るんです。

 

で、この言語野は
先ほどの年齢別の脳ピークで言うと12歳‥‥

 

 

あれ‥‥もう20年以上過ぎてる‥‥笑

 

 

しかしご安心を!

 

先ほどのデータによると、
集中力がピークとなるのは43歳ですし、
新しい情報処理は50歳がピーク。

 

子供のころのようにスムーズには習得出来ないかも知れませんが、脳的には何ら不可能ではないんです。

 

 

ではどれくらいでマスター出来る?

 

英語を学ぶことにおいて
年齢はほぼ関係ないことが分かりました。

 

となるとあとは勉強するだけ。

 

どれほどの期間で英語脳が育つのでしょうか?

 

35年間英語を話すことについて研究されてきた
遠藤尚雄氏によれば、
英語係数が1となったときに
日本人は日常会話を滞りなく
出来るようになるといいます。

 

言語力を数値で表す概念ですね。

 

一般的に日本人の多くは英語係数0,3。

 

これは、相手に伝えたい物事の3割しか伝えられないということ。

 

う~~んもどかしいですね笑

 

遠藤氏いわく英語係数が1になるまでには、
毎日2時間の勉強を5年間継続することが条件といいます。

 

2時間を5年‥‥!

 

甘い考えの人は耐えられないでしょうね‥‥

 

しかし大人になって他国語をマスターするというのはそれくらい厳しいものということです。

 

脳的に不可能でないということが判明しただけでも励みになりますね。

 

きもやん
※ 週に1回 公式LINEでオススメ記事を配信中♪
是非お友達登録してくださいませ♪
友だち追加

Twitterをフォローしていただくと最新記事を見逃さずチェック出来ます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。