【保存版】デジモンの必殺技名がセンスよすぎるのでまとめた。

【この記事を書いた人】


 

 

この『MEN’S UNIVERSE』において一番多く検索されて閲覧されてる記事が実はコチラ。

デジモンの最強モンスターキャラはアルファモンで異論ないな??

アラサー男性のためのメディアではありますがまさかデジモン記事がトップとはw

で、改めて当時デジモンがあそこまで流行った理由を考えたんです。

「ビジュアル」や「進化」という概念はもちろんのこと、『必殺技名のセンスが良すぎる』ってのがあると思うんです。

ぼくはこのデジモンシリーズで、ほとんどの英単語を覚えました笑

ほら、ポケモンだとかっこいい技名って『サイコキネシス』『はかいこうせん』くらいしかないじゃないですか。

『すなかけ』や『にらみつける』じゃダメなんですよ。

バトルのテンションが上がらない。

というわけで、今回はセンスが良すぎるデジモン必殺技名をまとめました!

 

10位
ガイアフォース

 

初代デジモンシリーズにおいてセンター的役割を担うアグモンの究極体「ウォーグレイモン」

このウォーグレイモンの繰り出す必殺技こそガイアフォース。

ガイア(Gaia)とは「ギリシア神話で大地の象徴とされる地母神」のことなんです。

ガイアの力(force)で、ガイアフォース。

両手で巨大なエネルギー体を作り出し、敵に放つという元気玉的な攻撃方法でそのイメージを焼き付けました。

 

9位
絶対零度パンチ

デジタルモンスターVer.2、アニメでは初代から登場していた成熟期デジモン ユキダルモンの必殺技。

ブリザードパンチとかアイスナックルとか なりそうなところに『絶対零度』という言葉をもってくる。

これぞセンスのなせる技です。

ちなみに絶対零度とはセルシウス度で −273.15 ℃なので、成熟期デジモンの技にしてはかなり強そうです。

 

8位
フラウカノン

初代デジモンアドベンチャーにおいてミミのパートナーデジモンであるパルモンの完全体『リリモン』が誇る技。

語呂の響きもいいですが、その意味もいい。

フラウ(Frau)とはドイツ語で「夫人」の意味。

カノン(kanon)は同じくドイツ語で「追復曲」という意味。

夫人の織りなす追復曲というなんともアーティスティックな技名です。

もう一説としては、フラワーキャノン(花の大砲)を造語としてフラウカノンにしたという話もありますが、どちらにせよ素晴らしいセンス。

 

7位
ファイナルエリシオン

 

デジモンテイマーズの主人公タカトのパートナーデジモンであるギルモンが究極体デュークモンとなったときの必殺技。

ファイナル(Final)は「最後の」という意味で分かりますし、デジモンに限らず強いキャラが技名で使い回してる感がいなめません。

しかしここでエリシオン(Elysion)をもってくるのがまたセンス。

エリシオンとはギリシア神話に出てくる楽園の名前。

直訳すると『最後の楽園』

これはやばすぎますね。

デュークモンが左手に携える巨大なシールドから放つエネルギー砲がファイナルエリシオンですが、その威力は凄まじく、まさに楽園の創造をイメージさせます。

 

6位
ハング・オン・デス

 

究極体デジモン『ジジモン』の必殺技。

デジモン初のゲーム『デジモンワールド』に出てきたのがジジモンなので、懐かしい方もいるはず。

しかしこの技名の意味がまた凄い。

ハングオン~(hang on~)
とは「~にすがる、しがみつく」という意味。

つまり『死にしがみつく』という結構なパワーワード。

しかもそれを使うのが長老デジモンのジジモンであるというのがまた生への価値観を感じさせるのでグッときます。

 

5位
シザーズエクスキューション

成長期デジモン『ガニモン』の必殺技。

成長期の中では恐らく一番かっこいい技名です。

これもシザーズは分かりますよね。ハサミを意味します。

ガニモン自体もカニがモチーフなのでピンとくるでしょう。

『そう来るか!』と唸らせるのがエクスキューション。

エクスキューション(execution)とは『処刑』という意味。

ハサミで処刑!というなんともデストロイな雰囲気がたまりません!

 

4位
グラウンドゼロ

デジタルモンスターVer.2、アニメではアグモンが暗黒進化した際に現れる完全体スカルグレイモンの必殺技。

「グラウンドゼロ‥‥?地面がゼロってどういうことや?」

と思いきやそういうことではありません。

グラウンドゼロ(ground zero)とは『爆心地』という意味。

つまりスカルグレイモンの放つ技は爆心地となるレベルの破壊力があると。

ボム系必殺技において凄まじさを物語るならこれ以上ないセレクトセンスでしょう。

 

3位
エクストリームジハード

 

デジモンアドベンチャー02に登場する、主人公大輔のパートナーデジモン『ブイモン』が、劇場版でのみ見せる『マグナモン』として繰り出す技。

エクストリーム(Extreme)とは「高みの、極度の」という意味。

ジハードはアラビア語で「奮闘する」という意味ですが、日本語の世俗的な意味合いでは『聖戦』を指すことが多いです。

つまりエクストリームジハードとは「極めて高位な聖戦」といった意味。

こんな素晴らしいメッセージ、中学生時代に見てても絶対伝わらないですよw

 

2位
セブンスヘブン

 

最高位天使型デジモン『セラフィモン』が誇る技。

天使型デジモンというとエンジェモン→ホーリーエンジェモン→セラフィモンという系譜が正統的です。

エンジェモンの『ヘブンズナックル』、ホーリーエンジェモンの『ヘブンズゲート』、セラフィモンの『セブンスヘブン』

全てにおいて『ヘブン(天国)』が含まれているのは軸がブレてなくていいですね。

そしてセブンスヘブン(SEVENTH HEAVEN)とはユダヤ教等における「天国の最高位、第7天」のこと。

天国にもレベルがあるんです。

ゲーム「ファイナルファンタジーVII」に出てくるお店の名前も実はこれが由来です。

 

1位
金剛界曼荼羅

 

そしてトップがこちら。

金剛界曼荼羅(こんごうかいまんだら)です。

デジモンテイマーズのメインキャラ『ルキ』のパートナーデジモンである『レナモン』が究極体『サクヤモン』となったときの切り札。

数あるデジモンの必殺技名の中で、漢字というのがすでに異端。

金剛界曼荼羅(別名 九会曼荼羅)とは、「金剛頂経(密教の経典)」の世界を絵画によって表現したもの。

ここまでくると、もうつくり手の大人の自己満足で子どもに伝える気はほとんどないですw

ただその自己満足が高いレベルで昇華されてるのがデジモンなんですよ。

ちなみにサクヤモンに進化する前はレナモン→キュウビモン→タオモンと、狐×神社をベースとしたキャラクター設定。

レナモン→狐葉楔(こようせつ)、キュウビモン→鬼火(おにび)、タオモン→凡筆閃(ぼんひつせん)

といったようにそれぞれの必殺技にも漢字の軸が引き継がれてます。

ほんと奥が深い ww

 

他にもあるある

 

ハイセンスでめちゃくちゃ迷った必殺技はまだたくさんあるんですよ。

なんせデジモンは現在1000種類以上にまで及びますからね。

この辺りとかも最高です。

■グランデスビッグバン
(アポカリモン)

■ラブセレナーデ
(メタルエテモン)

■エニグマ
(デジタマモン)

■マーチングフィッシーズ
(ゴマモン)

■ムゲンキャノン
(ムゲンドラモン)

■スパイキングフィニッシュ
(スティングモン)

 

ムゲンドラモンのムゲンキャノンとか、初期のデジモンにおいては最強技だったんですけどね…

ただその存在感は健在です。

昔を少しでも思い出せたなら、明日から会社で使ってみて下さいね。

出勤して会社のドアを開ける時は『ヘブンズゲートッ!(大声)』

会議で手を挙げるときは『エクストリームジハードッ!(大声)』

これでデジモンスピリッツも後世に引き継がれていくというものです。

それではまた‥‥
 

 

きもやん
※ 週に1回 公式LINEでオススメ記事を配信中♪
是非お友達登録してくださいませ♪
友だち追加

Twitterをフォローしていただくと最新記事を見逃さずチェック出来ます♪