BLEACHで最もオシャレな概念こそ『詠唱破棄』である。

【この記事を書いた人】

 

『卍解』
『なん‥‥だと‥‥?』
『憧れは理解から最も遠い感情』

 

様々な名言を残し完結した
伝説のファッショナブルオシャレ死神マンガ『BLEACH』

 

その数あるオシャレ要素の中でも最も粋な概念こそ『詠唱破棄』だとぼくは思うんです。

 

【詠唱破棄(えいしょうはき)とは?】
死神が使う鬼道という術に関わる概念。
鬼道を発動するには、それぞれの術に決められた台詞(詠唱)を唱える必要がある。
しかし高ランクの死神になると、その詠唱を破棄して術を発動することが可能になる。

 

どんな術なのか?

 

BLEACHを見たことある人なら分かりますよね?

 

まず鬼道には
「破道」「縛道」
の二種類があります。

 

破道は主に攻撃系、
縛道は守備や伝達などの特殊効果系に分かれています。

 

そしてそれぞれの種類は
一番台〜九十番台。

 

作中に出てきたものでは

 

■ 破道の九十「黒棺」
■ 破道の九十六 「一刀火葬」
■ 縛道の六十三 「鎖条鎖縛」
■ 縛道の七十七 「天挺空羅」

あたりが有名ですね。

 

BLEACH上でのキャラは
一護以外はまんべんなく使用してるのでよく見かけます。

 

 

詠唱破棄とは?

 

で、肝心の詠唱破棄。

 

例えば 縛道の六十一に
六杖光牢(りくじょうこうろう)
というものがあります。

 

朽木白哉やルキアが使うシーンが印象的ですが、詠唱はこちら

 

雷鳴の馬車(らいめいのばしゃ)

糸車の間隙(いとぐるまのかんげき)

光もて此を六つに別つ(ひかりもてこれをむつにわかつ)

『縛道の六十一、六杖光牢!』

 

キマりました。

 

六杖光牢は六つの光で相手の動きを封じる術。

 

朽木白哉ほどになると上記の詠唱は言わず、いきなり『縛道の六十一、六杖光牢!』といけるわけです!!

 

めちゃくちゃ
かっこいいじゃないですか。

 

ただ 詠唱って字面はオシャレなんですが、緊迫したバトルシーンでは言いづらいんですよ。

 

噛んだりしたらもう1回言い直すんですよ?

 

こんな恥ずかしいことは無い。

 

しかし白哉兄さんはそれを華麗にスキップ!

 

これぞ詠唱破棄のお手本です。

 

メリットが豊富

 

詠唱破棄をすることの一番のメリットはやはりバトルの効率化。

 

そしてもう一つ。

 

空気が読める敵の場合、詠唱破棄することで『な‥‥!詠唱破棄だと‥‥!?』とすかさず褒めてくれます。

 

こっちのテンションを上げてくれるんです。

 

加えて鬼道は、数字が大きくなるほど威力も強大になり、詠唱破棄も困難になります。

 

詠唱なしだと発動すら難しいんです。

 

しかし『縛道の九十九!禁!』
と九十番台の縛道を
詠唱スキップで発動しようもんならもう大変。

 

敵は待ってましたと言わんばかりに
『な‥‥!ばかな!九十番台の縛道を詠唱破棄だと‥‥!?』
とこれまた最大限に褒めたたえてくれます。

 

戦いのさなかであってもです。

 

結構BLEACHのキャラって優しいんです。

 

 

デジャブ

 

で、この詠唱破棄のくだり
「どこかで見たことあるな〜」
と思ったんで回想してみたらNARUTOでした。

 

あのNARUTOです。

 

NARUTOって術を発動するときに
印を結ぶじゃないですか。

 

アニメ版では効果音付きで
「ファン! ファン!」
てなるやつです。

 

これに関して、サスケの兄である天才忍者イタチは印を結ばずに火遁系の技を出したりしてます。

 

もちろん『な‥‥!印を結ばずに技を出しただと‥‥!?』というお決まりの合いの手ありです。

 

つまりBLEACHでの詠唱破棄は、NARUTOでの印の破棄。

 

繋がるものが見えました。

 

ここからの学びとしては、しなくちゃいけないことをスキップすると実力者に見えるということでしょう。

 

 

皆さんも明日出勤したら挨拶せずに着席するのもありかも知れません。

 

『な‥‥!挨拶破棄‥‥だと‥‥!』

『最も重要と云われる朝の挨拶を破棄‥‥!?』

 

周りからの評価も確実に上がるでしょう。

 

 

きもやん
※ 週に1回 公式LINEでオススメ記事を配信中♪
是非お友達登録してくださいませ♪
友だち追加

Twitterをフォローしていただくと最新記事を見逃さずチェック出来ます♪