【スマブラ】瞬神のピカチュウ使いと呼ばれたワイの戦法を紹介するッ!

【この記事を書いた人】

 

 

スマブラ界の黄色い閃光!!!

あまりに速く、
わずかほども追いつかない‥‥!

ヤツの姿を『目視』出来た瞬間、
すでに電撃にやられている!

 

‥‥

 

かつては
街のスマブラー(スマブラする人)たちに
恐れられたものですよ‥‥

 

【瞬神のピカチュウ使い きもやん】と。

速さを超えた疾さ(はやさ)。

 

かろうじて目に映るのは
ピカチュウが残す黄金の残像。

 

掴めない。届かない。

 

ピカチュウ使いの頂点からの眺め。

 

悪くなかったですよ‥‥?
(暗黒微笑)

 

 

瞬神きもやんの噂

 

ぼくのピカチュウと戦った者は
のちに理解します。

 

あいつ‥‥

 

隠密‥‥ッ!!!!

 

人は人知を超えたものを
目の当たりにしたとき、
ありったけの知識で
ソレを理解しようとします。

 

彼らが選ぶことが出来た
唯一の言葉が隠密

 

忍びでは及ばない。

 

隠密でも計れない。

 

しかし強いて例えるならば隠密ッ!!

 

瞬神という通り名がささやかれる前は
「黄色いアサシン」
などと呼ばれておりましてね…笑。

 

おっと、気がつけばもう1000字。

 

昔話をすると
長くなるのがぼくの悪い癖‥‥

 

失礼しました‥‥

 

今回は
ぼくの過去の戦法と技をご紹介します。

 

当時のスマブラーからすれば
喉から手が出るほど欲しかった
情報でしょう‥‥ッ!

 

くく‥‥特別ですよ?

 

心してご覧下さい。

 

 

戦法 壱,
バナナアタック

 

瞬神とかいう割に
技名めちゃくちゃダサいやんけ!!

 

などという野次は聞こえません。

 

ギャップなんです。

 

いや、バナナアタックてwww

 

と思わせておいて、油断させます。

 

さしずめ死のバナナ。

 

スマブラのピカチュウといえば
「瞬間移動」が特徴といのは有名ですね?

 

シュン!シュン!と二段階の移動が可能。

 

目の前にピカチュウがいたとしても‥‥

 

 

気がつけば敵の背後。

 

そしてその直後放つ電撃‥‥!!

 

 

これぞバナナアタックの一撃。

 

『目視出来た瞬間、
すでに電撃にやられている』

 

この意味がお分かりになったかと思います。

 

 

このシュン!シュン!という動線と
ピカチュウの黄色い残像が
バナナをイメージさせたのでこの技名。

 

バナナアタックを喰らった者は
そのトラウマから、
以後バナナが食べられなくなると言います。

 

そして次の技…

 

 

戦法,2
Canon EOS 60D アタック

 

キャノン イオス 60 ディー アタック
と言います。

 

一転してかっこいいじゃないですか。

 

これは戦法1のバナナアタックと
連携コンボとして使います。

 

先ほどのバナナアタックが決まった直後‥‥

 

 

一瞬、相手はフリー(操作不能状態)
に陥ります。

 

ほんの一瞬ですよ?

 

しかしそれは一般の人が感じる『一瞬』

 

瞬神きもやんからすれば、
四季が一巡する程度に似た長さ。

 

そしてそこに容赦なく下す、
慈悲無きコマンド‥‥

 

 

下・B

 

 

そう。

 

ピカチュウの切り札。

 

『かみなり』です。

 

ドゴオオオォオオオオォオ!!!!!!!

 

ここでもう1度繰り返さねばなりません。

 

『目視出来た瞬間、
すでに電撃にやられている』と。

 

……

 

ここいらで、
技名についての疑問が湧きそうですね?

 

Canon EOS 60Dとは何なのか?と。

 

答えましょう。

 

これですこれ。

 

 

デジタル一眼レフ!!!!!

 

もうお分かりですね?

 

この『かみなり』を喰らった者は、
あまりに一瞬の出来事のため、
事態が把握出来ません。

 

目の前にいたはずのピカチュウが
バナナアタックにより消え、
さらに轟音とともに
雷の光が画面を真っ白に染め上げる。

 

多くのプレイヤーは

 

‥‥!
今フラッシュでカメラ撮影を
されたような気が‥‥』

 

こう錯覚します。

 

雷の眩しさが、
フラッシュに感じてしまうのです。

 

無理もありません。

おそらくバナナアタックから
雷発動まで0,00004秒くらい。

 

市丸ギンの卍解と同じくらいです。

認知しろというのが無理なのです。

 

そして状況を把握したころにはもう遅い。

 

我が手のひらで転がされる運命…ッ!!

 

 

たどり着く瞬神の境地

 

度々ぼくのピカチュウは、
「ラーの翼神竜」
に例えられます。

 

 

黄色という色彩では例えきれない
『神々しさ』

 

我がピカチュウが、
三幻神と崇められる「ラーの翼神竜」
に至るのは ある意味では必然。

 

止まぬ雷鳴‥‥揺れる大地‥‥

 

多くの対戦者は
『神の怒りに触れてしまった‥‥』

 

そう感じるようです。

 

そして気づけば
「瞬神」の座についたきもやん。

 

しかしその頃には、
コントローラーの処理技術が追いつかず
ついに任天堂の限界に至っていました。

 

『ここが限界‥‥か‥‥』

 

64コントローラーを置いた日でしたね‥‥
(頬を伝う涙)

 

今回の技を使えば、少なくとも
数年前の瞬神には追いつくでしょう。

 

たどり着いたならご連絡ください。

 

初代瞬神vs次世代瞬神
の戦いを
とりおこないます‥‥ッッ!!!!!!

 

今日強くなれるなら、
明日なんかいらないッ!!!!!(刃牙)

 

さらば。

 

きもやん
※ 週に1回 公式LINEでオススメ記事を配信中♪
是非お友達登録してくださいませ♪
友だち追加

Twitterをフォローしていただくと最新記事を見逃さずチェック出来ます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。