【テニスの王子様】越前リョーマにライバルキャラがいない衝撃的な理由。

【この記事を書いた人】

手塚ゾーンに憧れ、
きもやんゾーンを開発し始めて早10年‥‥

 

未だに習得出来ていないぼくは
気づいてしまいました。

 

あのスーパーバトル漫画
「テニスの王子様」
の違和感に‥‥ッ!!!

 

 

………

 

………!

 

違和感‥‥

 

いや、この辺は違和感とは言わないッ!!!

 

『間違い』ッ!!

 

強いて名付けるなら、
この世界観は間違いッ!!

 

ツッコミが追いつかなくなり、
もはや誰もがツッコまなくなるという
テニプリ特有の風潮‥‥!!

 

 

そんなことはいいんです!

 

もっとコアな!

 

コアな部分の違和感に
気づいてしまいましたよ!!!

 

『主人公 越前リョーマには
なぜライバルキャラがいないのか?』

 

これです。

 

ハッ!とした方も多いのでは?

 

テニスの王子様は
ジャンプ漫画としてめちゃくちゃ人気な作品。

 

しかし他のジャンプ作品と大きな差となるのが
『主人公にライバルがいない』ってこと。

 

例えばキングオブキング
ドラゴンボールでは
悟空とベジータ

 

スラムダンクなら
桜木と流川

 

デスノートなら
夜神月とL

 

NARUTOなら
ナルトとサスケ

 

といった具合にほとんどの作品には
主人公vsライバル
という構図が設定されてます。

 

途中から仲間になるパターンもありますが、
時おりバトったりして
ファンを楽しませるんです!

 

しかし!

 

越前リョーマにはライバルがいない。

 

もちろんライバル『っぽいやつ』
ならいます。

 

手塚、赤也、リョーガ‥‥

 

赤也なんか初期のテニスの王子様において
完全にライバル感出してましたが、
気づいたら没落してました‥‥

 

つまりライバル不在‥‥

 

これはなぜなのか?

 

ほかの漫画と比較

 

本当にジャンプ漫画では
必ず主人公にはライバルがいるのか?

 

どうやら必ずしもそうではないようです。

 

それらの漫画に何かヒントがあるのでは‥‥?

 

過去のジャンプ漫画の中から、
ぼくが目をつけたライバル不在の
人気作品こそこちら。

 

『地獄先生ぬ~べ~』

 

アラサー世代なら
もはや説明する必要もない名作。

 

『いやいや!
ぬ~べ~にもライバルおるやんけ!
ほら妖狐の!玉藻やったか!』

 

たしかにぬ~べ~にライバルがいるとするなら玉藻。

 

しかし物語中で
『ぬ~べ~vs玉藻』
のバトルが描かれているのは
序盤がほとんど。

 

途中からは、
頼りになるロン毛キツネ感
出しまくってますし‥‥

 

そもそも
作中に出てくることも少ないんです!!

 

これはなぜなのか?

 

一つの説として
『ぬ~べ~vs悪霊』の構図を壊さないため
と言われています。

 

仮に
『ぬ~べ~vs玉藻』の雰囲気が強くなると、
他の悪霊の影が一気に薄くなりますよね?

 

玉藻こそ悪霊の中で最強。

 

そうなると物語が作りにくくなるんです。

 

ぬ~べ~という作品は、
あくまで鬼の手をもつ鵺野鳴介が
生徒達を数多くの悪霊から守る話。

 

そこにライバルの影は逆に邪魔なんです。

 

結果的にぬ~べ~は、
ジャンプ黄金期の作品でありながら
人気を博しながらキレイに終えました。

 

これぞあるべき姿!!

 

つまりライバルが登場すると、
他のキャラの影がかすんじゃうんです。

 

かのワンピースも同様。

 

ルフィには憧れのシャンクス
兄弟のエースこそいますが
ライバルらしいライバルはいない。

 

序盤の流れでは
ゾロがライバルなのか?
と思いきや、
どちらかというと「仲間」という印象が強いです。

 

これもワンピース全体の世界観を重視してますね。

 

ルフィvs〇〇(ライバル)の構図がメインになると、ゾロやサンジ達仲間はもちろん、白ヒゲ、四皇、七武海‥‥

 

全てのキャラがかすんじゃうんです。

 

うーん!なかなか腑に落ちてきます!

 

では話をテニスの王子様に戻します。

 

手塚、不二、跡部‥‥
様々な個性的なキャラで勝負するテニスの王子様においても、それらが脇役っぽくなるのは致命的。

 

つまり越前リョーマ単体よりも、
テニスの王子様という世界観を重視した結果がライバル不在の理由の一つというわけです。

 

 

もう一つの説

 

実はこれと別にもう一つ有力な説があります。

 

説というか、作者の許斐剛氏が言ってるんで
オフィシャルな情報なんですが
『越前リョーマはもともと
主人公にする予定ではなかった』
ということ。

 

 

ええええwwwwww

 

 

作中に出てくる遠山金太郎って分かります?

 

かなり衝撃的なんですが、
本来はこの遠山金太郎こそ
「テニスの王子様」の主人公になる予定だったんです。

 

 

で!

この遠山金太郎のライバルキャラとして
予定されてたのが越前リョーマ!

 

遠山vs越前という
時代劇ベースがいいじゃないですか‥‥!

 

つまり、リョーマにライバルがいないんじゃなくて、ライバル役のリョーマが主人公になったもんだから、ライバルがいなくなったというわけ!

 

 

ぎえええ!!!!

 

そりゃおらんわライバル!!!

 

しかも作者の許斐剛氏曰く
『越前リョーマは悪者ですよ。』と。

 

『テニスの王子様は
悪者がさらなる悪者をやっつける物語なんです』

 

と!!!

 

なんてことや‥‥

 

これで解決しましたね‥‥

 

つまりリョーマにライバルがいないのは

 

■ 世界観を崩さず、キャラたちの個性を活かすため
■ ライバルキャラのはずだったリョーマ自身が主人公になってしまったため

 

この2点のようですね…!!

 

ああスッキリした…!!!

 

是非いろんな方に教えてあげてください…

 

きんもやん式ドロップショット!!!!

 

さらば!!

 

 

きもやん
※ 週に1回 公式LINEでオススメ記事を配信中♪
是非お友達登録してくださいませ♪
友だち追加

Twitterをフォローしていただくと最新記事を見逃さずチェック出来ます♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。