intuos comic mediumのレビュー!半年使って分かったメリットデメリットと感想!

The following two tabs change content below.
1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!

 

今からさかのぼること半年前!!

 

ぼかぁついに買ってしまいましたよ‥‥

 

intuos comic !!!!!!

 

 

最初読み方分からなかったんですが、
イントスって読むんですねこれ!

 

イ、インチュオ‥‥インツオス‥‥??

 

とか迷ってた頃が懐かしい‥‥ww

 

WACOM(ワコム)ってメーカーの
intuosってシリーズなんです!

 

intuosにも色々種類があるんですが、
デジタルイラスト書くなら
intuos comicがイイ
と聞いたのでコチラにしてみました!

 

サイズもSとMがありましたが、
Mがイイと聞いたのでMに!!!

 

全て周りの情報に流される傾向にありますwww

 

で、半年間コレ使って
デジタルイラスト描いてたんですが、
結論としてこの intuos comic‥‥

 

 

めちゃくちゃイイです。

 

 

アナログ絵の方が好きって人も
もちろんいますし、
ペンタブにする前は
ぼくもフツーにアナログでしたが‥‥

 

もうアナログには戻れないッ!!

 

とりあえず半年間使ったレビューを
まとめますね!!!

 

ゴーゴー!!

 

 

とりあえずセッティング

 

intuos comic を買う時は
ほぼAmazonとかのネット経由になりますが、
絶対ソッチの方がいいです。

 

なぜなら‥‥

 

 

結構箱デカ!!www

 

配達員さんに頑張ってもらいましょう!

 

で、箱の中には色々付属品やら
入ってるんですが、
やっぱりメインはコレ!!

 

 

■ペンタブレット(ペンを走らせるボード)
■USBコード
■ペン

 

で、早速パソコンに接続しますよ〜!

グサっ!

 

 

これで準備はもうオッケー。

 

なのでペンタブ使う時はこんな構図になります。

 

 

 

ぐおおお!!!!

 

かっこえええ!!!!!

 

スタバ持っていきてええ〜〜!!!!

 

すでに高まってます‥‥

 

あ、ちなみにマウスはいりませんよ。

 

ペンでタブレットをタップさせたら
マウスの機能はまかなえるので、
スイッチをオフにしておきましょう。

 

んで!

 

パソコンの中に付属のCD-ROMを取り込んで
『CLIP STUDIO PAINT 』
をインストールします。

 

このソフトを使って
イラストを描いていくわけですねえ~

 

で、インストールが完了すると‥‥

 

 

ある〜〜ッ!!!!!

 

あのクリスタがある〜〜ッ!!!!
(当たり前)

 

で、コレを開いて‥‥

 

 

出たクリスタ!

 

そして中央のおっちゃん誰!!!

 

すでに臨界レベルの高まりでしたが、
このシブいおっちゃんによって
イイ感じにセーブされました‥‥!

 

ありがとうおっちゃん‥‥!

 

ついに描いてみる!!

 

そしたらイラストを描くページに移動して…

 

 

キタキタッッ!!!

 

ネットとかYouTubeとかで
よく見るあの画面!!!

 

まさか我がパソコンからも臨めるとは‥‥!

 

感無量‥‥ッ!

 

何はともあれ『描いてみましょう』

 

事前にYouTubeとかで勉強してたんですよ
使い方。

 

確かにペンの種類とか凄まじい‥‥

 

 

とりあえずコレで文字を描いてみます。

 

スラスラスラ‥‥

 

 

うおおおー!!!描けたぁあー!!
(なぜpixivかは不明)

 

しかも驚くべきはこれ!

 

 

この『取り消し』ボタン!

 

ここを押すと‥‥

 

 

消えたッ!!

 

『しぶ』が消えたッ!!!

 

これぞデジタルの特権ですよ‥‥

 

アナログなら消しゴムとかの場面ですが、
デジタルならボタン一つでなかったことに。

 

なので色々とチャレンジしやすいんです。

 

文字を書き終えたので
早速イラストを描いてみましょう。

 

スラスラスラ〜ッ

 

 

完成!「坊や」ッ!!!!!!

 

スマブラのネスをイメージしましたが、
なんかサンリオとかにいそうなキャラに
なりました。

 

さて色々機能をいじってみましょう‥‥

 

まずは左右反転ボタン‥‥

 

 

それっ!

 

 

おお!左右が反対に!!

 

『これどんなときに必要やねん?』

 

と思われそうですが、
めちゃくちゃ大事なんですよ!

 

キャラの顔描いた時に左右反転させると
自分の絵の下手さが浮き彫りになります。

 

輪郭のブレとか目の位置とか‥‥

 

その辺がサクサク確認出来るので、
絵のクオリティは間違いなく高まります。

 

で、次は『塗りつぶし』

 

 

ここを押して希望の色をセレクトすると‥‥

 

 

色がつきました!!!

 

もちろんムラなどあるはずもなく、
キレイに塗られてます。

 

そして一番感激したのがこれ‥‥

 

 

「背景」です。

 

無料テンプレートあるんですが、
これをセレクトして貼り付けると‥‥

 

 

背景ついた〜!!!!!

 

ちなみにこのネス風の坊やを書き始めてから
ここまで3分しか経ってません。

 

恐るべきクリスタ‥‥!

 

ここから数か月…

 

使い方や応用をマスターしまくって、
先日描いたイラストがコチラ。

 

 

シャーマンキングより恐山アンナです。

 

ネス坊やから進歩したなあ‥‥www

 

 

 

どのペンタブを選べばいいのか?

 

「ペンタブ買おうかな〜?」
って悩んでる時に思うのが
『どのペンタブのメーカーがいいの?』
ってことだと思います。

 

でもご安心ください‥‥

 

ペンタブのメーカーは
ほぼ「WACOMのみ」です。

 

マウスだったら
ロジクールやエレコムやらBUFFALOやら
色々ありますが、
ペンタブはほぼ「WACOM一本」
と思って間違いありません。

 

で、最初もお伝えしたとおり、
WACOMの中にこの intuosシリーズ が
あるわけです。

 

intuosシリーズの中でも
サクッとデジタルイラストを書くなら
intuos comicで間違いありません。

 

他のintuos シリーズでも
イラストは描けるんですが、
よりアート的・本格的向き…
もしくは写真の編集向きだったりと、
そもそもの方向性が違います

 

しかも「漫画も描いてみたいな〜っ」
て人はこのintuos comicの中に
漫画もかける機能がくっついてますので
これまた気軽にチャレンジ出来ます!

 

 

液タブってのも気になる

 

このペンタブ以外にも
「液タブ」というものがあるの
知ってます??

 

iPadみたいなやつで、
これはそのまま液晶にペンを走らせて
イラストを描けるんです。

 

細かい部分も確実にペンを置けるので、
ハイクオリティな作品に仕上げられます。

 

ただ値段が高いwww

 

数十万単位ですからねwww

 

本職のイラストレーターさんクラスじゃないならまず必要ないです!

 

液タブはかなりの上級者向けと
思ってもらって構いません!

 

液タブ買ったはいいものの、
3カ月で使わなくなった…
って知り合いもいますからねwww

 

恐ろしい……!

 

なのでペンタブを1万程度でゲットするなら、
WACOMのintuos comicに必然的に決まってくる
というわけ!

 

 

いわゆる「絵師」の人たちは
大体コレ使ってる方が多い印象です。

 

intuos comicのメリットデメリット

 

最後にまとめ!

 

intuos comicでイラスト描いてて、
感じたメリットデメリットといえば

【メリット】
・色んなペンやエフェクトがあるので世界観が一気に広がった
・替え芯や紙代のコストがかからない
画像データで残せるのでインスタやpixivにもキレイにアップロードしやすい

【デメリット】
・ペンタブで描くという作業になれるまで2~3週間かかる
アナログ特有の風合いは出にくい

 

ザッとこんな感じですね。

 

とりあえずペンタブがある時代に
生まれてよかったwww

 

アナログでは限界がありますからね‥‥

 

もしペンタブで悩んでる方は
是非参考にされてみてくださいね〜!

 

 

まず後悔しない代物かと思います…

 

デジタルイラストを楽しみましょう~!!

 

さらば!

 


このサイトをiPhoneホーム画面に追加する方法

 

① 画面下のマークをタップ
② 『ホーム画面に追加』を選んでタップ

これをしておくとホーム画面からワンタップでサイトにアクセスできて便利です。

是非ご利用ください。


きもやん
※ 公式LINEにてオススメマンガを紹介しています♪
是非お友達登録してくださいませ♪
友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!