ペンタブSサイズは描きにくい?実際に使った感想とレビュー!

The following two tabs change content below.
マンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!

 

ぼくの愛用しているintuos comic !

 

 

先日こんな感じで感想をまとめました…

 

intuos comic mediumのレビュー!半年使って分かったメリットデメリットと感想!

 

で、『ペンタブ買おうかな〜』
と悩んでる方からよく聞かれるのが
『Sサイズって書きにくい?』
というもの。

 

みんな結構悩んでますね~!

 

 

結論から言うとSサイズでも全然アリ!

 

ただ個人的にはMサイズがオススメ!

 

って感じです。

 

ちょっとその辺まとめてみます!!

 

Sサイズのメリットデメリット

 

intuosの場合、Sサイズは152.0×95.0mm

 

大体これくらいの大きさです。

 

 

A4用紙より一回り小さいイメージですね。

 

で、実際に使ったこともあるんですが
ぼくが感じた長所と短所は…

 

【メリット】
・持ち運びがめちゃくちゃ楽
・軽いので描いてる途中も負荷がかからない

【デメリット】
・デスクトップの場合、描きにくい

 

■ 持ち運びがめちゃくちゃ楽

 

もう一番のメリットはこれでしょ!

 

カバンに入れてもなんら無理矢理感はなく、
フツーに持ち運び出来ます。

 

出先でデジタルイラスト描くことも
出来ますし、
電車などで移動してる間も使えます。

 

 

■ 軽いので負荷がかからない

 

Sサイズで小さいってことは、
重さも軽いんで長時間の作業に向いてます!

ペンタブ使って書く時って
大体こんなセッティング。

 

(写真はMサイズ)

 

この黒いペンタブは
結局 体で支えるわけですよ!

 

寝せたままじゃやっぱり描きにくいんです。

 

それなら軽ければ軽いほどいいぞ!
ってなわけです。

 

 

で、唯一のデメリットがこちら

 

■ デスクトップの場合描きにくい

 

メーカーも
『ペンタブのサイズは
ディスプレイの大きさを基準に選ぶ』
ことを推奨してます。

 

どういうことかっていうと
『大きい画面で使うなら大きいペンタブ、
小さい画面で使うなら小さいペンタブを
使うと描きやすいよ!』
ってことです。

 

大きい画面ってのは
デスクトップのパソコンや、
大きめのノートパソコンを指します!

 

つまりどの端末で使うかによって
ペンタブのサイズも考えなきゃいけないぞ!と。

 

で、大きいディスプレイなのに
小さいペンタブ使うとどうなるかというと‥‥

 

細かい作業が難しいです。

 

描けないわけじゃないんです、全然。

 

ただ、小さいペンタブで1cmの線を描いても
大きいディスプレイ上では
それ以上の長さの線になります。

 

つまり、細かいイラストを描こうと
思った時に少し大変なんですよね。

 

もちろんその辺りは
設定で調節出来るんですが、
それすらもめんどい方には
『最初からMサイズ使えばいいじゃん!』
って話になるわけですねえ!

 

 

Mサイズのメリットデメリット

 

Mサイズの大きさは216.0×135.0mm。

 

先ほどもチラ見せしましたが
ぼくが使ってるのがこれくらい。

 

 

なんとなく分かります??

 

 

メリットデメリットがこんな感じですね。

 

【メリット】
・大体のディスプレイサイズに合わせやすい

【デメリット】
・持ち運びに不向き

 

 

■ ディスプレイサイズに合わせやすい

 

Mサイズの場合、
色んなサイズのパソコンに合わせやすい
というのが最大のメリット。

 

ぼくの周りでは、イラストを描くときに
小さいタブレット使う方って
そんなに多くないイメージです。

 

ノートパソコンかデスクトップが
やっぱりほとんどじゃないです??

 

となるとMサイズの方が
そのどちらにも合わせやすいので
有利なんです。

 

実際、デスクトップはMサイズ一択としても
ノートパソコンはMサイズでもSサイズでも
いけるんです。

 

ただ個人的にはMサイズの方が
描きやすい印象でしたねえ。

 

大は小を兼ねるってのは、
ペンタブにも充分言えることなので
とりあえずディスプレイのサイズに迷ったら
Mサイズの方が無難かと思いました。

 

■ただ持ち運びに不向き

 

ぼくは出先や移動中にイラスト描くことって
まずないんですが、
そういう使い方をするなら
Mサイズは少しカバンにはかさばりますね〜!

 

サイズ別オススメポイントまとめ

 

では今までのポイントをまとめます!

 

【Sサイズはこんな人にオススメ!】

 

■ 小さいタブレットやミニサイズのノートパソコンで描く人
■ 持ち運びしたい人

 

【Mサイズはこんな人にオススメ!】

■ デスクトップパソコンや、大〜中サイズのノートパソコンでイラストを描く人
■ パソコンを買い換える可能性があったり、サイズ選びを確実に決めたい人
■ 細かいイラストを描きたい人

 

こんな感じですかね〜!

なので、
コンパクトなディスプレイならSサイズ!
その他のディスプレイならMサイズ!
くらいの決め方でいいと思いました。

 

また言いますが、
大は小を兼ねますからね〜!

 

新しいパソコンに買い換えたら
ペンタブも買い換える‥‥って
めんどくさいですからね…!

 

臨機応変に対応できるMサイズが
個人的にはオススメって結論です!

 

結局どのペンタブがオススメ?

 

ぼくの使ってるintuos comic
めちゃくちゃ便利です。

 

これも買うまでに一か月くらい
色々調べましたもんね〜!ww

 

使ってる感想はこの記事でまとめてるんで、
ペンタブ選びの参考にしてみてください!

 

intuos comic mediumのレビュー!半年使って分かったメリットデメリットと感想!

それではまた~!

 

きもやん
※ 公式LINEにてオススメマンガを紹介しています♪
是非お友達登録してくださいませ♪

 

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

マンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!