遊戯王の禁止カードと理由をまとめたッ!魔法も罠カードとりあえずぶっとびすぎww

【この記事を書いた人】

遊戯王に
禁止カード
という概念があるのはご存知でしょうか‥‥?

 

古代から伝わる伝説のカード

 

とか

 

遺跡から発掘された幻のカード

 

とかではなく、

 

『普通にこのカード作ってみたけど
実際に使ったら強すぎるねwww
禁止カードに指定したろwwwウハwww』

 

みたいなやつです。

 

世に出したはいいものの、
カードの効果や力が強すぎて
あまりに不公平になるってこと!

 

今回はそんな禁止カードの一部を
まとめてみました‥‥!

 

 

【モンスターカード編】

 

まずはモンスターの中から

 

■ サウザンド・アイズ・サクリファイス

ペガサスが使ってたことでお馴染みの
サウザンド・アイズ・サクリファイス。
サクリファイス千年眼の邪教神の融合で召喚される。
融合モンスターでは珍しい星1つでありながら、融合モンスター初の禁止カード。
さらに遊戯王の中で最初のアルティメットレアカード。

 

 

 

見るからにやばそう感すごいんですけど、
やっぱり効果がチート級。

 

サウザンド・アイズ・サクリファイス自体の
攻撃と守備はそれぞれ0なんですが、
毎ターン相手のモンスターを
装備カードに出来てしまうという凶悪ぶり。

 

つまりフィールド上に
攻撃力3000守備力3000
のモンスターがいたら、そいつを装備して
同じ攻撃力と守備力になっちゃう
というぶっ飛び設定。

 

なので、
必然的にその場にいるモンスターの中で
最強になりますww

 

当初はそのヤバさの代償として
『召喚しづらい』
というデメリットがあったんですが、
新しいカードが出てくるにつれサクサクと
サウザンド・アイズ・サクリファイスが
召喚されるようになったので
禁止カードに‥‥!

 

そりゃそうだ‥‥

 

やっとの戦略で召喚したモンスターを
装備カードなんかにされたら切なすぎる‥‥

 

しかし!

 

2016年に禁止カードから
まさかの現役へ復帰www

 

伴って制限が設けられてますが、
やはり強力なカードであることに
変わりはありません。

 

 

■ キラースネーク

遊戯王でも序盤に出てくる、一見 脇役系なモンスター。
星の数も少ないので出しやすいが、その効果が悪影響を及ぼすためリミットが設けられた。 

 

このキラースネーク、攻撃力守備力弱めで
ほんとザコキャラ扱いなんです。

 

しかしデュエリストは気づいてしまった。

 

コイツの効果…
めちゃくちゃ使えるやんけ‥‥
(暗黒微笑)

 

と!

 

その効果というのが、
出戻り無限ループ

 

このキラースネーク、戦ってやられて
墓地へ送られたあとに
手札へ自動的に戻ってくる
という効果付き!

 

なのでこのキラースネークがいる以上、
手札+キラースネーク1枚
という構図になります。

 

『別に手札が増えたからって
禁止するほどやないやろ?』

 

と感じるかもしれません。

 

しかし!

 

実は、こと遊戯王の世界では
めちゃくちゃ危険なんです。

 

というのも、
強力なカードって
「手札を1枚捨てる」というのが
発動条件だったりします。

 

例えば

この「コストダウン」
手札を1枚捨てることでモンスターのレベルを
2も下げるカード。

 

レベル6の強力モンスターも、
このコストダウンを使うと
生贄なしでアッサリ召喚できてしまうんですww

 

さらにこれを何回も繰り返すと‥‥

 

いかに場がかき回されるかが分かると思います。

 

故にこのキラースネークは
禁止カード扱いとなったのです。

 

遊戯王って割と無限ループ系に厳しいんです…w

 

 

■ 混沌の黒魔術師

遊戯の切り札「ブラックマジシャン」が光と闇の洗礼を受けてパワーアップした「マジシャンオブブラックカオス」のリメイクバージョン。

 

カオス・ソルジャーや
カースオブドラゴンといった
スター系モンスターの1つである
「混沌の黒魔術師」。

 

これが禁止カードとなった理由は
その効果

 

「混沌の黒魔術師が召喚に成功したとき、
墓地から魔法カードを手札へ加える。」

 

というもの。

 

一見 ありがちな効果っぽいんですが、
これも遊戯王的にはアウト。

 

遊戯王は
魔法カードがかなり重要視されているゲームで、その引き1つで戦局が変わることも往々にして有り得ます。

 

そのため、普通は
1度使った墓地の魔法カードは
もう使用できません。

 

万が一また使用するなら
手札を数枚捨てたりと
リスクが必要なんです。

 

しかし混沌の黒魔術師は
召喚するだけでそれを可能にしてしまう。

 

ここが禁止カードとなった理由です。

 

遊戯の使うモンスターって、
よほどのことがなければ禁止なんてされないので、よほど魔法カードというものが重要視されているかが分かりますw

 

 

【魔法カード編】

 

■ サンダーボルト

【効果】
相手フィールド上に存在する全てのモンスターを破壊する。

 

こちらおなじみサンダーボルト!

 

遊戯王は
「説明文がシンプルなカードほどヤバい」
という不文律がありますが、
その代表格がこれ。

 

なんらデメリットもリミットもなく、
手札に引きさえすれば
いつでも発動出来るという
使い勝手はバツグンなカード。

 

このサンダーボルトは
遊戯王の超初期に出たカードなんですが、
当時はこれを引いたらだいたい勝てる
くらいの威力がありましたww

 

そのときはまだ
禁止カードという概念がなかったのですが、
今となっては2度と日の目を見ないであろう
強力すぎた1枚。

 

 

■ ハーピィの羽根帚(はねぼうき)

【効果】
相手の場の魔法・罠カードを全て破壊する。

 

こちらも恐ろしいほどに
シンプルなテキストwww

 

遊戯王のカードって
ちょいちょい この説明文や効果が変わったりするんですが、ハーピィの羽根帚というとこの効果を指すことが多いです。

 

サンダーボルトでモンスター全滅
ハーピィの羽根帚で魔法・罠カードを全滅

 

このコンボは当時の鉄板の流れでした。

 

自分のフィールドに
そこそこのモンスターがいれば、
その直後に一撃で仕留められるほどの
危うさを秘めていますw

 

 

■ 強欲な壺

【効果】
自分のデッキからカードを2枚ドローする。

 

『デッキからカード引くだけやろ?
それくらいええやんけ?』

 

となりそうですが、
遊戯王は無限ループと同じくらい
『ドロー』にも厳しいです。

 

原作『遊戯王』においても
『‥‥おれはこのカードを信じる‥‥
強欲な壺ッ!!』

 

で、2枚ドローして
当然のように戦局が一変しますwww

 

この強欲な壺が出た当初は、
『デッキに加えておくべきカード』
というよりも
『デッキに入っていないことが不利』
という風潮になるほど多用されてました。

 

なにかデメリットや縛りがあればよかったんですが、サンダーボルトやハーピィの羽根帚と同様にノーリスクかつ速攻で発動出来るというのがキツかったようですね。

 

■ 心変わり

【効果】
1ターンのみ相手フィールドのモンスター1体を自分のものに出来る。

 

この心変わりも初期から存続する強力カードで
後のコントロール奪う系カードの先駆け的存在。

 

初期ってほんとに
ゆるかったんですよねえ‥‥www

 

「心変わり」という名が指すように、
1ターンだけ敵モンスターを
自分の支配下におけるというわけですが、
やっぱり戦局に影響を及ぼしすぎました。

 

後に下位互換である
『洗脳〜ブレインコントロール〜』
ってのも出てくるんですが、
それさえも禁止カードになってますwww

 

相手が強力なモンスター出すほど
オイシイ展開になるので、
自分の手札に「心変わり」が来た時は
ニヤニヤを隠すことに徹しておりました。

 

 

原作では闇遊戯が闇バクラと戦ったときに
出てきたのが印象的ですが、
こんなチートカード使われても勝てる遊戯って素晴らしい‥‥ww

 

 

【罠カード編】

 

■ 死のデッキ破壊ウィルス

【効果】
相手のフィールドと手札の攻撃力1500以上のモンスターを全て破壊し墓地へ送る。

 

 

その効果は
「死のデッキ破壊ウィルス」
という名に恥じないヤバさ。

 

枚数指定がないので、
場合によっては相手のフィールドも手札も
スッカラカンになる可能性もあります。

 

一応 デメリットとして、
発動後に相手のデッキから3体のモンスターを
墓地へ送るという縛りもあるので、
墓地を多用するデュエリストには
チャンスを与えます。

 

でもそれ以上に
攻撃力1500以上は全滅という効果は
デカすぎましたww

 

相手の手札も
全て確認出来るわけですからね。

 

その点の有利さも考えての
禁止カード行きです‥‥!

 

 

制限カードというのもある

 

「あれ?光の護封剣とかって
禁止カードじゃなかったっけ?」
と思うかも知れませんが、
あの辺は『制限カード』って
カテゴリなんです!

 

禁止カードは
「デユエルで使っちゃだめ!」

制限カードは
「1枚だけなら使っていいよ!」

 

って意味です。

 

制限カードといえば光の護封剣死者蘇生
エクゾディアあたりがメジャーですねえ。

 

あと強欲な壺の下位互換である
『貪欲な壺』ってのもここです。

 

遊戯王の世界観的には
強欲>貪欲なんですwww

 

このあたりが
遊戯王っぽくていいんです…w

 

アラサーになって遊戯王したくなったら
是非参考にされてください…。

 

あっ、アプリなら
アラサーでも遠慮なくできるかと思いますww

 

遊戯王 デュエルリンクス

遊戯王 デュエルリンクス
開発元:KONAMI
無料
posted with アプリーチ

さらば!!

きもやん
※ 週に1回 公式LINEでオススメ記事を配信中♪
是非お友達登録してくださいませ♪
友だち追加

Twitterをフォローしていただくと最新記事を見逃さずチェック出来ます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。