花山薫の名言をまとめたッ!男も惚れずにいられぬこの魅力ッ!

【この記事を書いた人】

 

 

『強くなるために努力することは女々しいこと』

この圧倒的『雄』のスタンスで猛者どもを殴り散らかす男!!

その名も花山薫‥‥ッ!!!!

身長190㎝…!

体重166㎏…!!

この風貌に大してその年齢
「19」‥‥ッッ!!!!!

500円玉をひとひねりで曲げ!

重ねたトランプを指だけで引きちぎる!!

刃牙の中でも『異端』と呼ばれるこの男の名言をまとめてみました‥‥ッ!!

 

まずは花山薫の強さを知る

 

花山薫の魅力はなんといっても『素手喧嘩(ステゴロ)』。

武器を使わずに己の拳のみで相手を沈めるという喧嘩の真理!

さらに防御という概念はなく、むしろ逆。

相手の拳をあえて受け、それに耐える。

逃げるなどもってのほかで、ただただ拳のみに全てをかける!!!

きもやん
これはかっこよすぎるな

そして『技』というのは弱者が強者との差を埋めるために繰り出すもの

という持論を展開しており、鍛錬やトレーニングという概念すらない。

持って生まれたその状態で闘って勝つことこそが強者であるという美学はただただ圧倒されるのです!!

きもやん
範馬勇次郎もそんな感じやないんか?

「鍛錬に励まずに相手を潰す。」

確かに一見範馬勇次郎と似ていますが実は別。

範馬勇次郎は技自体は習得しており、必要な状況にはそれを発揮します。

きもやん
いわゆる「躾」のときやな

しかし花山薫は、技の習得自体をしません。

技を会得しようとすることがすでに弱者。

それさえも女々しい。

これこそが花山薫なのです!!!

きもやん
男が惚れる男ってのもなんか分かってきたわ‥‥

さらに!

その拳はあまりに破格な握力のため、全力で拳を握ると自らの拳自体が破壊されてしまうという規格外な強さ!!

充分に彼の凄みが伝わったことでしょう…

ではここから彼の名言です…ッ!!!!

名言ベスト3

 

ベスト3
『原始だ恐竜だとご大層な騒ぎだがあんちゃん、それっぱしじゃあ新宿(ここ)じゃ通らねえ』
(※板垣恵介氏、秋田書店
「範馬刃牙」より引用させて
いただきました。)

これはピクル編での一コマ。

圧倒的な力を見せつけるピクルに町中でぶつかる花山薫。

ピクルは花山薫の突進を受けて、あろうことかあのトリケラトプスを連想させられます。

そんな闘いの中でのこのセリフ。

「それっぱしじゃ新宿(ここ)じゃあ通らねえ」

もう新宿が庭みたいな言い方です。

新宿さえも所有物と言わんばかりの言葉。

加えて数千年前の男に対して「あんちゃん」。

きもやん
くぅ!!!!しびれるッ!!!

このバトルは結果的に刃牙の登場と共に中断されますが、その先を見てみたかった‥‥

ベスト2
『握力×体重×スピード=破壊力という方程式』
(※板垣恵介氏、秋田書店
「範馬刃牙」より引用させて
いただきました。)

これは花山薫自身が言ったわけではありませんが、物語中に出てきた言葉の中でも彼の力をロジカルに伝えるには最適な方程式。

先程の破格の握力、160キロの巨躯、トリケラトプスを彷彿とさせる速度。

これらが相まった様子を、「強い」とか「壮絶」などといったありふれた言葉で表しても陳腐に感じてしまうのは仕方の無いこと。

それほどの男なのです彼は‥‥!!

ベスト1
『喰っても喰われてもーー比べっこが大好きってことです。』
(※板垣恵介氏、秋田書店
「範馬刃牙」より引用させて
いただきました。)

このセリフに花山薫という人生の生き方が全て凝縮されているといっても過言ではないでしょう。

もはや勝つとか負けるとかそういうステージではない。

そんな結果ではなく、喧嘩というしのぎの削りあいこそが生きがい。

勝てばまだまだ喧嘩が出来る。

負けたらその先はない。

そんな生きるか死ぬかの毎日を楽しんでいるんです‥‥ッッ!!!!!!

 

名言 番外編

 

最後に、収まり切れなかった名言を一つ紹介して終わりといたしましょう…

『ソーゾク』

 

花山薫は暴走族のことを「ソーゾク」と呼びます。

彼にとっては暴走族は恐怖や圧力といった対象でさえないため、ある種の愛称に近い形でそう呼ぶのです。

そもそも、花山薫が暴走族の軍勢に出会うとどうなるか?ということ。

「花山薫は暴走族と闘う??」

否。

「バイクを避ける??」

否ッ!

「もしや逃げる??」

否否否ッッッ!!!!!

 

正解は
暴走族が全てのバイクのエンジンを切り、花山薫が通るのに邪魔にならないように道を開けるです。

きもやん
くうううううッ!!!!!

いかすッ!!!!!

最高にいかす‥‥ッ!!!!

いかがでしょう…?

男の目指すべき背中が見えたのではないでしょうか…!!

是非参考にされてください…!

 

花山薫 外伝を見たか…?

 

そういえば本編ではなく、花山薫が主人公となっているバキ外伝 創面(きずづら)はもうご覧になったでしょうか?

 

これもめちゃくちゃ面白かったですw

最初から最後まで「花山薫」なんですよ!!!ww

彼のレアすぎる高校生活が描かれてます。

 

花山薫ファンなら必見ですよ!!

本屋にもなかなか売ってないのでオススメです!

さらば!!!

きもやん
※ 週に1回 公式LINEでオススメ記事を配信中♪
是非お友達登録してくださいませ♪
友だち追加

Twitterをフォローしていただくと最新記事を見逃さずチェック出来ます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。