ぬーべーの『メリーさん』が怖すぎたのであらすじまとめ!トラウマ霊とも呼ばれるそのヤバさw

【この記事を書いた人】

 

地獄先生ぬーべーのトラウマ
といえば数多くありますよね‥‥

 

以前ぼくもランキングでまとめました。

 

 

改めて見ても恐ろしい‥‥
ブルルッ(震え)

 

今回はそのランキングでも
上位にくい込んできたあのトラウマ霊
『メリーさん』
についてまとめてみます‥‥!!

 

今あなたの周りに人はいますか!?

 

まさかこの記事を午前二時とかに
読もうとしていませんか‥‥っ!?

 

お覚悟を‥‥ッ!

 

 

メリーさんとは?

 

地獄先生ぬーべー27巻に登場する霊。

一話完結のぬーべーにおいて珍しい
『♯236 メリーさんの巻(前編)』
『♯237 メリーさんの巻(後編)』
2話構成であることから
他の霊とは力の入れようが違う本気回とも言われる。

 

きもやん
ああ‥‥メリーさんもワイはかなりトラウマやったわ。

 

まずメリーさんのインパクトといえばそのビジュアル。

 

 


(※集英社 地獄先生ぬ~べ~ 27巻
真倉 翔 (著),‎ 岡野 剛 (著)より引用)

 

きもやん
ぎえええええ!!!!

 

もう既に怖いんです‥‥

 

きもやん
トラウマが鮮明に蘇ってきたわ‥‥
ちなみにどんなあらすじやった???

 

 

メリーさんのあらすじ

 

この話の被害者は
ぬーべークラスでも大人しい女の子の
『のろちゃん』

 

のろちゃんは、
ある日校内において
たまたまメリーさんと遭遇。

 

『わたしのお人形、
手足がないの‥‥かえして‥‥』

 

と言い残し手足のない人形を
無理矢理 渡されます。

 

一週間以内に、
校内に隠されている人形の手足(計4つ)
を見つけないと、
のろちゃんの手足が奪われてしまうのです…

 

きもやん
強引に契約して金銭要求する悪徳商法みたいなやり方やな‥‥ 

 

のろちゃんはぬーべーや友人たちと
校内を探すものの、
どうしても『左足』だけが見つからないまま一週間が過ぎてしまうんです。

 

そしてそこに
『左足…探せなかったの‥‥?』
と現れるメリーさん。

 

ぬーべーはどう救うのか?

 

ってとこがあらすじです。

 

きもやん
ああ‥‥完全に思い出してしもたわ‥‥
今夜寝れんわぁあ!!!

 

メリーさんの真のヤバさはその強さ

 

このメリーさん、ほかの霊たちと
別格の扱いである理由として
『サイコゴーストである』
というのが挙げられます。

 

きもやん
サイコゴースト‥‥なんやそれ?
サイコキネシスか?

 

メリーさんはポケモンではありません。

 

サイコゴーストとは
霊能力を持った人間が死後に霊となった姿のこと。

 

つまりその霊力が、
一般霊とは段違いなんです!!

 

そのためメリーさんは
『除霊が出来ない幽霊』
と呼ばれています…!!

 

きもやん
ふぁっ!?なら無理やんけ!
のろちゃんヤバいで!??

 

事の顛末は
実際にコミックで確認して欲しいんですが
何にせよメリーさんの強さは凄まじいです。

 

 

加えてゲーム設定が怖い

 

ぬーべーに登場する霊で
トラウマと呼ばれるほど怖い霊の
共通点として
『ゲーム設定が加わる』
というのがあります。

 

きもやん
ゲーム設定??どういうことや?

 

ゲーム設定とは、
悪霊に何らかのゲームを強いられて、
それをクリアしなければ襲われる
というもの。

 

このメリーさんで言えば
『一週間以内に人形の手足を見つける』
です。

 

15巻に登場するぶきみちゃんなら
『記憶困難なほど多様なルートの道順を
1回で頭で覚えてクリアする』
にあたります。

 

(※集英社 地獄先生ぬ~べ~ 15巻
真倉 翔 (著),‎ 岡野 剛 (著)より引用)

 

きもやん
なるほど、
これがまたスリルを刺激するから怖いよな

 

ただしメリーさんの場合は、
『本当に左足が校内に隠されていたのか?』
が疑問なんです。

 

というのも、のろちゃんが被害に遭う前に
もう1人被害者の男の子がいました。

 

『メリーさんの巻(前編)』
の冒頭に出てくるんですが、
この子のときも左足だけが見つからずに
メリーさんにやられています。

 

きもやん
なんや出来レースみたいで悪質やな

 

ぶきみちゃんに関しては、
ゲームをクリアされたら大人しく消える
という潔さがありましたが、
メリーさんに関しては
そもそも最初から
ゲームをクリアさせる気がなかった
という可能性が高いんですw

 

 

登場のタイミングがまた怖い

 

マンガ家さんというのは
話の流れをすごく考えているもの。

 

メリーさんが出てくる『236話』ってのも
これ以上ない絶妙なタイミングなんです。

 

というのも、
メリーさんの直前である235話までは、
10話以上も続く大長編の
『童守少年妖撃団編』でした。

 


(※集英社 地獄先生ぬ~べ~ 27巻
真倉 翔 (著),‎ 岡野 剛 (著)より引用)

 

きもやん
ああ!ヤマタノオロチやらケサランパサランやらが出てくるやつやな!

 

235話というのは、
長きに渡る戦いが
ようやく感動的に終わったところでした。

 

読者もほっこりした気分になってるときに、
ページをめくると
いきなり始まるメリーさん!!!!!

 

この温度差がメリーさんの恐怖に
ブーストをかけまくるんです!!

 

 

都市伝説メリーさんとの関係は?

 

メリーさんと聞くと頭に浮かぶのが

 

『わたしメリーさん、
今あなたの家の前にいるの』

 

でお馴染みの都市伝説メリーさんですよね?

 

きもやん
あのドンドン近づいてくるやつやな!

 

正式名称は「メリーさんの電話」

 

これは、
ある日 女の子が大事にしていた
西洋人形『メリーさん』を
引越しの際にゴミとして捨ててしまったことをきっかけに、捨てられたメリーさんが復讐のためにやってくるというもの。

 

90年代から語られている都市伝説で、
2000年代初頭には「メリーさんのメール」
という派生形も出てきました。

 

時代と共に微妙に変わっていってますw

 

そしてぬーべーのメリーさんには
電話という要素はまるでなく、
人形という点のみが合致するために
元々の都市伝説を
オマージュしたものであるようです。

 

 

今見ても恐怖

 

この話自体は20年ほど昔なのに、
風化せずに怖いってのがすごいですw

 

ぬーべーもたまに巡ってくる本気回
見応え充分ですので、
ぜひ楽しんでみてください‥‥!

 

さらば!!

 

きもやん
※ 週に1回 公式LINEでオススメ記事を配信中♪
是非お友達登録してくださいませ♪
友だち追加

Twitterをフォローしていただくと最新記事を見逃さずチェック出来ます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。