お金持ちはタバコを吸わない説がついに立証されたよ!!

喫煙者に比べ、非喫煙者の方が平均年収が高いことが判明した。

 

 

なんとも破壊力のある一文でしょうか。

 

 

これは以前アメリカで発表されたデータで、

一時期ツイッターランドもこの話題で賑わってましたねぇ‥‥
(ぼくはTwitterのTLをタイムラインと呼ばずにツイッターランドと呼んでいます。
※特に意味はありませんw)

 

 

なるほどなるほど。

非喫煙者の方が経済的に豊かな人間が多いと‥‥。

 

 

そういう解釈で間違いないんですね‥‥?

 

 

ふう〜ん!!!
(非喫煙者のワイ高みの見物)

 

 

 

 

どういうデータなのか?

 

 

具体的に掘り下げてみましょう。

自分に利する説の掘り下げなので、足取りが大変軽やかです。

 

 

そのデータというものは

喫煙者の平均年収が27248ドル(268万円)なのに対して

非喫煙者の平均年収は33820ドル(333万円)であったというもの。

 

 

喫煙者:非喫煙者=268万:333万

ってことですね。

 

 

つまり非喫煙者の方が25%ほど収入が多いという結果になります。

 

 

25%ってピンと来にくいですけどすごいですよ〜!

月収30万円の人が25%収入アップすると

37万5千円になります。

+7万5千円ですよ!

 

 

NARUTO全72巻と
BLEACH全74巻を

1発で買えちゃうんです!!!!

 

 

それを土日でイッキ読み!!!

 

 

最高の休日じゃあないですか‥‥

 

 

NARUTOとBLEACH‥‥

月曜から忍者のテンションで出勤するか、
死神のテンションにするかとても迷うことと思います。

 

 

しかしそれは幸せな悩み。

『タバコ吸ってたらこの快楽は得られなかったってばよ‥‥』

通勤中の満員電車でこぼしてしまいそうな一言ですね。

 

 

 

 

なぜ喫煙者の方が豊かなのか?

 

 

これ諸説あるんですが、
1番は『自己管理能力』らしいです。

 

 

元も子もないんですが、

自分の体をコントロール出来る人は
仕事もはかどる。

結果も出やすい‥‥
という至極真っ当な理由に至りました。

 

 

あとは仕事の効率化ですね。

タバコ吸う人って仕事の合間でふらっと喫煙に行くじゃないですか。

あの時間が仕事の流れを遮ることになるんですが、非喫煙者にはそれがない。

仕事中は仕事に集中出来るんです。

 

 

 

 

実際周りの人はどうなのか?

 

 

これほどインパクトのあるデータです。

僕の周りで稼ぎまくってる人を思い浮かべると‥‥

 

 

あ、あれ?みんなタバコ吸ってるwww

 

 

おかしい‥‥

早速ロジックエラーを起こしてしまいました。

データにすがるタイプのぼくは途端に自信をなくしてしまいます。

 

 

もっと強烈なデータ‥‥

強烈なデータ‥‥

ありました!

 

 

「高収入者の喫煙率は10%弱。
対して生活保護受給者は73%と7倍もの差がある。」

といったもの。

 

 

 

いや7倍てww

 

 

思いのほかパンチのあるデータに巡り会えました。

これはますます襟が正されますなあ…

 

 

喫煙者に希望をくれよ

 

 

『喫煙者をフルボッコしやがって!
他にもデータあんだろ!!』

という方、ご安心ください。

喫煙者にもポジティブなデータあります。

 

 

それは

「禁煙を成功させた人は
喫煙者より収入が高い」

というもの。

 

 

結局タバコやめなあかんのか!!

と言われそうですが、事実ですからやむなし。

 

 

でもこれこそ自己管理能力の裏付けですよねえ。

 

 

1度はニコチンに染まるものの、
自らの決意でタバコの要らない場所へ‥‥!

 

 

大蛇丸の呪印に染まったものの、
修行して輪廻眼を手に入れたサスケのようじゃないですか!!

 

 

そう。

 

 

まだNARUTOを引きずってます。

 

 

でもいいんです。

これでサスケに憧れて禁煙ロードを歩んでいただけるなら!!

 

 

 

 

ただし注意点

 

 

お金持ちの中には喫煙者が少ないのであって、

非喫煙者=お金持ちではないということ。

 

 

努力しても成功出来るとは限らないが、

成功者はもれなく努力してる

的なアレですね。

 

 

ぼくのようにタバコを吸ってないだけで

お金持ち気分を感じてるのはイタく見えてしまうのでお気をつけください‥‥

 

また逢う日まで…!

さらば!!