【3巻以内で完結】サクッと読めるオススメマンガ!!

The following two tabs change content below.
マンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!

 

「今さら72巻もまとめて読めるかよ!!」

 

この気持ちめちゃくちゃ分かります。

 

面白い面白くないじゃなくて、
72巻読むほどのエネルギーはないんですよ!

 

あくまでサクッと読みたい!

 

そしてその中で
最大限に面白い作品に出会いたい!!!

 

でも買って失敗するのはイヤだし…

 

今回は、そんな時短コスパ人間のあなたに
3巻以内に完結するオススメマンガ
を紹介しますよ‥‥!

 

全5作!是非ともご覧下さい!

 

読むときはkindleがオススメですよ♪

【電子書籍kindleの楽しみ方】

 まずkindleアプリ(無料)
スマホにインストール。

iPhoneの方はコチラから♪
androidの方はコチラから♪

 

➁ ①のアプリは読む専用アプリなので購入は出来ません。
なので、ネット上から欲しいマンガのkindle版を有料購入します
(このブログから購入もオススメ)

 

➂ 購入が完了したら①のkindleアプリから
すぐに読むことが出来ます♪

 

※アプリインストールからマンガを読むまで
3分で可能♪
※kindleはAmazonのポイントも使えるので
とてもオトクです♪
※一度kindleをインストールすれば次回からは1クリックでの電子書籍購入も出来ます♪

是非お試しください♪

ではどうぞ!

 

眠れる森のかろん(全3巻)

 

【あらすじ】

『ぼくはなぜここにいるの?そしてぼくはだれ??』

記憶を失って迷宮へ堕ちた小さな王子さま。

戸惑う彼の前に現れたのは同じ年ごろの少女『かろん』

彼女は迷宮でのルールや楽しさを優しく教えてくれます。

不安ながらも楽しく過ごしている王子さまは、ふとしたきっかけで記憶を取り戻しかけます。

『成程‥‥そういう事か』

王子さまの記憶が戻る前は何者だったのか?なぜここに堕ちてきたのか?

ダークファンタジーサスペンスの名著。

 

絵のタッチは極めてファンシーで、
一見すると「絵本かな?」というような雰囲気。

 

しかし内容はその真逆でした。

 

主人公の王子さまは記憶を無くして迷宮に迷い込むんですが、ふとしたきっかけで『自分が何者なのか?』を思い出しちゃうんです!

 

きもやん
‥‥?思い出したらいかんのか?

 

そうなんです。

 

なぜなら王子さまが何者で、
なぜ異次元に迷い込んだのか?
全てがその真相に繋がっているからです。

 

読めば読むほど
そのダークすぎる真相が紐解かれていきます。

 

3巻なので中だるみももちろんなく、
ハラハラしながらラストを迎えることが出来る名作でした!

百万畳ラビリンス(全2巻)

 

【あらすじ】

ゲーム会社で働く礼香庸子はある日突然、謎の迷宮に迷い込む。

どこまでも同じ部屋がコピーされて出口がない。

穴へ落としたはずのボールが目の前にまた落下してくる。

『ここ、法則がある』

迷宮のルールに気付くと全ての謎が解けていく。

これ、ゲーム好きは間違いなくハマる漫画です。

 

特にRPGとかダンジョン系やってきた人にはウケますね。

 

というのも、この礼香たちが迷い込んだ迷宮ってのがゲームのプログラムダンジョンなんです。

 

だから無限に部屋が連なってたりするわけです。

 

ぼくも「風来のシレン」とかやり込んでたんでワクワクしましたねえ‥‥ww

 

ゲーム特有の『あの場所にこれをおいて〇〇へ行くと扉が開いて先に進める』みたいなあるあるが、この漫画の中の迷宮だとそのまま体験できるんですよ!

 

ただ難易度はめちゃくちゃ高いですけどね‥‥

 

2巻というちょうど良い長さで、
普通に映画化とかできそうなボリューム感で面白かったです!

 

最近多いダーク要素とかグロ要素が一切ないので、サッパリした作品が好きな方にはオススメ!

 

サユリ(全2巻)

 

【あらすじ】

『ぼくらより前にこの家に住んでたのってどんな家族なの?』

一家全員で新居に引っ越してきた神木家。

これから始まる新生活に胸を躍らせていたのもつかの間。

父や祖父が恐ろしい形相で亡くなってしまう。

そして弟と姉も母さえも次々にいなくなっていく。

気がつけば主人公の則雄と痴呆症の祖母の2人だけ。

家に感じるのは恐ろしい『誰か』の存在。

その『誰か』が自分たち家族を襲ってくる。

このまま自分たちもやられてしまうのか?

そんなときに起こったのは予想も出来なかったまさかの「救いの手」

 

このブログにおいて一番紹介されてるんじゃないか?ってマンガが、ホラー漫画界の伝説として語り継がれる『サユリ』

 

序盤はひたすらに恐怖シーンの連続です。

 

読んでてフツーに『ひえっ!!』と叫んでしまうくらい!ww

 

このまま最後まで突っ走るのか‥‥?

 

と思いきや、とんでもないどんでん返しが待ち構えています。

 

この予測不可能などんでん返しこそ、
サユリが伝説と呼ばれる由縁なのです。

 

DRAGONBALL外伝
転生したらヤムチャだった件(全1巻)

 

【あらすじ】

普通の男子高校生が、ふと気がつくとヤムチャになっていた!

しかも幼少期の悟空やブルマ、プーアルと旅をしていたあの時期!

ドラゴンボールの世界を肌で感じてよろこぶのもつかの間、いずれ自分が死んでしまうキャラだと自覚した彼

彼はここから先に起こるアノ悲劇を回避出来るのか!?

 

『転生したら』シリーズのヤムチャ版。

 

これ、タイトルみた瞬間に
『やられたあああ!!』って思いましたねww

 

そこを選ぶか!

 

ヤムチャを選ぶのか!っていうw

 

で、実際読んだ見たらめちゃくちゃ面白いんですよ。

 

ヤムチャの性格と主人公の男子高校生の性格が離れすぎていないので、馴染みやすい。

 

で、男子高校生はドラゴンボールを読んでるので、ヤムチャが栽培マンによって爆死してしまうのを知ってるわけです。

 

いかにそのシーンを回避、乗り越えることが出来るか?ってところが序盤のキーになってきます。

 

惨劇を回避!とかいうと、「ひぐらしのなく頃に」とか「うみねこのなく頃に」を彷彿とさせますが、物語の雰囲気的にはコメディ感がメインなのでサクサクよめますよ!

 

岸辺露伴は動かない(全1巻)

 

【あらすじ】

岸辺露伴、漫画家。

ネタ集めのためには手段や場所は選ばない。

今回紹介するのは、イタリアを始め各国を巡っていた際に出会った恐ろしく奇妙な体験だ。

ジョジョシリーズにおいて『だが断る』で未だに根強いファンから支持されている岸辺露伴。

 

彼の待望のスピンオフ作品です…!

 

ぼくのイメージだと、
スピンオフってイマイチな仕上がりになることが多いんですよ。

 

どうしても原作と比較しちゃうからですね。

 

しかし『岸辺露伴は動かない』は別格でした。

 

むしろ、もうこれだけで1つの作品として連載出来るんじゃないか?くらいのクオリティなんです!

 

きもやん
さすが荒木飛呂彦先生やで‥‥

 

岸辺露伴が旅の途中で遭遇した奇妙な出来事を1話完結で綴っていくんですが、どれも秀逸。

 

ターゲットが幸せの絶頂になった瞬間に現れる呪いの男とか、ポップコーンを空高く投げて3回キャッチできなければ命を奪われるとか、もうジョジョでしか再現できないwwwwww

 

ジョジョ好きには必見ですし、ジョジョを読んだことがない方でも読めるように補足説明がしっかりあるのでオススメです!

 

全5作!是非読んでみてくださいね!!

さらばっ!!!

 

 

きもやん
※ 公式LINEにてオススメマンガを紹介しています♪
是非お友達登録してくださいませ♪

 

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

マンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!