『お前が会議に5分遅れたから、参加人数×5分が奪われたんだぞ!!』←これ

会議とか遅刻したときに言われるテンプレートってありますよね。

 

 

■『遅いよ!!(普通に怒る系)』

■『どうした!?なんかあった!?
(魂のレベルが高い人がいう気遣い系)』

■『‥‥‥‥(無言シカト系)』

 

 

色々あるんですが、言われて腑に落ちないセリフナンバーワンといえば、

『お前が5分遅れたから、
参加人数10人×5分‥‥!
つまり50分を奪ってるんだぞ!!』

 

 

これです。

 

 

えっ?

『‥‥×5‥‥?』

 

 

いや、なんで掛けた???

 

 

いやもちろんこういうのは遅刻した方が悪い。

10年間美容師してて、
無遅刻無欠勤の僕が言うから間違いない。

 

 

そう、

遅刻なんてしてんじゃねーよっ!!

 


しかしながらよく聞くんですよ。

7人×30分やら、20人×60分やら‥‥

この説教をしたあなたにもう1回問いたい。

 

 

なんで掛けた???

 

 

いやわかるんですよ言いたいニュアンスは。

10人いて5分遅刻してる。

だから合計50分の時間を奪ってる。

ただ何かが引っかかる。

 

 

ここからは彼に任せます。

 

 

【名探偵きもやんの推理】

 

 

見た目は社会人、心はアングラな名探偵きもやんです。

 

 

 

 

ここで状況を整理しましょう。

 

 

【状況】

10人参加する会議に、
株太郎くん(仮名)が寝坊して5分遅れてしまった。

 

株太郎くんは上司から
『10人×5=50分の時間を奪ってるんだよ!』
と叱責を受ける。

 

株太郎くん腑に落ちないが、感情が顔に出やすいためこんな顔をする。

 

 

 

 

そして上司の怒りを逆撫でし、また怒られる。

査定に響く→リストラ。

 

 

後半の落下劇はあんまり関係ないですw

 

 

【名探偵きもやんの違和感】

 

 

『妙だぞ‥‥おかしいな‥‥
一見正論に思えるこの上司のセリフ‥‥
なんか違和感を感じるぞ‥‥』

 

 

ハッ‥‥!!!!

 

 

なるほどね‥‥

 

 

 

 

【名探偵きもやんの推理劇】

 

 

きもやん『やっとわかりましたよ上司さん』

上司さん『‥‥なっ、何がだね‥‥?』

 

 

きもやん『あなた株太郎さんに対して
【印象操作】を行いましたね‥‥?』

上司さん『!!!!!!!!!』

 

 

きもやん株太郎さんは確かに遅刻した。
だが奪った時間は50分じゃあない。
奪ったのは5分ですよ‥‥っ!!!!!

 

 

ここできもやんの推理を解説しよう。

 

 

彼が考えたのは時間並行説。

時間並行説とは、
時間は全ての人に並行して流れているというきもやん独自のセオリー。

 

 

 

 

これを軸に考えればアッサリ解決なんです。

 

 

株太郎くんが5分遅れたとしても‥‥

時間は並行して流れているため、
参加者はそれぞれ5分の時間を奪われたということは動かないんです。

 

 

 

 

だから例えば参加者100人だったとしても
奪った時間は5分であることに変わりはありません。

しかし上司は並行して流れた5分を掛け合わせた。

 

 

なぜ掛けたか?

 

 

それこそ印象操作!!!

 

 

少しでも多くの時間に遅刻したイメージを与えることにより、
株太郎くんに責任の重さを痛感させる。

そして遅刻を防ぐ。

会議に遅れなくなる。

 

 

評価アップ→昇進。

 

 

‥‥

 

 

いい上司さんじゃないですか‥‥

 

 

おっと、立場がぶれてました。

 

 

それは結果論ですからね。

諭すなら筋の通ったセオリーで諭さないとまたこんな顔されます。

 

 

 

 

きもやんも昔された手法の印象操作

 

 

ぼくも若かりしときに働いてたところで給料についての話をしてたんですよ。

当時の給料を分かりやすく10万としましょう。

 

 

そこで10万からのアップを店長と話していると

『いや10万てすごい大金だからね!
10万×12ヵ月=120万円だぞ!?
きみは120万円もらってるんだぞ!?』

みたいなこと言われましたねえ。

 

 

当時はまだ脳が覚醒していない時代なので

『お、おう‥‥』

くらいにしか思いませんでしたが、
給料を×12するなら生活にかかるコストも×12なんですよ。

 

 

120万円もらったとしても、
それ相応に生活コストも出費されて減る。

結局 ×12の意味はないんです。

 

 

ここで当時の店長が×12をした意味としては

多くない給料も1年というスパンで見ることで、
あたかも大金のように演出。

こういう印象操作です。

 

 

いや〜恐ろしい。

恐ろしいですね。

 

 

単純すぎてww

 

 

そんな数字のマジックに気づかなかった当時のぼくも未熟すぎるんですが、こういうことって色んなところで起きてるんでしょうね。

 

 

「×〇〇」してくるヤツに気をつけろ

 

 

掛け算での印象操作って身近なところでも頻発してます。

ちょっと違うんですが、
2ヵ月使える2000円のシャンプーって高く感じますが、
1日あたりのコストは2000÷60で33円って聞くとかなりオトクに思えるんです。

 

これは÷60をすることで安く感じさせるという逆パターン。

でも結構錯覚うけるんですw

みなさんも印象操作にはくれぐれも気をつけて‥‥

 

 

また逢う日まで‥‥!

さらば!