『人間カード』の感想とあらすじ!次世代のデスノートになり得る作品か

The following two tabs change content below.
1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!

 


何気な〜く読んだ作品が
アタリマンガだったときの
喜びったらありゃしない!

 

今回そんな高揚感を与えてくれたのが
このマンガ!

 

【人間カード】ッ!

 

 

【電子書籍kindleの楽しみ方】

 まずkindleアプリ(無料)
スマホにインストール。

iPhoneの方はコチラから♪
androidの方はコチラから♪

 

➁ ①のアプリは読む専用アプリなので購入は出来ません。
なので、ネット上から欲しいマンガのkindle版を有料購入します
(このブログから購入もオススメ)

 

➂ 購入が完了したら①のkindleアプリから
すぐに読むことが出来ます♪

 

※アプリインストールからマンガを読むまで
3分で可能♪
※kindleはAmazonのポイントも使えるので
とてもオトクです♪
※一度kindleをインストールすれば次回からは1クリックでの電子書籍購入も出来ます♪

是非お試しください♪

 

これ、タイトルにも書いてますが
次世代の『デスノート』に手が届くほどの
名作になりそうです。

 

デスノートは、
名前を書かれたら命を落とすノートが
物語の要となる設定でした。

 

「人間カード」は弱みを握った相手を
カードへ永久に閉じ込めることが出来る
というのが最重要設定になっています。

 

もうひとりのきもやん
ノートがカードに変わったわけか

 

 

その辺を巧みに駆け引きしながら
進めていくのが人間カードの頭脳戦であり面白いとこなんです。

 

人間カードのあらすじは?

 

【あらすじ】

ふとしたことから人間を閉じ込めることが出来る「人間カード」の存在を知ってしまった主人公・マモル

興味本位で調べていくと、友人のユウカの父親もそこに閉じ込められていることを突き止める。

親友のリクと共に、ユウカの父親を救うために動き出すが…?

 

最初は『なんかよくある設定のマンガやな〜』程度にしか捉えてませんでした。

 

そのときの自分を殴ってやりたい!

 

そしてカードに閉じ込めてやりたい!!

 

もうひとりのきもやん
すでに影響受けてるな

 

この人間カード、
細かいルールがけっこう面白いんですよ。

 

■ 対象となる人間の弱みを知らないと、カードへ閉じ込めることが出来ない
■ カード同士は持ち主同士で売買される
■ カードに閉じ込められた人間は自らの意思では解放されることはない
■ しかし閉じ込めた本人は解放させることが可能

 

このルールは、物語中の「人間カード公式サイト」で調べると判明する情報。

 

しかし1つの閲覧料がめちゃくちゃ高くて
ひとつ30万円とかするんですよwww

 

もうひとりのきもやん
有益な情報や裏ワザ的なのになると100万円以上やもんな

 

大学生であるマモルとリクは、
貯金をはたいてこの情報を得て、
これらを武器にユウカの父親を救いにいくわけです。

 

しかし人間カードを扱うのはアブナイ人間ばかりなので、大学生の彼らは簡単に裏をかかれて窮地へ陥ります。

 

この辺は人間カードのルールを巧妙に扱える人ほど有利に展開させていけます。

 

何が魅力か?

 

「人間カード」の頭脳戦や駆け引きはもちろんですが、絵がめちゃくちゃ上手いです。

 

それもデスノートと比較されがちな要因の
ひとつでしょう。

 

こういう頭を使うような作品って、
絵が上手くないとリアリティ感じないんですよね。

 

その点人間カードにその心配は皆無。

 

原作のポテンシャルを120%で伝えてくれる超作画なんです。

 

評判は?

 

人間カードを見た方の声は…

 

 

なかなかに好評ですね…

 

また「人間カード」という軸を中心に、
キャラや舞台がガラガラ変わるのも魅力の一つ。

 

まだ見ていない方は是非チェックしてみてください!

 

さらば!!


このサイトをiPhoneホーム画面に追加する方法

 

① 画面下のマークをタップ
② 『ホーム画面に追加』を選んでタップ

これをしておくとホーム画面からワンタップでサイトにアクセスできて便利です。

是非ご利用ください。


きもやん
※ 公式LINEにてオススメマンガを紹介しています♪
是非お友達登録してくださいませ♪
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!