100回以上タイムループしても戦場から抜け出せない『All You Need Is Kill』がめちゃくちゃ名作だった

The following two tabs change content below.
1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!

 


最近ぼくがハマってる
マンガジャンルといえば
「タイムループ系」。

 

今までも
多くの名作を紹介してきました。

 

 

特に「サマータイムレンダ」
これから先、確実にクル作品なので
確実に抑えておくべきでしょう。

 

そんなタイムループ慣れしてたぼくも、
頭をガツンと殴られたかのような
インパクトを感じた作品がこちら!

 

【All You Need Is Kill】ッ!!

※「All You Need Is Kill」の無料試し読みはコチラから♪

 

 

もうひとりのきもやん
マンガのタイトルとしては珍しく英語かいな

 

意訳すると
【killすることがすべて、killこそが任務】
というなんともえげつない意味合い。

 

ただ物語読んでからその意味を振り返ると
めちゃくちゃ染み渡ります。

 

現在コチラから無料で試し読み出来るのでオススメです♪

 

 

All You Need Is Killのあらすじは?

 

【あらすじ】

「ギタイ」と呼ばれる謎の地球外生命体を駆逐するべく、戦場にて兵士たちと共に戦う主人公・キリヤ

初めての戦場でギタイと攻防を繰り広げていると、彼は命を落とすことに。

しかし目を覚ますと、「その戦闘へ臨む前日の朝」にタイムループしていた。

その後も幾度となくギタイとの戦いを繰り広げるが、何度も何度も命を落とすことに。

そんな地獄の中、彼は戦場を繰り返すことで兵士としてのスキルを極限まで高めていた。

 

大体のタイムループ系は、
命を落とす段階で数日前に時間が戻る
ってのがほとんど。

 

このAll You Need Is Killも
そこには当てはまってるんですけど、
生死の過激さでいえば
他のマンガの追随を許しません。

 

何せ舞台が戦場ですからね!

 

ギタイって生物との戦いの最中ですから、
やられては戻ってやられて戻ってを
何回も繰り返します。

 

なので主人公キリヤは、
今自分が何回目のループなのかを
手の甲に書き記すんです。

 

「6」‥‥「28」‥‥「102」‥‥と!

 

もうひとりのきもやん
そんなにループするんかいな!!!

 

この先の見えない地獄が主人公キリヤを
新兵から戦場の鬼へと昇華させていくんです。

 

これほど途方もない回数のループなら、
手の甲に記さないと発狂しますよねww

 

ちなみにタイムループ系マンガの主人公は
正気を保つためにループ回数をよくメモします。

 

唯一『ひぐらしのなく頃に』の古手梨花は、
あまりにループの回数が多すぎて心が折れ
数えることすら止めたといいますから、
いかに主人公のメンタルに影響を及ぼすかが分かります。

 

※「All You Need Is Kill」の無料試し読みはコチラから♪

 

何が魅力か?

 

All You Need Is Killの魅力といえば、
戦場を何度も繰り返すことによって
主人公キリヤの戦闘スキルが
ドンドン上昇していくところです。

 

「死ぬことなく強くなれるなら
こんなに簡単なゲームはない」

 

と彼も言っていますが、まさにその通り。

 

最初は銃を撃つことすらままならない彼も、
弾切れを考慮して巨大なアックスで無双し始めるあたりとか震えますよww

 

しかしこのタイムループ、
実は敵であるギタイが意図的に起こしていることがわかるんです。

 

もうひとりのきもやん
時間をコントロールするんか!?

 

ギタイは、自分たちの戦況が悪くなると
特殊な電波を発して敵を過去へ強制ループ。

 

そしてより味方の数を増やしたり、
襲うタイミングを早めたりと、
キリヤを追い込んでいくんです。

 

つまりループ回数が増えていくほど、
キリヤにとっては難易度の高い状況になっていくわけ。

 

そんな過酷な状況で1人ループを繰り返す中、
彼の前に現れるのが兵士の中で最強と言われるリタという女性なんですが、彼女こそ物語最大のキーパーソンとなります。

 

もうひとりのきもやん
表紙にも載ってるしな

 

そこからの展開がもう怒涛のラッシュで
凄まじいんですよねえ〜!

 

評判は?

 

 

もうひとりのきもやん
お??映画化もされてるんか??

 

そうなんです、しかもハリウッドで実写化というから、いかにこの原作が評価されているかが分かると思います。

 

しかもマンガ版の絵は小畑健先生ですからめちゃくちゃキレイです。

 

もうひとりのきもやん
デスノートやヒカルの碁の絵やな

 

まだ見ていない方は是非チェックしてみてください!

 

ハラハラして面白いですよ~!

 

コチラの無料試し読みがオススメです♪

 

さらば!!

 

 


このサイトをiPhoneホーム画面に追加する方法

 

① 画面下のマークをタップ
② 『ホーム画面に追加』を選んでタップ

これをしておくとホーム画面からワンタップでサイトにアクセスできて便利です。

是非ご利用ください。


きもやん
※ 公式LINEにてオススメマンガを紹介しています♪
是非お友達登録してくださいませ♪
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!