閲覧規制ナシなのが不思議だけどハマる『火傷少女』がエグ面白い

The following two tabs change content below.
1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!

 


 

これまたTwitterの広告がきっかけで
気になって読んでみたら、
またしてもアタリ
引いてしまいました。

 

その名も
【火傷少女】ッ!!

※「火傷少女」の無料試し読みはコチラから♪

 

もうひとりのきもやん
眼帯してるとか中二病やんけ

 

ぼくもその程度の第一印象でしかなかったんですが、これはむしろ中学生が見たらやばいんじゃないか?ってくらいの作品でした。

 

閲覧規制やR指定がないのが
不思議ですよこれは!ww

 

ただその分読んでいくと
のめり込んでいく面白さが待ち受けてます。

 

 

現在コチラから無料で試し読み出来るのでオススメです♪

 

 

火傷少女のあらすじは?

 

【あらすじ】
明るくて社交的でクラスの人気者の女の子シイナ
少し暗くて目立たない男の子カナメ
この2人は本来交わることのない人間同士だったが、『死』という概念でのみ通じ合える存在だった。

 

このシイナって子が最重要キャラなんですよ。

 

性格は明朗活発で見た目も可愛らしい。

 

しかしその裏に秘めているのは
とんでもない狂気なんです。

 

もうひとりのきもやん
狂気??どういうことや??

 

このシイナ、あろうことか
『死』に憧れを持っているんです。

 

もうひとりのきもやん
ふぁっ!??

 

「命を落とす」とは
一生に一度の尊いもので、
そこに至るプロセスや経緯は
どうあるべきか?

 

また人間以外の動物や虫の死も
等しく尊いのか?

 

偉い人の書いた論文読んでるみたいですけど、とんでもないこと言ってますからねwww

 

で、そんな狂った価値観を持つシイナに
惹かれてしまったのが
同じクラスの大人しい男の子カナメなのです。

 

カナメの思想にも
元々多少の危うさはあったものの、
行動に移すほどではありませんでした。

 

しかしシイナの言動を近くで感じることで
スイッチが入ってしまったんです。

 

ここから2人の暴走がスタートしてしまいます。

 

※「火傷少女」の無料試し読みはコチラから♪

 

何が魅力か?

 

この物語で1番の魅力は『死』というものを
全く新しい視点から解釈するところでしょう。

 

普通こういう重いテーマって
あんまり扱わないんですよ。

 

というより扱えるのは
かなりの力量を持つマンガ家さんだけ。

 

なので、
登場する全キャラをあえて死から遠ざけたり、
命を落としても蘇生させたりする作品も
結構多いんです。

 

それほど真っ向から体当たりするには
難しいテーマということ。

 

なのに『火傷少女』ときたら、
その「死」というテーマを
どストレートでぶち込んでくるからスゴい。

 

こういうテーマつて活字で読むと
哲学的でピンと来づらいですけど、
マンガというフィルターを通すと
理解度高まるから不思議なんですよね〜。

 

そういう作風なので、
火傷少女のキャラは全員が最初から
死亡フラグたってるようなもの。

 

つまり何が起こるか全く予想できないのが
面白いんですww

 

評判は?

 

火傷少女を読んだ方の声は…

 

やっぱりその危うい展開にハマる方が多いようですねww

 

普通のマンガにマンネリしてる方には打ってつけのスパイスになりますよ…

 

コチラの無料試し読みから是非見てみてくださいね!

 

さらば!!

 

 


 

Twitterで毎日マンガ情報 配信中♪ぜひフォローして下さい♪


 


 

このサイトをiPhoneホーム画面に追加する方法

 

① 画面下のマークをタップ
② 『ホーム画面に追加』を選んでタップ

これをしておくとホーム画面からワンタップでサイトにアクセスできて便利です。

是非ご利用ください。


きもやん
※ 公式LINEにてオススメマンガを紹介しています♪
是非お友達登録してくださいませ♪
友だち追加

1 個のコメント

  • はじめまして!!
    ワタクシも火傷少女は4巻全て読みましたが、この作品は色々な意味でヤバイですね(°Д°;)

    特に、原作者である貫徹氏は脳科学や心理学についてかなり勉強している様子で、登場人物達一人一人の言動や、その動機、根拠といったものが「充分に、現実に起こり得る話」である事に終始、驚きを覚えました。

    残念ながら、最後はかなり急いでまとめた為に未回収の伏線がいっぱい残ってしまいましたが、是非もう一度、作画の里見氏とのタッグで、この「サイコ・ホラー」の完成形を披露して欲しいものです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!