鬱すぎて読後3日は後味を引きずる『おやすみプンプン』の魅力をお伝えしたい!

The following two tabs change content below.
1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!

 


 

マンガには様々なカテゴリーがありますが、
ここ5年ほどで急増しているのが鬱マンガ

 

onepieceやNARUTOを王道とするなら
180度真逆に位置するジャンルであり、
その名の通りダークな世界観
気持ちを暗くさせる描写が特徴的なんです。

 

ぼくもそうなんですが、
普通のマンガを読み飽きた玄人が
鬱マンガというステージにたどり着くわけですが、その最高峰ともいえるのがコチラッ!

 

【おやすみプンプン】ッ!!

【電子書籍kindleの楽しみ方】

 

※専用タブレットがなくても、
kindleはスマホアプリから読むことが出来ます♪

 

 まずkindleアプリ(無料)
スマホにインストール。

iPhoneの方はコチラから♪
androidの方はコチラから♪

 

➁ ①のアプリは読む専用アプリなので購入は出来ません。
なので、ネット上から欲しいマンガのkindle版を有料購入します
(このブログから購入もオススメ)

 

➂ 購入が完了したら①のkindleアプリから
すぐに読むことが出来ます♪

 

※アプリインストールからマンガを読むまで
3分で可能♪
※kindleはAmazonのポイントも使えるので
とてもオトクです♪
※一度kindleをインストールすれば次回からは1クリックでの電子書籍購入も出来ます♪

是非お試しください♪

もうひとりのきもやん
メルヘンなタイトルやんけ

ついつい3歳の子どもに毎晩読み聞かせてしまいそうなタイトルですが、それはあまりに危険。

 

おやすみプンプンの鬱感は
凄まじい切れ味を伴っておりますからね‥‥!

 

おやすみプンプンのあらすじは?

 

【あらすじ】

主人公プンプンは、少し気弱だけど優しい小学生の男の子。

そんな彼の前に現れたのは転校生の愛子ちゃん。

プンプンは愛子ちゃんに一目惚れしてしまう。

それは純粋な恋心であり誰しも経験する思い出。

しかしこの恋心がきっかけでプンプンの人生は大きく歯車がズレて狂っていくことになる。

 

最初読んだ時は
これギャグマンガやんけwww
と思ってました。

 

絵のタッチが浦安鉄筋家族を彷彿とさせましたし、何より主人公のプンプンが『ひよこ』のビジュアルですからね。

 

周りはもちろん人間なのにひよこ。

 

作中の人物は誰もつっこまないんですけど、
そんな世界観ですからてっきりシュールギャグマンガかと勘違いしてました。

 

しかし後で知ることになりますが、
プンプンがひよこのビジュアルである理由は
『物語があまりに憂鬱であるから、
主人公の見た目を可愛くして中和させたかったから』だったのです。

 

もうひとりのきもやん
ひえっ

 

ストーリー展開としては
小学生時代のプンプンから始まりますが、
ストーリーが進むにつれて
小学生→中学生→高校生→大学生と
成長していきます。

 

そして成長に伴って
闇の深さもグングン増してきますwww

 

もうひとりのきもやん
ほんと後半とかヤバいもんな…

 

プンプンには愛子ちゃん以外にも
いつも一緒に遊ぶ男友達がいるんですよ。

 

小学生のときは無邪気にワイワイ遊ぶんですが、成長していくにつれ道を踏み外したり性格が歪んでくる友達が出てくるあたりなんかは嫌にリアルで見応えがすごいんです。

 

そしてそれぞれが大人になっていく上でぶつかる壁や理不尽や犯罪‥‥

 

この辺がぐっちゃぐちゃに混ぜ合わされつつも、最終的にはキレイにまとまるから秀逸。

 

何が魅力か?

 

最近多いファッション鬱とは違って、
これぞ元祖鬱!
とうならせてくれるのがおやすみプンプン。

 

人間の汚い部分も構うことなく吐き出されてますし、かと思えばものすっごく深い哲学的なセリフも飛び交う。

 

世界観そのものが魅力と呼べる数少ない作品でしょう。

 

もうひとりのきもやん
哲学的なセリフってどんなのや?

 

■ 目的や要件に縛られることはとても不自由に感じられました。ただそれがかろうじて今の自分と明日の自分をつないでいるのかも知れない。

■ 私が狂っているんじゃなくて、私以外の全員が狂ってるのよ。

 

 

おやすみプンプンは一部のファンからは
名言メーカーマンガとも呼ばれています。

 

この当たりは少年誌ではイマイチ響かないでしょうが、ぼくを含めたコアなファンには突き刺さるどころか貫通しきってます。

 

ハズレマンガの特徴のひとつに語彙力が乏しいってのがあるんですけど、プンプンは真逆。

 

醸成されたかのような言葉が
さらっと連発されるから目が離せないんです。

 

 

最終回が物議を醸す

 

このブログでもかつて特集をした
プンプン最終回考察。

 

ネタバレになるので多くは語れませんが、
こういう含みのある最終回ってのは
味わい深くていいですね。

 

 

作者の浅野いにお氏もプンプンの最終回に関しては「最もみじめで現実的な終わり方にしたかった」と言うくらいですからね…!

 

数多くのマンガを読んできた人でも
サラッとは読みおえれない深みがありますよ。

 

評判は?

 

読了後の感想として、「この感情をどう周りに伝えようか…!?」とぼくも苦悩したものですww

 

それくらいに深みがあるし危険性さえ感じる…!

 

我こそは!という方…是非チェックしてみてください!
 

さらば!!


 

Twitterで毎日マンガ情報 配信中♪ぜひフォローして下さい♪


 


 

このサイトをiPhoneホーム画面に追加する方法

 

① 画面下のマークをタップ
② 『ホーム画面に追加』を選んでタップ

これをしておくとホーム画面からワンタップでサイトにアクセスできて便利です。

是非ご利用ください。


きもやん
※ 公式LINEにてオススメマンガを紹介しています♪
是非お友達登録してくださいませ♪
友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!