裕福な男がどんどん堕ちて破滅していく『人間失格』が天才的に面白い

The following two tabs change content below.
1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!

 


 

天才的などというありふれた言葉では表現したくなかったのですが‥‥

 

このマンガはそう感じざるを得ないほどに魅力的でした‥‥ッ!

 

【人間失格】ッ!!!

 

【電子書籍kindleの楽しみ方】

 

※専用タブレットがなくても、
kindleはスマホアプリから読むことが出来ます♪

 

 まずkindleアプリ(無料)
スマホにインストール。

iPhoneの方はコチラから♪
androidの方はコチラから♪

 

➁ ①のアプリは読む専用アプリなので購入は出来ません。
なので、ネット上から欲しいマンガのkindle版を有料購入します
(このブログから購入もオススメ)

 

➂ 購入が完了したら①のkindleアプリから
すぐに読むことが出来ます♪

 

※アプリインストールからマンガを読むまで
3分で可能♪
※kindleはAmazonのポイントも使えるので
とてもオトクです♪
※一度kindleをインストールすれば次回からは1クリックでの電子書籍購入も出来ます♪

是非お試しください♪

 

もうひとりのきもやん
人間失格‥‥太宰治の作品やな?

 

そう、言わずと知れたあの小説『人間失格』のマンガバージョン。

 

小説をマンガにトレースして発売するってのは割と珍しくないことなんですが、ぼくは今まで『小説→マンガ』って作品でアタリに出会ったことがありませんでした。

 

だって内容知ってるんですよ?ほぼネタバレした状態でスタートするんですよ?www

 

こんなハンデスタートなのにマンガで面白く表現できるわけが無い。

 

そう思ってましたよ‥‥この人間失格を読むまでは‥‥!

 

完全になめていた‥‥日本文学、ひいてはマンガ化素晴らしい‥‥(手のひら返し)

 

人間失格のあらすじは?

 

【あらすじ】

ある日、マンガ家の古屋兎丸はパソコンを見ていると不思議な日記を見つけた。

『恥の多い生涯を送ってきました』から始まる自叙伝である。

自叙伝の主人公である葉蔵の、あまりに残酷であまりに衝撃的な半生は古屋の目を釘付けにしていく。

そして古屋が自叙伝を読み終えたときに起こした行動はなんと葉蔵自身に会いに行くというものだった。

 

作中の古屋兎丸とは、まさしくこのマンガの作者「古屋兎丸」氏で、代表作『ライチ☆光クラブ』でも知られる超人気マンガ家さんなのです。

 

 

退屈になりがちな小説のマンガ化というのをこれ以上ないほどに素晴らしい形で昇華しています。

 

というのも、このマンガ版『人間失格』は、原作の『人間失格』をそのままなぞるんじゃないんです。

 

あくまで主人公はマンガ家の古屋兎丸氏。

 

彼がパソコンで見つけた葉蔵の自叙伝『人間失格』を閲覧するところから物語はスタートするんです。

 

そこからは原作をベースにしたストーリー展開なんですけど、これ舞台が現代にシフトしてるんですよ。

 

もうひとりのきもやん
え?葉蔵が現代で暮らしてる設定なんか?

 

そういうことです。 なので作中にPDFやら何やらと最近聞くような単語やモノも出てきます。

 

しかし原作当時のノスタルジックな雰囲気は絶妙に引き継いでいるので、安心して読むことが出来ます。

 

なのでこのマンガは『古屋兎がパソコン越しにみている現代版の人間失格というストーリー』になります。

 

何が魅力か?

 

様々な工夫があれど、一番の魅力は何だかんだ言っても『人間失格』の葉蔵の自叙伝の壮絶さでしょう。

 

このマンガ版『人間失格』では8割ほどがこの自叙伝の内容になるんですが、直視できないほどに痛々しくも引き込まれる話なんです。

 

もうひとりのきもやん
ど、どんな話なんや?

 

自叙伝の主人公 葉蔵は元々裕福な家庭で育った、いわゆるボンボンでした。

しかし彼の怠慢な生活に業を煮やした父親は、彼と縁を切ります。

そこから葉蔵は一気にボロアパート生活へ転落。

お金も底を尽き、女性の支援だけで生き延びる日々になります。

 

もうひとりのきもやん
女性の支援‥‥?

 

そう、この葉蔵‥‥実はめちゃくちゃイケメンなんです。

 

初対面の女性がその晩に家に泊めてくれるくらいwww

 

唯一の武器である顔のみで、どうにかこうにかやっていきますが、彼は人の命を奪ってしまうほどの事件に巻き込まれていくのです。

 

ここまででも相当な転落劇ですよ?

 

高層ビルから街を見下ろしてた人間が、一気に底辺に落ちてしまうんですからね‥‥

 

そしてその破滅っぷりは物語が進む度にどんどん加速していくから目が離せないんですよ!

 

評判は?

 

 

レビューにもありましたが、作中のセリフや言葉アラ日のセンスは秀逸そのもの。

 

しかも話と話の間に、原作の文がそのまま載ってるんですが、それがまたこみあげるような才能を感じます。

 

文才ってのはこういうことを言うんだな…という感じ。

 

そこの古屋兎丸氏のハイセンスが乗っかるもんだから、名作にならないわけがない。

 

全3巻で読みやすいので、是非チェックしてみてください!

 

さらば!!


 

Twitterで毎日マンガ情報 配信中♪ぜひフォローして下さい♪


 


 

このサイトをiPhoneホーム画面に追加する方法

 

① 画面下のマークをタップ
② 『ホーム画面に追加』を選んでタップ

これをしておくとホーム画面からワンタップでサイトにアクセスできて便利です。

是非ご利用ください。


きもやん
※ 公式LINEにてオススメマンガを紹介しています♪
是非お友達登録してくださいませ♪
友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!