グッドナイトワールド=綾?最終話まで読んで分かった真相まとめ!

The following two tabs change content below.
1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!

 


 

グッドナイトワールドを読み終えたあとは、3日ほど兄SUNというフレーズが頭から離れませんよね。

 

そして時間が経つにつれてもう一度読みたくなるのも、この作品が名作である何よりの証拠!

 

先日、グッドナイトワールドを最後まで読み終えた考察記事をしたためました。

 

 

この記事では、そこではおさまりきれなかった『綾』についての謎を完全解説していきます。

 

綾にまつわる展開が少し複雑で『結局どういうこと??』みたいになってる読者も多いようなので補足していきますね!

 

そもそも下赤塚ダンボール事件とは何だったのか?

 

作中で太一郎が言ってましたよね、『下赤塚』『ダンボール』で検索しろ!って。

 

もう推測出来るとは思いますが、夜道を歩いていた綾が何者かに襲われてダンボールの中で発見された事件を指すのでしょう。

 

もちろんこれはフィクションなので実在する事件ではありません。

 

さらにこの事件について作中で具体的には触れられていないので、犯人が実はアイツだった‥‥!みたいな展開にもなりませんでしたね。

 

ただこの事件こそが、有馬家の絆を修復不可能なまでに崩壊させる原因であり、グッドナイトワールドという物語の火ぶたを切るきっかけとなるわけです。

 

グッドナイトワールドの正体は?

 

そんな綾事件を理解していると、後半にて物語の深みがより増します。

 

『そもそもグッドナイトワールドの正体とはなんなのか?』

 

少し混乱しがちですが、結論から言うとグッドナイトワールド=綾です。

 

もうひとりのきもやん
あれ?綾は下赤塚ダンボール事件で、すでにいないはずやで?

 

もちろんその通り。

 

正確には『綾の記憶をデータ化してAIへ搭載させたものこそがのちのグッドナイトワールド』ということ。

 

物語中盤で出てくるピコが、実は桜井雛子という人物の脳内データをもとに作られたAIであるというのが判明する場面がありましたよね?

 

これは『人間の脳内の記憶はデータ化することによりAIとして存在することが出来る』ということへの伏線なわけです。

 

もうひとりのきもやん
この伏線があるからこそ、綾=グッドナイトワールドという図式がスムーズに入ってくるわけやな

 

まさに!

 

さらに物語後半において、父親・小次郎の部下である神室がグッドナイトワールドからやられちゃいますよね?

 

そのあと小次郎は自宅にて神室の脳内データをAIに移そうとしますが、これもその伏線を際立たせる流れのひとつでしょう。

 

多くの読者は当初、グッドナイトワールドとはバグであるとミスリードさせられてからの実は綾!という真相は鳥肌モノでしたね‥‥

 

サスマタとは何だったのか?

 

グッドナイトワールド=綾だとしたら、サスマタとは何だったのか?

 

お分かりの通り、サスマタも結果的にはグッドナイトワールドであったといえます。

 

つまりグッドナイトワールド=綾=サスマタなわけです。

 

物語序盤で出てきた時のグッドナイトワールドは何体もいるため実体が特定されていませんでした。

 

しかしAIであるサスマタが、覚醒してグッドナイトワールドとなったときの状態は内部にすでに綾がいます。

 

もうひとりのきもやん
あのラスボスモードのときやな

 

 

そしてこれにつながるのが物語における最重要な次のテーマになるんです。

 

 

黄昏の丘で4人が出会ったのは意図的なものだった?

 

覚醒したサスマタ(グッドナイトワールド)と史郎が最後にバトルしてたシーン、実はここにもすごい伏線が敷かれてるんですよ。

 

史郎がサスマタに問うたのが『我々赤羽一家が黄昏の丘で巡り合ったのはお前の意思なのか?』というもの。

 

これについてサスマタは無言。

 

つまり、『黄昏の丘に赤羽一家を巡り合わせたのはサスマタの意図したものだった』ということです。

 

もうひとりのきもやん
う〜ん、難しいな?なんでサスマタは一家を集めたんや?

 

サスマタとはつまりグッドナイトワールドであり綾ですから、下赤塚ダンボール事件で自分がいなくなり家族もバラバラとなってしまった事実に悲しんでいたのかも知れません。

 

もちろんグッドナイトワールド状態の綾が目的を持ってそんなことをしたとは思えません。

 

しかし内部にいる綾が無意識的に、一家4人を集めて絆を再構築させるきっかけにしたかったのかも知れません。

 

さらに4人が集められた黄昏の丘とはグッドナイトワールドが現れやすいとされる場所。

 

もしかしたらグッドナイトワールド=綾は、4人に会いたかった、もしくはキレイにデリートされたかったのかも知れません。

 

もうひとりのきもやん
うわぁ‥‥!そう考えるとものすごい深いストーリーやんけ!!!

 

まとめ

 

中盤の展開から、グッドナイトワールドってめちゃくちゃ恐ろしいやんけ‥‥って思ってましたが、実は綾の人格がベースだと知ると一気に見方が変わります。

 

もうひとりのきもやん
耐久テストしてきたのも綾なんか?

 

耐久テストを強いてきたグッドナイトワールドって、みんな小次郎の顔でしたよね。

 

あれ自体は綾ではなく小次郎の想いが暴走したバグだったのでしょう。

 

あのへんは完全にホラーでしたwww

 

ここまで把握してもう一度読んでみると、また別の視点から楽しめますよ!

 

是非参考にされてください!さらば!

 


 

Twitterで毎日マンガ情報 配信中♪ぜひフォローして下さい♪


 


 

このサイトをiPhoneホーム画面に追加する方法

 

① 画面下のマークをタップ
② 『ホーム画面に追加』を選んでタップ

これをしておくとホーム画面からワンタップでサイトにアクセスできて便利です。

是非ご利用ください。


きもやん
※ 公式LINEにてオススメマンガを紹介しています♪
是非お友達登録してくださいませ♪
友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!