『二択歩行』のネタバレとあらすじ!森で怪物に襲われるサバイバルが怖い!

The following two tabs change content below.
1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!

 


 

そのタイトルとちょいブラックな雰囲気に惹かれて早速チェックしてみましたよ‥‥

 

【二択歩行】ッ!!

 

 

もうひとりのきもやん
二択??歩行??どういうことや?

 

恐らくタイトルだけだと『???』って感じの印象を抱く方がほとんどでしょう。

 

しかし!

 

年間500冊のマンガを読むぼくの眼は見抜いてしまいました。

 

二択歩行‥‥センスが見えた‥‥ッ!!と。

 

サスケが写輪眼で敵の動きを見抜くように、ぼくの眼はタイトルだけでマンガのポテンシャルを見極めます。

 

最近だと『ライチ☆光クラブ』なんかビビっときましたがね‥‥。

 

 

で、この『二択歩行』…どうやら普通のマンガではなさそうなんです。

 

早速紐解いていきましょう。

 

二択歩行のあらすじは?

 

 

【あらすじ】

主人公・テツヤがふと目を覚ますと、彼は見知らぬ夜の森にいた。

『自分は誰なのか?どうしてここにいるのか?』

記憶喪失となった彼の前に現れたのは『右の指か左の指か?どちらか選べ』と突然の二択を迫って命を狙って襲ってくる怪人だった。

森の中で同じく迷っている人間たちと行動を共にして怪人から逃げ惑うテツヤ。

一体ここはどこなのか?そしてあの怪人は何者なのか?

森を舞台に引き起こされる惨劇とスリルパニックストーリー。

 

この二択歩行は、とりあえず手がかりや前置きなしでいきなりサバイバルがスタートするスピーディな展開で始まります。

 

主人公テツヤは自分自身のことが誰なのか、なぜこんな森にいるのか全く分かりません。

 

なのに、不気味な森で人間とは到底思えない出で立ちの怪人に襲われるんです。

 

人間たちが山の中で大猿に襲われるモンキーピークという作品は大人気ですが、それとはまた違った切り口のサバイバルストーリー。

 

 

で、テツヤは森の中で同じく怪人から逃げ惑う仲間たちを見つけます。

 

彼女たちと知恵を振り絞りながら、1分1秒をどうにかやり過ごして生き延びていくのですが、段々と記憶の断片やヒントがチラホラ見えてくるのが面白いんですねえ…!

 

何が魅力か?

 

よくあるパニックホラー系かと思いきや、予想出来ないデスゲーム展開が繰り広げられていくのが二択歩行の魅力。

 

伏線らしきものは所々に散りばめられてるんですけど、決定的なナニカが足りないあたりはソワソワしてしまいますww

 

出てくる人物たちの記憶がないということは、過去の繋がりや事件性のある展開に繋がってくるとは思うんですが、森の中の怪人たちと合わせるとイマイチ推測できない‥‥!

 

もうひとりのきもやん
そこがまた面白いんですけどね‥‥!

 

で、このマンガがその他の作品と一線を画すのが出版スタイル。

 

実はこの二択歩行、制作会社『MUGEN UP』と原作者・高瀬敦也氏のコラボレーション作品となっています。

 

もうひとりのきもやん
MUGEN UP‥‥?高瀬敦也氏‥‥?聞いたことあるような‥‥?

 

そう、実はこのMUGEN UPとはキングコング西野氏の絵本『えんとつ町のプペル』の制作を手がけており、高瀬敦也氏は『逃走中』『有吉の夏休み』といった超人気TV番組をプロデュースしているお方!

 

なので一般的なマンガとは、そもそもの制作ルートが異なっているわけ。

 

そして高瀬敦也氏が原作を描き、脚本・成山高志氏、作画・西岡智三氏(MUGEN UP)というコラボレーションで二択歩行は鮮烈にデビューしたのです。

 

マンガアプリで軒並み1位

 

この「二択歩行」、実は「掲載されたマンガアプリの人気作品ランキングで軒並み1位」という実績があります。

 

 

今やマンガアプリってめちゃくちゃたくさんの作品が読めるので、その中で上位に食い込むのは並大抵ではないんです。

 

そんな中でその人気を知らしめているのですから、面白くないわけがない!

 

現在「ピッコマ」「マンガZERO」にて読むことが出来るので、是非インストールしてチェックしてみてくださいね!

 

さらば!!

 

 


このサイトをiPhoneホーム画面に追加する方法

 

① 画面下のマークをタップ
② 『ホーム画面に追加』を選んでタップ

これをしておくとホーム画面からワンタップでサイトにアクセスできて便利です。

是非ご利用ください。


きもやん
※ 公式LINEにてオススメマンガを紹介しています♪
是非お友達登録してくださいませ♪
友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!