幽霊が見える人と見えない人のたった一つの違い

こんにちはきもやんです!

ぼくが屈指のホラー好きであることは世界的に有名なんですが、

今年の夏も特番面白かったですねえ…!

ほん怖なんかはもう風物詩なんですよねえ〜。

 

 

お客さんにもよく

『なんでホラーとか好きなんですか!?意味が分からない!』

 

 

って言われるんですが、実は理由があって、

『ホラーをエンターテイメントとして見てる』からなんです。

 

 

そもそも幽霊を信じていないww

割り切ってるんですよね!

 

 

なんで、ホラー番組見たあとも普通にお風呂入れます!ざぱーん!

 

 

で、よく考えるんですよ。

幽霊が見える人と見えない人の違いは何なのか?って

 

 

アメリカに関しては

18%の人が幽霊を見たことがある、もしくは見ている

というデータがあります。

結構多いですねw

 

 

で、その謎についてぼくなりの結論が出ちゃいましたので発表します。

 

 

結局『脳』

 

 

オイオイって感じなんですが、ほんとにそうなんです。

脳って外から見えないから全然分からないんですけど、

実は個人差がものすごくあります。

 

 

人って不思議で、目に見える身長とか肌の色だと

『それぞれ違うよね〜』となるんです。

 

 

なのに目に見えない脳に関しては

『みんなある程度同じ思考力がある』って感じちゃうんですよね。

まるでスペック違うのに!

 

 

脳の大きさや形が違えば、分泌物の質や量も差があります。

『それがどう幽霊に繋がるの?』

って感じなんですが、

『幽霊が見えやすい脳の作り』ってのがあるんです。

 

 

顔の検出って知ってる?

 

 

ぼくらの脳は、

点が三つあると顔に見えるようにデフォルトで設定されてるんです。

 

 

ほら、昔 実家の天井とか壁のシミが顔に見えたりしませんでした?ww

で、勝手に顔を作り出して1人で震えるという

自己完結型セルフホラーコンテンツ!

あれとか代表的なんですが、幽霊が見えるのはほんのその延長なんです。

 

 

右脳派は幽霊が見えやすい

 

 

右脳派の人は左脳派の人に比べ幽霊を見たことがあるという人が明らかに多い

というデータがあります。

 

 

その実験がこちら。

Q、どっちの顔が喜んで見えますか?

 

 

 

 

ぼくとか

いやどっちも困ってるやんけ!

 

 

くらいにしか思わなかったんですが、

『右脳をよく使う人』は図Bが喜んでみえるそうなんです。

 

 

この図において、

左側の表情(笑顔)は反対側の右脳で処理されるように出来ています。

そのため右脳が優勢な人は左側印象(笑顔)を強く感じるために

Bの方が楽しそうに見えてしまうんです。

 

 

で、この実験の一番のヤマはこの後。

これで判明した右脳優勢組にアンケートをしたところ

『幽霊を見たことがある』人が多数いたということなんです。

 

 

なんかどんどん紐解かれていきますね〜!

 

 

ただ、右脳優勢組が幽霊を見やすいことは分かったけど、

それがなぜなのか?はイマイチ証明されていないみたいなんです。

 

 

う〜んもう少しで辿り着きそうなんですけどね〜!

 

 

他にも幽霊を見やすい脳はある

 

 

他にも説はあります。

脳に損傷を受けた人は幽霊を見やすいというものです。

 

 

脳梗塞を起こしてから性格が変わった!

というのもよく聞きますが、

脳にダメージを受けた後から幽霊や幻聴が見えるようになった

という声も少なくありません。

 

 

となると共通するのはやっぱり『脳』なんですよね〜!

この考え方をするようになってから、

ぼくは幽霊を信じることがなくなりました。

それもそれで寂しいですが‥‥w

もし怯えながら毎日を過ごしてる方がいたら是非参考にしてくださいね!