『明日ひま?』じゃなくて『〇〇があるんだけど明日ひま?』って要件付きで言えよと思ってるヤツwww

 

 

『明日ひま?』

 

 

このフレーズほどぼくを一瞬で緊張させる言葉はないのであります。

人の返事というのは、2秒以内に返さないとテンポが崩れると言います。

 

 

『明日ひま?』

と聞かれたここからの2秒間で、ぼくの脳はフルスロットルで回転します。

 

 

『‥‥!!きたっ!!!』
『なんの用事だ‥‥?』
『飲み会?いや、仕事か‥‥?』

 

 

【ここまで一秒】

 

『待て、飲み会であっても仕事であっても特にメリットはなさそうか‥‥』
『ここは一旦無難に返事を‥‥』

 

 

【二秒】

 

 

 

『あ〜!明日!一応予定あるけどどうした?』

「あっ、予定あるんだ、なら大丈夫。」

 

 

‥‥‥‥

 

 

大丈夫じゃねえよおおおおお!!!!!!

 

 

この2秒に要したカロリーと熱量を返さんかい‥‥。

まぁ、下手に『ひまだけどどうした!』とか言ってめんどくさいことになるよりかはいいんです。

 

 

でも結構このやりとりありませんか??

あるんですよ!!

『明日ひま?』に苦しめられる人々

 

 

これ心理戦なんですよ。

スピード感のある心理戦です。

夜神月とLの頭脳戦をイメージしてもらえるとわかりやすい。

 

 

『明日ひま?』

と聞く側をL。

「えっと〜‥‥」

と答える側を月とします。

 

 

 

 

月はこのとき、『本心を悟られてはいけない』という強制設定が着いてきます。

 

 

エル『明日ひま?』

 

 

月「 (‥‥!!やられたッ!
このタイミングで予定を聞くだと‥‥?
コイツ完全にボクがキラだと
確信している‥‥ッ!) 」

 

 

 

 

エル『聞こえました?ひまです?』

月「(‥‥やばい!!ここはもうとりあえず答えるしかない‥‥)

‥‥あぁ、ひまさ、ひまだがどうした?」

 

エル『飲み会あるので誘いました』

 

月「(‥‥!!ハメられたッ!!
ボクはお前らとの飲み会ほど苦痛なものは無いというのに‥‥!)

‥‥たまにはいいね、楽しみにしてるよ。場所は?」

 

 

とこうなるわけです。

やはり心理戦を書くなら彼らが適任ですねえ‥‥

しかしながらこのやり取りにおける夜神月が、今こうしてる間にも日本には量産されているんです!!!

 

 

頼むから
要件を先に言ってくれ

 

 

当たり前なんですが、要件を言ってから誘って欲しいですよね。

それによってこちらの対応も変わるってもんです。

というかいきなり『ひま?』とか不躾この上ない!!

 

 

『飲み会があるけど明日ひま?』

なら

『あっ、ごめん、明日予定入れちゃっててさ〜』

とか

『ちょっと翌日早いから今回やめとくわ』

とか言えるんですよ、余計なカロリーを使わずに!

 

 

日本の礼儀に意味があるとするならこういう点でしょう。

とはいえ礼儀を欠いた人間がいるのもまた日本。

彼らへの的確な切り返しは何なのか?

 

 

『明日ひま?』への対策

 

 

■対策1

【とりあえずOKを出す】

 

 

人間関係や社内政治を重視するならこれでいいでしょう。

『よくわからんけどまぁいいか!』

って人です。

 

 

 

 

その先が飲み会だろうと仕事だろうと気にしないというメンタルタフネスな猛者向け。

ノリのいいキャラを定着させたいならこれ一択でしょう。

ただそんな猛者はこの記事にはたどり着かないか‥‥

 

 

■対策2

【ちょっと予定確認するね】

 

 

これはとりあえず
『予定確認させてね』というもの。

そこからはおもむろにスマホを取り出してスケジュールを確認する素振りを見せつけましょう。

そしてこの一言。

『ああ〜!明日予定あったわ〜ごめん!』

しっかり確認したことで良いイメージを与えつつ、丁重に断ります。

 

 

■対策3

【予定を聞き出す】

 

 

『明日ひま?』に対して

『え?なんかあるの?』
と要件をこちらから引き出します。

レアケースなんですが、
『いや、実は可愛い子(orイケメン)と遊びいくことになってさ!一緒にどう!?』
みたいなオイシイ話もあるんです。

それを逃さずキャッチ出来る唯一の方法です。

 

 

デメリットとしては
万が一断る場合‥‥

『明日ひま?』
「え?なんかあるの?」

『実は明日飲み会で!』
「‥‥ああ〜、実は明日予定が‥‥」

 

 

わざとらしいんです。

 

 

ただこの一点。

 

 

それこそ夜神月並の演技力が必要です。

DEATHNOTE2巻でFBIレイ・ペンバーの婚約者である南空ナオミの本名を引き出すシーンを参考にしましょう。

大丈夫。

デスノートは切り取っても使えます(?)

 

飲み会やら残業やら、ぼくらの時間を平気で持っていく人間は身の回りにいるものです。

みなさん色々と気を揉んでいるようですが、

その手掛かりはデスノートにある。

 

 

ぼくはそう言いたかったんです。

夜神月はじめ、Lやニア、メロがこんなやりとりで消耗しているでしょうか?

 

皆さん、この世界の神になりましょう!

行き当たりばったりで書いていたら
予想外に壮大な締めとなりました。

 

 

また逢う日まで…

さらば!!!

Twitterをフォローしていただくと最新記事を見逃さずチェック出来ます♪