【都市伝説】メリーさんの電話への対処法・対策まとめ

 

 

『わたしメリーさん、今〇〇駅にいるの』

 

 

こんな電話から始まる都市伝説知ってますか?

結構有名なホラー話なんですが、
ある夜突然電話が鳴り、出てみると

 

 

『わたしメリーさん、今〇〇駅にいるの』

 

 

という一言。

間違い電話か?と思って切ると、数分後にまた
『プルルルル!!』

 

 

 

 

電話に出ると
『わたしメリーさん、今あなたの家の前にいるの』

そう。

近づいてきてるんですね。

 

 

そして最後の電話からは

『わたしメリーさん、今あなたの後ろにいるの。』

振り返ると‥‥

 

 

 

 

キャアアアアア!!!

 

てな話です。

 

 

くぅぅ!!!

そそられますねえ!!

 

 

迫り来る恐怖!!

忍び寄る影!!

振り向いたその先には!!

背筋も凍る緊迫ホラー!!

『メリーさん』

近日公開。

 

 

てな感じでイイじゃないですか!!!

 

 

かつてぼくはこんな記事を書きました。
【都市伝説】きさらぎ駅からの脱出方法まとめ【2017最新版】

「都市伝説 きさらぎ駅脱出方法」です。

 

 

最近TVでも怖いのってあんまりないじゃないですか。

たまにほんとにあった怖い話とか世にも奇妙な物語が特番で放送されてるくらい。

 

 

今ぼくはホラーコンテンツに飢えているッ!

というわけで今回はこの「メリーさん対策」をまとめたいと思います。

 

 

メリーさん対策まとめ

 

 

■ 電話に出ない

もう元も子もないんですが…w

メリーさんコールは夜にかかってくると決まってます。

ミヤネ屋観てる途中でかかってきても怖くないですからね。

そこは空気を読んでいるようです。

 

 

なので根源を断ちます。

夜の電話には出ない。

 

 

 

 

『おいおい!電話に出ないなんて無理だろ!』

とでも言われそうですね。

あなたは情弱でしょうか?

今や電話に出ないというのはある種のトレンドですよ?

 

 

ホリエモン大先生も電話に出るなとおっしゃってる。

 

 

彼ほどのビジネスマンのことです。

このメリーさん対策も兼ねられているのでしょう。

本当にどこまでも頭がキレる‥‥!

 

 

「それはビジネスの話でしょ!田舎のおばあちゃんから緊急の電話が来たらどうすんのよ!」

 

 

なるほど確かに‥‥

ならばこの策がオススメ。

 

 

■ 床に寝る

このメリーさんの話のシメは
『今あなたの後ろにいるの』です。

お前はゴルゴの背後もとれるのかどうなのか?と聞きたいところではあるんですが、とりあえず背後が危険なんです。

 

 

ならば背中を隠す。

決まり手ではないでしょうか?

 

 

 

 

しかしメリーさんのIQが120以上ある場合、
背後ではなく『今あなたの目の前にいるの』

みたいな代替案でやって来る危険性があります。

 

 

世の中には
『そんな企画無理です!』とだけ言って代替案を出さないダメなビジネスマンが山ほどいます。

 

 

そんな中、
「背中をとられたなら目の前や!」

という臨機応変な能力。

 

 

その時は諦めてメリーさんを一流のビジネスマンとして讃えてあげてもよいのではないでしょうか?

ただし命はありません。

 

 

「そんな事で命捨てられるかよ!
おれは意識の高いビジネスマンが1番嫌いなんだ!何がタスクだ!何がリスケだ!」と言ってる方にはもうこの策しかないでしょう。

 

 

■ 戦う

人は時として拳を握らねばならないときがあります。

『今あなたの後ろにいるの』

と言われた瞬間に回転裏拳です。

 

 

ズアッ!!!!!

 

 

決まれば確実に優勢なので、思いっきり回転を加えましょう。

しかしこれもまたメリーさんのIQが120以上である場合、それさえも想定されている危険があります。

裏拳を受け止めたあとに
『残念だったな‥‥』

遊戯王でも見ているかのようなこのセリフです。

そこまできたら最後の決め手は髪の毛

どうやらメリーさんは、長い髪であることが多いようです。

その長い髪を掴んで‥‥

ギュッ!!!!

かつてこのヤンキー記事で学んだあの戦術ですね!
『ヤンキーのえりあしは何故長いのか?』論争がついに結論を迎える

 

 

ここまでくれば致命的なダメージが与えられるので、あとは追い帰しましょう。

とはいえこの策がどれほどの効果を発揮するかは不明。

メリーさんの戦闘力は未知数ですからねえ‥‥

 

 

皆様ももしものときは参考にしてください‥‥

さらば!!