狭い世界のアイデンティティーのあらすじと評判をまとめた!漫画家バトルというカテゴリーよ…!

The following two tabs change content below.
1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!

 


 

もしも自分が漫画家になっていたら
すでにこの世にはいなかったかもしれない‥‥

 

ぼくがこの作品を読み終えたあとに
行き着いた感想です。

 

名作【サユリ】【ミスミソウ】
【焔の眼】など、数々の作品を生み出した
押切蓮介先生の新作なのですッ!!!!

 

「狭い世界のアイデンティティー」ストーリー解説

 

【あらすじ】
漫画業界において
ブラックの象徴ともいえる件社(くだんしゃ)。
ここは売れない漫画家は拷問を強いられ、監禁され、罵倒されるというとんでもない会社。
そこに現れたのは新人漫画家 神藤マホ
彼女は件社に命を奪われた漫画家の兄の仇を打ちにやってきたのだ。
常識を遥かに超えた漫画家たちのバトルが始まる。

 

きもやん
漫画家たちのバトル‥‥?なんや、バクマンと似てるやんけ!

 

確かに漫画家たちのバトルというと
まずそう感じるでしょう。

 

しかし否!!!!!

 

バクマンでのバトルとは、
『漫画家を目指すために努力し
邁進していく』ものでした。

 

しかし狭い世界のアイデンティティーでは
その意味合いがまるで違います!!!

 

なぜなら漫画家たちは
普通に素手で戦います!!!!!wwwwww

 

 

きもやん
!!!????

 

ぼくも最初 読んだ時は
意味が分かりませんでしたw

 

序盤、主人公のマホが
漫画業界のパーティに出席したときのこと。

 

「わたしはこの業界を
『暴』の『力』によってのし上がります」
と宣言。

 

つまりは暴力ww

 

その瞬間、マホの周りにいた
新人賞受賞マンガ家たちは
彼女の拳によって瞬殺されます。

 

え!??何が起きた!??

 

まさにこんな感想でした。

 

そして奥からその状況を見るのは、
現時点で業界最強の男『編集王』

 

きもやん
編集長やなくて王なんか

 

範馬勇次郎みたいな出で立ちなんですが、
彼なんか「『暴』の『力』でのし上がるとは久々に面白い新人が現れたわ‥‥ッ!」と賞賛する始末。

 

もはや意味がわかりませんwww

 

しかも編集王が率いる件社という会社において
ホウレンソウとは、報告・連絡・相談のことではありません。

 

この組織では
『砲』撃、『連』撃、『総』撃を意味し、
漫画家がおかしなことをすれば
周りの社員からボコボコにされるという
ブラックすぎる事態に。

 

そんな中、マホを狙う刺客たちが現れますが、
『3年ストックしたマンガのネタが一瞬でなくなるツボ』を刺激して敵を失神させたり、『1週間以内に100ページのマンガを書かないと呪われるツボ』を駆使して撃破したり‥‥

 

そう。

 

むちゃくちゃなマンガなんですwwwwww

 

ナナメ視点で読むとより面白い

 


それこそ範馬刃牙とかって、
ギャグ漫画じゃないけど完全にギャグやんけ!
みたいな展開あるじゃないですか!

 

この狭い世界のアイデンティティーも
その見方をするとめちゃくちゃ面白いんです。

例えば件社の「25階」は、
エレベーターでは止まれません。

 

なぜなら、25階には
売れない漫画家や打ち切りになった漫画家が
閉じ込められて拷問されてるからなんですwww

 

フツーに考えてありえないんですが、
キャラたちは至って真面目に向き合ってるから笑わずにはいられない!

 

しかも漫画家同士のバトルでも、
『さ、作画のレベルが高すぎて攻撃が弾かれる!!』とか
『漫画家としての闇が深すぎて、こいつにはまだ勝てない!!』とかもうぶっ飛んでるわけですwww

 

あとは売れない漫画家が活躍出来ないように、
利き腕を折りにくる
『利き腕折り三人娘』とか
笑いをこらえるのに必死でした‥‥

 

とりあえずこれは
今のうちに見ておいた方が良い作品ですよ‥‥!!

 

本屋にはなかなか置いていないので、
電子書籍がオススメです!

 

 

さらばっ!!

 


このサイトをiPhoneホーム画面に追加する方法

 

① 画面下のマークをタップ
② 『ホーム画面に追加』を選んでタップ

これをしておくとホーム画面からワンタップでサイトにアクセスできて便利です。

是非ご利用ください。


きもやん
※ 公式LINEにてオススメマンガを紹介しています♪
是非お友達登録してくださいませ♪
友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!