眠れる森のカロンのあらすじ&感想!ファンタジーと思ったらとんでもないダークネス漫画で戸惑ったよ!




The following two tabs change content below.
1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!

ファンシーなビジュアル、メンヘル感たっぷりなタイトル‥‥

で油断させてからの凶悪なサイコパス展開が魅力な漫画といえば!

 

「眠れる森のかろん」!!

かろん

 

間違っても小さいお子さんに見せてはいけませんよ‥‥www

今回はこの作品について紹介します!

 

 

 

眠れる森のカロンのあらすじと感想は?

【あらすじ】

『ぼくはなぜここにいるの?そしてぼくはだれ??』

記憶を失って迷宮へ堕ちた小さな王子さま。

戸惑う彼の前に現れたのは同じ年ごろの少女『カロン』

彼女は迷宮でのルールや楽しさを優しく教えてくれます。

不安ながらも楽しく過ごしている王子さまは、ふとしたきっかけで記憶を取り戻しかけます。

『成程‥‥そういう事か』

王子さまの記憶が戻る前は何者だったのか?なぜここに堕ちてきたのか?

ダークファンタジーサスペンスの名著。

作品データ

作者…茂木清香 氏

掲載誌…ヤングマガジン・サード

巻数…全3巻 (完結)

属性…ホラー×ファンタジー

 

表紙は可愛い感じなんですが、3ページくらい読んで気づきました。

 

きもやん
これはヤバイやつや‥‥

 

と!

 

毎日マンガ読んでますからね、3ページもあれば作品のカテゴライズもわけないんです。

 

どうにもファンタジーやメンヘルでは抑えきれない闇がチラつくんですよ。

 

結果的に読めば読むほど闇がとめどないwww

 

主人公は何者なのか?

眠れる森のカロンにおける最重要な謎といえば、『主人公の男の子は何者なのか?』という点。

 

■ 何者かに被害を受けて記憶を奪われた?

■ 衝撃的なトラウマを目の前にして記憶喪失になった?

 

どちらもNO。

 

これ、予測するのはほぼ100%不可能です。

 

しかし突飛な設定や後付けもなく、真相が明かされた時には『なるほど!こういうことか!!!!』とうなってしまうのがこのマンガの山場!

 

彼の正体やなぜ迷宮に堕ちてしまったのか?が中盤で明らかになると、ストーリーはあれよあれよと別の方向にシフト。

 

気持ちよく終えることが出来ます!!

 

 

評判は?

 

 

なかなか好評ですね。

 

カロンに関してはストーリー展開のリズムがいいのも魅力。

 

内容は結構濃厚ですが、全3巻なのでスラスラ読めるんです。

 

そして文字数も多くない。

 

1つの作品としてクオリティが高いので、こういうマンガこそ映画化したらいいのになぁ‥‥って思いますww

 

何十巻もある大作を2時間で映画化しようとするからハンパになっちゃうんですよね!

 

きもやん
最近よくある風潮やで

 

とにかく「カロン」は名作であること間違いなしなので、是非チェックしてみてください!

 

眠れる森のかろんをオトクに読む方法は??

 

もうひとりのきもやん
かろんって普通に本屋に置いてるんか??

 

もちろん普通に購入することも出来ますが、実は本屋さんに置いてないことも結構あるんですよ!

こんなダークファンタジーの名作なのに…!

 

なので電子書籍で楽しむのが確実でしょう。

 

もうひとりのきもやん
どの電子書籍がベストやねん?

 

個人的には、ぼくも利用している『e Book Japan』がおすすめです。

 

 

その理由は3つあって

 

POINT

■『眠れる森のかろん』が本屋に置いていないケースが結構あるが、電子書籍だとすぐに購入できてその場で読める

■紙の本で買うより『e Book Japan』で買う方が30~40円ほど安いケースが多い

■会員登録が無料で月額もかからないのに、ポイントやセールが多いので常にオトクに購入しやすい

 

ってところですかね…

 

しかも『e Book Japan』って常にクーポンバラまいてくれる系のサービスなので、実際はそれ以上にオトクです。

10%オフクーポンとかガンガン発行してくれます。

 

ぼくも紙で読んだりkindleで読んだりしましたが、結局『e book japan』が一番オトクでしたねえ…!

 

実際に使って感じた特徴は下記の記事で詳しくまとめているので、ご興味のある方は是非チェックしてみてください。

 

 

是非参考にされてくださいね!

それではまた…!

 

※記事内の情報には常に細心の注意を払っておりますが、確実性を保証できるものではございません。
価格や割引率なども時期により変動が予想されますので、購入時は公式サイトの情報を吟味なさってください。

 




ABOUTこの記事をかいた人

1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!