金木研の髪色の変化をまとめた!白カネキと黒カネキの違いは??




The following two tabs change content below.
1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!

「あれ??この金木くんって佐々木琲世?」

「それとも金木くんに戻ってる??」

 

東京喰種読んでて誰もが引っかかる金木くんの入れ替わりトラップ!!

喰種って他のマンガみたいな説明文や解説セリフがほとんどないんですよ!

 

きもやん
自分で気づいて考えてくれってことやな

 

故にリアリティある雰囲気が展開されていくんですが、金木くんで一番気になるポイントといえば髪色!

黒やら白やら入れ替わりが激しいですよね!

 

どんなときに髪色が変わるのか?性格や記憶の変化は?

この辺を考察していきますよ…!

 



黒カネキ

 

 

【DATA】

■ 登場巻‥‥1〜6巻

■ 髪色‥‥黒髪

■ 変化のきっかけ‥‥なし

■ 能力‥‥半喰種状態。力の使いこなしはほとんど出来ていない。窮地に陥った際のみ、底力を発揮する。

 

【きもやんの解説】

 

大人しく読書が好きな金木研。

髪ももちろん黒髪の、初期黒カネキです。

リゼの手により半喰種となって人生が狂ってしまった時期の彼。

 

きもやん
普通の食事ができなくなってたのが
もはや懐かしいやんけ…!

 

この頃の彼はというと『よくここまで生き延びてこれたな…』ってくらいの戦闘力でしたww

リゼの強力すぎる赫子がピンチのときには助けてくれましたが、それ以外はほぼ素人の闘い。

 

トーカや蓮示に修行をつけてもらってどうにかやっと‥‥ってレベルでした。

思えば最初の金木くんってこんな感じだったんですよねえ〜(しみじみ)

そして次が最初の「覚醒」です。

 

白カネキ

 

【DATA】

■ 登場巻‥‥7〜13巻

■ 髪色‥‥白

■ きっかけ‥‥ヤモリによる拷問

■ 能力‥‥身体能力、赫子の力が格段に上昇

 

【きもやんの解説】

 

初の『覚醒』となるのがこのとき。

きっかけとなったのはアオギリの樹のヤモリとの接触でした!

金木くんは、身体的な痛みをはじめ想像を絶するあらゆる苦悶を味わわされます。

 

きもやん
ムカデのくだりはヤバかったな

 

あまりに常軌を逸したストレスを長時間受けることにより、髪は白へ。

これが『白カネキ』と呼ばれる所以ですね。

 

極端なまでの苦痛に対し、金木くんは『内面のリゼ』を受け入れることで克服。

リゼを受け入れるということは、喰種としての自分を認めるということです。

 

それによりリミッターが外れた金木くんはその場でヤモリを沈めます。

ちなみに金木くんは、これ以降 皮肉にもムカデがモチーフともとれる赫子を操ります。

 

『東京喰種』第一部における最終形態でもこの状態でアオギリの樹を始め有馬貴将とも戦うことに。

そしてストーリーは第二部「:re」へシフトします。

 

佐々木琲世

【DATA】

■ 登場巻‥‥re1〜5巻

■ 髪色‥‥根元は黒いがほぼ白、くせ毛のような動きが出る

■ きっかけ‥‥第一部の白カネキからの延長。

■ 能力‥‥有馬貴将の元でトレーニングし、体術スキルが大幅に上昇

 

【きもやんの解説】

 

髪色に関して、第一部の白カネキと違って根元が黒いのが特徴。

どうやら金木くんは精神的に不安定であると白髪に至るケースが多いようです。

 

re初期のCCG捜査官としての佐々木琲世は、そのときの環境を『幸せである』と言っていますし、金木くんのときのような精神のグラつきもなし。

つまり佐々木琲世でいるときは精神的に安定していたため、根元から伸びてくる髪は黒色であったということです。

 

闇カネキ

 

【DATA】

■ 登場巻‥‥re6〜8巻

■ 髪色‥‥黒髪

■ きっかけ‥‥死闘の中、金木研の記憶を取り戻す

■ 能力‥‥本来の強さに加え、佐々木琲世時代に得た有馬の体術がプラスされる

 

【きもやんの解説】

 

遊戯王っぽい呼び方ですけど、全く関係ないのが闇カネキ!

髪色は漆黒の黒となり、「闇」を納得させるビジュアルに。

 

『夢はもういい、おやすみハイセ』

というセリフからの登場で、佐々木琲世時代が虚像であったことが分かります。

 

その幸せだった時代と決別するように、闇カネキは名前の通りダーティーさが特徴。

さらに敵をゴミ呼ばわりするなど、発言も荒々しいものに変化。

 

しかし戦闘力は比べ物にならないほど高められており、SSS級レート喰種『隻眼の梟(エト)』の下半身を一撃でぶっ飛ばすレベルにまで至っています。

闇堕ち感が強いですが、月山を屋上から放り投げる際も彼が助かることを計算しての行為だったりと、金木くん時代の優しさが垣間見えて少し安心…!!

 

隻眼の王 カネキ

 

 

【DATA】

■ 登場巻‥‥re9巻〜最終巻

■ 髪色‥‥白

■ きっかけ‥‥有馬との闘い

■ 能力‥‥闇カネキの強さはそのままに、穏やかさを取り戻す

 

【きもやんの解説】

 

金木くんの最終形態ともいえるのがこの状態。

髪の色は結局 白で落ち着きました。

 

アオギリの樹に誘拐されて霧嶋絢都とかにボコボコにされてた頃からは想像できないですよね。

まさか自分が、誘拐されたアオギリでトップの隻眼の王にまで上り詰めるとはwww

 

しかしここまで来た金木くんはもはや王と呼ばれても遜色ないほどにまで仕上がった感があります。

 

その後金木くんはどうなる?

 

有馬貴将のあとを引き継ぎ、隻眼の王にまで辿り着いた金木くんは、このままキングの道を駆け上がって、そのままトーカとゴールイン!!!!

 

とはならないのが東京喰種でした。

 

ここまでの領域に達しても、この後 赫者モードの鈴屋什造&半兵衛にはやられてしまいます。

 

きもやん
什造めちゃくちゃ強いな‥‥www

 

その流れでモンスターモードに突入し、最終戦へ突入。

あれは見ごたえがありましたねえ…!

 

まだ見ていない方は是非チェックしてみてください!

さらば!




ABOUTこの記事をかいた人

1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!