ホラー漫画『サユリ』のあらすじと感想!怖すぎてもはやギャグの領域に突入したみたい!




The following two tabs change content below.
1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!

世の中にホラー漫画は数あれど、この作品ほど唯一無二感を放つものはまずないでしょう。

 

その名も
【サユリ】!!!!

サユリ

 

作品データ

作者…押切蓮介 氏

掲載誌…月間コミックバーズ

巻数…全2巻 (完結)

属性…ホラー×どんでん返し

 

きもやん
ひえっ!絶対怖いなこれは!!

 

無論めちゃくちゃ怖いです、ホラー漫画なので。

ただ普通のホラーとはもう次元が違うんです。

 

今回は先に読んだ人の感想を見てみてください。

 

サユリを読んだ人の感想まとめ

 

どれどれ…

 

やはりアツい感想が多いですね…!!

 

しかも皆さんTwitter上限140文字MAXに近い熱量でレビューされていますww

 

いかに【サユリ】が読者をトリコにするかが分かるでしょう!!

 

 

きもやん
ホラー漫画にトリコてのがイマイチ分からんなあ… とりあえずあらすじチェックや!!

 

 

サユリのあらすじ

 

 

では少しずつ禁断の世界を紐解いていきます。

 

【あらすじ】

『ぼくらより前にこの家に住んでたのってどんな家族なの?』

一家全員で新居に引っ越してきた神木家。

これから始まる新生活に胸を躍らせていたのもつかの間。

 

父や祖父が恐ろしい形相で亡くなってしまう。

そして弟と姉も母さえも次々にいなくなっていく。

 

気がつけば主人公の則雄と痴呆症の祖母の2人だけ。

家に感じるのは恐ろしい『誰か』の存在。

その『誰か』が自分たち家族を襲ってくる。

このまま自分たちもやられてしまうのか?

 

そんなときに起こったのは予想も出来なかったまさかの『救いの手』

 

 

このあらすじだけみたら
『ああ〜ヤバい家に引っ越してきて悪霊にやられるんやろな〜』くらいしか予測は出来ないでしょう。

 

ぼくもそうでした。

 

ただサユリがホラー漫画界の「異端」と呼ばれるのは後半からのどんでん返しです。

 

序盤は王道ホラーなんですが、後半の巻き返しは凄まじかったです。

 

あまりの迫力と怒涛の展開に、
ホラーなのかギャグなのかもう分からなくなるレベルwww

 

 

何が魅力か?

 

これ最大の魅力は間違いなく『あそこ』なんですが、一言でも言うと完全にネタバレになっちゃうんですよねええ!!

もどかしい!www

 

読んだ人なら確実に分かりますよね?

やっぱり後半のあのどんでん返し!!

シビレましたねえ‥‥!

 

あとは魅力として『ストーリー性』でしょうか。

ほら、ホラー漫画って怖いだけで特にストーリー展開ってないじゃないですか。

 

古い屋敷に行って霊に出会ってそのあと〜‥‥とか

ただサユリはキャラ設定から悪霊の正体、ストーリーの流れまで工夫されまくってます。

 

なのでAmazonのレビューはことごとく星5つ!!!

ホラー系ではなかなかないんですよ!

 

こういうのこそ映画で実写化して欲しいですよねえ〜!

絶対ハマるのに!!!

 

サユリをオトクに読む方法は??

 

もうひとりのきもやん
サユリって普通に本屋に置いてるんか??

 

実はこのサユリ、本屋さんに置いてないことも結構あるんですよ!

こんな名作なのに…!

 

なので電子書籍で楽しむのが確実ですね。

 

もうひとりのきもやん
どの電子書籍がベストやねん?

 

個人的には、ぼくも利用している『e Book Japan』がおすすめです。

 

 

その理由は3つあって

 

POINT

■『サユリ』が本屋に置いていないケースが結構あるが、電子書籍だとすぐに購入できてその場で読める

■紙の本で買うより『e Book Japan』で買う方が30~40円ほど安いケースが多い

■会員登録が無料で月額もかからないのに、ポイントやセールが多いので常にオトクに購入しやすい

 

ってところですかね…

 

しかも『e Book Japan』って常にクーポンバラまいてくれる系のサービスなので、実際はそれ以上にオトクです。

10%オフクーポンとかガンガン発行してくれます。

 

 

ぼくも紙で読んだりkindleで読んだりしましたが、結局『e book japan』が一番オトクでしたねえ…!

 

実際に使って感じた特徴は下記の記事で詳しくまとめているので、ご興味のある方は是非チェックしてみてください。

 

 

是非参考にされてくださいね!

それではまた…!

 

※記事内の情報には常に細心の注意を払っておりますが、確実性を保証できるものではございません。
価格や割引率なども時期により変動が予想されますので、購入時は公式サイトの情報を吟味なさってください。

 
 




ABOUTこの記事をかいた人

1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!