1人で見ちゃダメ!『不安の種+』のあらすじと感想まとめ。怖すぎて眠れない。




The following two tabs change content below.
1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!

ぼくが読むマンガって、王道というよりもちょっと横道にそれたようなジャンルの作品が多いです。

 

「グッドナイトワールド」や「狭い世界のアイデンティティ」とか‥‥

 

 

で、たま〜になんですけどホラーマンガにも手を出してみるんですよ。

たま〜に。

 

で、今回読んだのがコチラなんですけどめちゃくちゃ怖かったです。

 

『不安の種+(プラス)』!!

不安の種+

 

知る人ぞ知るホラーマンガなんですけど、
完全に甘く見てましたねえ‥‥。

 

もうひとりのきもやん
表紙からすでにヤバいやんけ!!

 

「不安の種+」の感想と内容は?

 

 

あらすじ

小さな不安は、疑念に変わり、疑念は恐怖に変わる。

目を開けたら『アレ』が顔の前にいるんじゃないか?

ドアを開けたら『アレ』が待ち伏せしてるんじゃないか?

隣の友人には『アレ』が見えているんじゃないか?

あなたの日常に、不安の種を植え付ける恐怖の問題作。

 

作品データ

作者…中山昌亮 氏

掲載誌…週間少年チャンピオン

巻数…全4巻 (完結)

属性…ホラー×オムニバス

 

不安の種は1話完結のオムニバスストーリー。

サクサク読めるんですけど、恐怖感がすごすぎて一気には読めませんwww

これザーッと夜に1人で読める人はメンタル凄まじいでしょうね‥‥

 

何が魅力か?

 

それぞれの話が独立してるのに1話1話の破壊力が凄まじいんですwww

そういう意味で一気読みは不可能。

 

顔が藁(わら)で出来た女性の話や、神社の木から顔を覗かせて『動くなッッ!!!』と叫んでその反応により逃がすかしとめるかを決める女の子‥‥

 

もうひとりのきもやん
ちょ‥‥、もう怖いわ‥‥

 

その中でも特に有名なのが『オチョナンさん』という話。

 

ふと男の子が絵日記に書いた『ぼくのいえではオチョナンさんがいつもグルグルまわってます』

そこに描かれたオチョナンさんの姿がかなり不気味なんです。

 

さらにその絵日記を見た両親は、家族写真にオチョナンさんらしき顔が浮かんでいたのを思い出すんですよ。

 

もうひとりのきもやん
ああーこれはヤバいなぁー

 

祖父曰く、オチョナンさんは守り神らしいんですが怒った表情をしているときは絶対に気をつけろとのこと。

そんな祖父の後ろにいたのは、まさに怒った顔をしたオチョナンさんでした。

 

もうひとりのきもやん
ひ、ひええ〜っ!!

 

 

評判は?

 

 

 

みんな震えてます‥‥

 

特に「オチョナンさん」のインパクトは相当のものみたいですね…

 

しかもこの不安の種+‥‥

実は8割がフィクションとのことです。

 

もうひとりのきもやん
え?8割?‥‥え‥‥じゃあ残りの2割は‥‥

 

そう、残りの2割は‥‥

 

‥‥おっと、誰か来たようです‥‥

 

不安の種+をオトクに読む方法は??

 

もうひとりのきもやん
不安の種+って普通に本屋に置いてるんか??

 

もちろん普通に購入することも出来ますが、本屋さんに置いてないことも結構あるんですよ!

こんなホラー系名作なのに…!

 

なので電子書籍で楽しむのが確実。

 

もうひとりのきもやん
どの電子書籍がベストやねん?

 

個人的には、ぼくも利用している『e Book Japan』がおすすめです。

 

 

その理由は3つあって

 

POINT

■『不安の種+』が本屋に置いていないケースが結構あるが、電子書籍だとすぐに購入できてその場で読める

■作品によっては紙の本で買うより『e Book Japan』で買う方が30~40円ほど安いケースが多い

■会員登録が無料で月額もかからないのに、ポイントやセールが多いので常にオトクに購入しやすい

 

ってところですかね…

 

しかも『e Book Japan』って常にクーポンバラまいてくれる系のサービスなので、実際はそれ以上にオトクです。

10%オフクーポンとかガンガン発行してくれます。

 

 

ぼくも紙で読んだりkindleで読んだりしましたが、結局『e book japan』が一番オトクでしたねえ…!

 

実際に使って感じた特徴は下記の記事で詳しくまとめているので、ご興味のある方は是非チェックしてみてください。

 

 

是非参考にされてくださいね!

それではまた…!

 

※記事内の情報には常に細心の注意を払っておりますが、確実性を保証できるものではございません。
価格や割引率なども時期により変動が予想されますので、購入時は公式サイトの情報を吟味なさってください。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!