高校生グループが闇組織に引きずり込まれる【スピナーベイト】が怖い

The following two tabs change content below.
1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!

 


 

軽い気持ちで読んでみたら結構ヘビーな内容で、前のめりで読み込んでしまいましたよ‥‥

 

【スピナーベイト】ッ!!!

 

 

kindleの楽しみ方

※kindleは専用端末がなくても
アプリをインストールすると
スマホから利用可能です。

 まずkindleアプリ(無料)をインストール。

iPhone版はコチラ♪ android版はコチラ♪

➁ ①は読む専用アプリなので本の購入は出来ません。
なので、当ブログから欲しいマンガのkindle版を購入します。

➂ 購入が完了したら①のkindleアプリからすぐに読むことが出来ます♪

 

もうひとりのきもやん
スピナーベイトって聞いたことあるな?釣具やったか?

 

そう、スピナーベイトとは
バスフィッシングで使う定番ルアーを指します。

 

しかしここでは
学校の「フィッシング部」という部活の意味。

 

表向きはですね‥‥!

 

「スピナーベイト」のあらすじは?

 

 

【あらすじ】

主人公・三井はフィッシング部に所属する学生。

魚釣りを楽しむ部活と思いきや裏は別の顔。

町でルール違反を犯している人間たちに次々と制裁を加えるのだ。

しかしそのフィッシング部は、実は裏社会の組織と繋がりがあり、少年たちは恐ろしい事件に引きずり込まれていく。

 

もうひとりのきもやん
ん?ルール違反をする人間を罰していくんか?正義のヒーローやんけ!

 

普通はそう思うんですが、実は真逆。

 

フィッシング部に属するのは
主人公の三井と親友の男子生徒を除いて
みな不良。

 

街へフラッと出かけては、
些細なことを「ルール違反」として
人々に難癖をつけるんです。

 

もうひとりのきもやん
うわ〜、めんどくさそうな奴らやな〜

 

例えば自転車の二人乗りとか、
車の駐車位置とか。

 

確かに街のルール違反ではあるんですが、
違反者に対して高校生たちが
ペナルティを与える権限なんてないですよね?

 

しかしフィッシング部は、
相手が大人でも突っかかっていくんです。

 

で、殴ったり蹴ったりして懲らしめたあとに
個人情報や免許証を奪っていくわけです。

 

もうひとりのきもやん
な、なんでそんなことするんや?

 

この個人情報が、実は裏組織にながれていってたんですよ!

 

こうなると子どもの非行では済みません。

 

彼らはどんどん
取り返しのつかない状態になっていくんです。

 

何が魅力か?

 

 

スピナーベイトの場合は
「現実的な怖さ」がウリですね。

 

ぼくが以前ブログで紹介した
「うなぎ鬼」みたいなテイストです。

 

【関連記事】

裏社会の闇を描く『うなぎ鬼』がリアルすぎてゾッとする恐怖感

 

ひとつ間違えれば
自分もその状況に陥ってしまいそうなリアリティ。

 

ファンタジー要素が強いほど
他人事として読めるんですが、
このリアルサスペンスはどこまでも現実的なんですよ。

 

そこにイジメ×闇組織の組み合わせがハマったときの恐怖感といったらないです。

 

ちょいダークな作品を求めている方にはオススメですよ!

 

是非kindleアプリをインストールしてスマホから読んでみてください!

 

 

kindleの楽しみ方

※kindleは専用端末がなくても
アプリをインストールすると
スマホから利用可能です。

 まずkindleアプリ(無料)をインストール。

iPhone版はコチラ♪ android版はコチラ♪

➁ ①は読む専用アプリなので本の購入は出来ません。
なので、当ブログから欲しいマンガのkindle版を購入します。

➂ 購入が完了したら①のkindleアプリからすぐに読むことが出来ます♪

さらば!!


 

Twitterで毎日マンガ情報 配信中♪ぜひフォローして下さい♪


 


 

このサイトをiPhoneホーム画面に追加する方法

 

① 画面下のマークをタップ
② 『ホーム画面に追加』を選んでタップ

これをしておくとホーム画面からワンタップでサイトにアクセスできて便利です。

是非ご利用ください。


きもやん
※ 公式LINEにてオススメマンガを紹介しています♪
是非お友達登録してくださいませ♪
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!