おすすめ鬱漫画ランキングを厳選したよ!精神やられるので閲覧注意…!




The following two tabs change content below.
1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!

こんなにも暗い世界観があるのか‥‥

初めて読んだ時は少し後悔し、時間が経つと『もっと読みたい!!!』に変わる中毒マンガカテゴリーこそ鬱マンガ。

 

数年前に比べると爆増してるジャンルではあるんですが、上手く表現するのがホントに難しい分野なんですよ。

暗い設定に落とし込むのは簡単で、幽霊やら暴力やらを放り込めばすぐに完成します。

ただそれでは嫌悪感しか残らずに読者はすぐに離れていってしまいます。

 

しかしその反面、鬱をアートに昇華させたマンガは唯一無二の作品としてコアな信者さえ生むほどの人気マンガとなり得るんです。

今回はそんな上級者向けカテゴリーの中から、特に面白かった!!とうなずける名作鬱漫画ランキングBEST5をお伝えします。

 

もうひとりのきもやん
閲覧注意やで…ワイは忠告したからな…!?

 

気になるマンガがあれば、kindleアプリをインストールしてスマホから読んでみてくださいね!

 

kindleの楽しみ方

※kindleは専用端末がなくても
アプリをインストールすると
スマホから利用可能です。

 まずkindleアプリ(無料)をインストール。

iPhone版はコチラ♪ android版はコチラ♪

➁ ①は読む専用アプリなので本の購入は出来ません。
なので、当ブログから欲しいマンガのkindle版を購入します。

➂ 購入が完了したら①のkindleアプリからすぐに読むことが出来ます♪

 

ではどうぞ!



おすすめ鬱BEST5 『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』

 

 

あらすじ

主人公・斉藤悠介は一見 普通の高校生。

明るく頼もしい好感を持たれる人物だ。

しかし彼は過去の記憶が一切ない。

どうやら過去の彼に『何か』が起きて記憶を失ってしまっているようなのだ。

そんな中、彼の友人の言葉に絶句する。

『お前は記憶を無くす前は悪魔だった』と。

悠介の戦慄する過去とは一体何なのか?

そして何が彼の記憶を奪ったのか?

 

記憶喪失になってしまった元イジメっ子に対して、いじめられっ子だった被害者たちが復讐していくストーリー。

記憶がなくなったとはいえ、主人公であり元イジメっ子・悠介が友人たちに行った行為は凄惨なものでした。

 

そんな悠介の記憶がなくなり、攻撃性のない青年となったと聞いて元いじめられっ子たちが黙っているわけはありませんよね。

さらに物語中には、悠介がなぜ記憶喪失になったのか?を初め、様々な謎が散りばめられており、それらの考察も読者の間で話題!

 

 

詳しくはコチラの記事でまとめています。

 

 

おすすめ鬱BEST4 『不安の種+(プラス)』

 

 

コチラは1話完結のオムニバス型ホラーマンガ。

「遊ぼうおじさん」、「赤ちゃん抱かせて」と、タイトルだけでもヤバさを感じます。

 

その中でも『オチョナンさん』という話は実写化されてしまうほど話題になりました。

最近はホラーといっても、後ろを振り向いたら幽霊がいた!みたいなビックリ系が多いですよね?

 

しかしホントのホラーはそんなもんじゃない。

読み終わったあとに心の奥底からゾワゾワと湧き出してくるどうしようもない恐怖心を煽る作品こそ『ホンモノ』なんです。

 

この不安の種+はそれを表現しきった珍しい作品。

小さな不安の種が、大きくどうしようもない恐怖へ膨れ上がる様子を見ることができます。

 

 

詳しくはコチラの記事から♪

 

おすすめ鬱BEST3 『火傷少女』

 

 

【あらすじ】

明るくて社交的でクラスの人気者の女の子シイナ

少し暗くて目立たない男の子カナメ

この2人は本来交わることのない人間同士だったが、恐ろしい概念でのみ通じ合える存在だった。

 

今回の作品において、ある意味で『最も危険』と言えるのが火傷少女。

他の作品は鬱系といえどもフィクションの領域を出ないので安心するんですが、火傷少女が残す『思想』は紛れもない本物でした。

 

その思想こそが『命を捨てることへの憧れ』というやばいもの。

未成年の方にはあまりオススメしづらいとこもありますww

 

好きなマンガなんですか?と聞かれて、火傷少女です!!とは言えないもどかしさも‥‥!

しかし作品としてはめちゃくちゃ面白いし、先の展開も全然読めないのでマンガとしてはのめり込めましたね。

 

詳しくはコチラの記事で♪

 

 

おすすめ鬱BEST2 『イジメの時間』


イジメの時間 (1)

 

【あらすじ】

ーどうしてこうなってしまったの?

主人公 は大人しい男子高校生。

些細なことから、クラスのイジメっ子
『鈴木山』たちからターゲットにされてしまう。

そこから今までの平和な日常は崩壊。

数ヶ月後には、屋上から身を投げようとするまでに至ってしまう。

彼は以前のような日常に戻ることは出来るのか?

 

ぼくが今世紀最大のイジメ漫画と呼んでいるのがこの作品。

伏線やら恋愛やらややこしいものは一切無し!

シンプルなまでに極限のイジメを表現しきっています!

 

このイジメがどこまでも凶悪で『これヤバすぎるやんけ‥‥』と思ってしまうほど。

これだけで終われば『3年に1度』くらいのイジメマンガですが、『今世紀最大』と呼べるのはその後の展開。

 

いじめられっ子が徹底的にやり返すんです。

 

凶悪な仕打ちを数倍にしてやり返す!!

これは不謹慎ながらもスッキリしてしまいました‥‥!

「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」とはまた違った魅力があります。

これも高校生以下にはススメづらい良作ですww

 

詳しくはコチラの記事で♪

 

 

 

 

おすすめBEST1 『世界鬼』

 

 

【あらすじ】

不思議の国のアリス症候群ー

鏡の中の国に無理矢理送られてきたのは、その症候群を発病した数人の男女だった。

主人公・東雲あずま(しののめ あずま)もその1人の少女。

そんな彼女たちの前に現れたのは奇妙な『世界鬼』で、その命を狙ってくる。

無事に元の日常へ戻れるのか?

 

『読者よ見てろ、これが鬱マンガの極地だ』

そんなメッセージを、図らずも感じてしまうのが世界鬼。

 

鏡の国のアリス症候群という病気を発症した人間たちが鏡の国の中で『世界鬼』と戦うのがストーリーの大筋となっています。

あらすじだけ見ると、ちょっとブラックなバトル系かと思っちゃいそうなんですが、それぞれのキャラが織り成す『闇』が深すぎました。

 

しかもこの世界鬼がスゴいのは、鬱を鬱で終わらせていないところ。

序盤の数巻にわたって描かれるブラックなストーリーが、そのまま後半への伏線に繋がってるんですよ。

全巻読み終わったときの、いい意味での疲労感は忘れられませんね‥‥!

 

もうひとりのきもやん
読み終わったあとは「もう一回記憶リセットして読み直したい!!」と感じるほどやで!

 

 

詳しくはコチラの記事で♪

 

 

まとめ

 

今回はメンタルクラッシャーな作品を5つご紹介しましたが、グッとくるものはありましたか?

精神を鍛えるにはこれ以上ないトレーニングとなるでしょう…ww

 

もうひとりのきもやん
気になったマンガはkindleアプリをインストールして読むのがオススメやで! 本屋に売っていない作品もあるからな!

 

最後にランキングのまとめです。

 

BEST 5『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』

 

 

BEST 4『不安の種+』

 

BEST 3『火傷少女』

 

 

BEST 2『イジメの時間』

 


イジメの時間 (1)

 

 

BEST 1『世界鬼』

 

 

 

それではまた!

さらばっ!!




ABOUTこの記事をかいた人

1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!