女王蜂が独裁楽園をつくる『ヒメノスピア』が予測不可能な面白さ!




The following two tabs change content below.
1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!

 

その優しいタッチからは想像もできない斬新な世界観を表現した注目マンガ‥‥

思わずイッキ読みしてしまいましたよ!

【ヒメノスピア】ッ!!

ヒメノスピア

 

もうひとりのきもやん
ひめの‥‥すぴあ?なんやそれは?

 

アラサー世代はスピアと聞くと、ポケモンのスピアー(蜂ポケモン)を思い出すかもしれません。

その推測はまさに正解ッ!!

 

実はこのヒメノスピア、あろうことか『蜂』をテーマに据えた作品なんですよ!

さしずめインセクトサスペンス…!

今回はこのヒメノスピアの魅力をお伝えしていきますよ!!グサグサ!!

 

ヒメノスピアのあらすじと内容は?

【あらすじ】

主人公・遠藤姫乃は高校で一部の生徒からひどい目に遭う女の子。

凄惨な毎日を乗り越える中で、姫乃は得体の知れない『赤い蜂』を食べさせられてしまう。

それからというもの、彼女の日常は激変。

今まで敵だった周りの女子たちは姫乃を大切に扱うようになる。

実は姫乃が口にした『赤い蜂』は、女子を屈服させる女王蜂で、その力を引き継いでしまったのだった。

 

作品データ

作者
…原作:村田真哉氏
作画:柳井伸彦氏

掲載誌…月刊ヒーローズ

巻数…5巻 (2019/11月現在)

属性…サスペンス×百合

 

主人公の姫乃は、ある日『赤い蜂』を食べされられるんですよ。

もちろん自らじゃなくて無理やり!

 

もうひとりのきもやん
悪いヤツらがおるもんやで‥‥

 

しかしこのとき姫乃が食べた蜂は、なんと特別な『女王蜂』で特殊な能力を秘めていたんです。

蜂を食べた姫乃の体からは、鋭い針が出で悪いクラスメイトを突き刺します!

 

もうひとりのきもやん
おっ!その針でやっつけるんか!?

 

いえ、やっつけるんじゃなくて『従える』んです。

針で突き刺されたクラスメイトは、次の瞬間 姫乃に対して抑えきれない好意を抱くようになります。

 

もうひとりのきもやん
!!???

 

そして数日後には、姫乃をイジメていた生徒たちは針の力で『姫乃の部下』へ。

気づけば街全体が『姫乃楽園(ヒメノスピア)』となっていくんです…!!

 

何が魅力か?

 

その魅力は独特な世界観からの予測不可能感ですね。

思い返して見てください?

女王蜂がモチーフのマンガとか見たことないでしょ??笑笑

 

もし女王蜂を食べた姫乃が『針を出せるようになって気に入らない人間の命を奪っていく』みたいな設定なら、ある意味よくあるマンガなんです。

特殊能力を得た主人公がどんどんダークサイドに堕ちていって、暴走していく…!みたいな!

 

ただこの作品の場合は、敵を倒すんじゃなくて『配下にしていく』んですよ。

この差はめちゃくちゃでかくて、敵が味方になっていくもんだからある意味『無敵』なんです!

 

もうひとりのきもやん
姫乃に弱点はないんか?

 

無敵とはいったものの、唯一ウィークポイントはあります。

それこそが男性には針が効かないということ。

 

もうひとりのきもやん
女王蜂は女性しか使役できんのやな‥‥!なら姫乃は男と戦っていくことになるんか?

 

ここが実は面白いところなんですよ‥‥

姫乃が従えることが出来るのは女性のみ。

となると、物語は姫乃が率いる女性軍vs男性軍って構図になりますよね?

しかし作中では、この場合 女性軍の圧勝でした。

家庭内でもそうですが、男性は本気の女性には敵わない‥‥

皮肉ながらもこういう展開もあるのが面白かったです笑

 

感想は?

 

 

姫乃はストーリーの構成上 女性を従えていくので、確かに百合要素はあります笑

しかし物語の随所には「蜂の習性や特徴」が興味深かったり「人間の男女間にある社会的なパワーバランス」などにも触れていて、どこか社会的なマッセージ性すら感じさせるのがたまらないんです。

そんじょそこらの「特殊能力ゲットして、ある日突然日常に変化が…!」みたいなマンガとは一味違いますよ…!絵もめちゃくちゃキレイで上手いですし!

 

ヒメノスピアをオトクに読む方法は??

 

もうひとりのきもやん
ヒメノスピアって普通に本屋に置いてるんか??

 

もちろん普通に購入することも出来ますが、本屋さんに置いてないことも結構あるんですよ!

こんな面白いのに…!

 

なので電子書籍で楽しむのが確実ですね。

 

もうひとりのきもやん
どの電子書籍がベストやねん?

 

個人的には、ぼくも利用している『e Book Japan』がおすすめです。

 

 

その理由は3つあって

 

POINT

■『ヒメノスピア』が本屋に置いていないケースが結構あるが、電子書籍だとすぐに購入できてその場で読める

■紙の本で買うより『e Book Japan』で買う方が30~40円ほど安いケースが多い

■会員登録が無料で月額もかからないのに、ポイントやセールが多いので常にオトクに購入しやすい

 

ってところですかね…

 

しかも『e Book Japan』って常にクーポンバラまいてくれる系のサービスなので、実際はそれ以上にオトクです。

10%オフクーポンとかガンガン発行してくれます。

 

ぼくも紙で読んだりkindleで読んだりしましたが、結局『e book japan』が一番オトクでしたねえ…!

 

実際に使って感じた特徴は下記の記事で詳しくまとめているので、ご興味のある方は是非チェックしてみてください。

 

 

是非参考にされてくださいね!

それではまた…!

 

※記事内の情報には常に細心の注意を払っておりますが、確実性を保証できるものではございません。
価格や割引率なども時期により変動が予想されますので、購入時は公式サイトの情報を吟味なさってください。

 




ABOUTこの記事をかいた人

1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!