男がハマるおすすめ漫画ランキングを今ここに発表したいと思う!!




The following two tabs change content below.
1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!

【年間500冊】‥‥!

アラサー男子であるぼくが、毎年読んでいる漫画の数です。

 

これくらい読んでると、図らずも漫画を見抜く眼が備わってくるわけです。

写輪眼より的確に、邪気眼よりも素早く‥‥!

 

今回は『どっぷりハマれる漫画に出会いたい‥‥!』と切望する男性のために厳選した漫画ランキングを発表しますよ!

あっ!

ちなみにですが、王道漫画はご紹介しません!

 

ドラゴンボール・鬼滅の刃・ワンピース・ハンターハンター‥‥

もはや『わざわざ紹介するまでもない』王道はあえてランキングに入れてません。

 

『えええっ!?こんな漫画あったのォ!?もっと早く出会いたかったァ!!』

というレア作品に出会ったとき特有のドキドキをお届けするのがぼくの役割ですからね‥‥!

 

では早速いきます。

じっくりご覧下さい‥‥!



男性人気BEST5 『サマータイムレンダ』

『サマータイムレンダ』1巻の無料試し読みはコチラから♪

 

【あらすじ】

幼馴染のうしおが命を落としたことを知り、故郷の日群ヶ島へ戻ってきた主人公・慎平しんぺい

滞りなく葬儀が行われているところにある噂が。

それこそが『潮はもしかすると誰かにやられたのかもしれない』というもの。

戸惑う慎平を横目に、小さな離島では着実に異変が起きていた。

それこそがこの島に伝わる『影の病』といういわくつきの伝説だった。

 

作品データ

作者田中靖規たなか やすき

掲載誌…少年ジャンプ+(アプリ配信)

巻数…8巻(2019/11時点)

属性…タイムリープ×サスペンス

 

タイムリープの恐ろしさと青春の雰囲気をうまい具合にミックスしているのがサマータイムレンダ。

『影』と呼ばれるドッペルゲンガー的な存在が、島の人間とすり変わっていくんです。

 

主人公・慎平は、何度も影から命を奪われてタイムリープしながらも、その謎を突き止めるために突き進んでいきます。

『ひぐらしのなく頃に』と少しだけ重なる部分もありますが、時間軸の分岐点がひぐらしほど多くないので読みやすいのも特徴。

 

さらに、作画も万人受けしやすくもキレイなタッチとなっているので、年齢層や性別を問わず支持されているのも強みでしょう。

ちなみに『サマータイムレンダ』とはサマータイムとレンダリングを組み合わせた造語です。

 

レンダリング【rendering】はコンピュータ用語で『もとの情報をベースによりよいデータに書き換えること』を意味します。

これを踏まえて読むと、物語の謎へのヒントになりますよ…!!

 

 

 

詳しくはコチラの記事で紹介しています♪

 

 

 

男性人気BEST4 モンキーピーク

モンキーピーク

【あらすじ】

研修レクと称された登山キャンプにやってきた主人公・早乙女と製薬会社の社員数十名。

無事に山の頂上へたどり着き、キャンプ初夜にテントで寝ていると突然社員の悲鳴が。

そこにいたのは人間よりも一回り大きな猿と、無残に命を奪われた人間たちだった。

 

その場はどうにかかいくぐるものの、翌日からも突然現れる猿に次々と命を奪われていく。

早乙女たちは無事に下山することが出来るのか?

 

作品データ

作者
…原作:志名坂高次 氏
作画:粂田晃宏 氏

掲載誌…週刊マンガゴラク

巻数…全12巻(完結)

属性…サバイバル

 

『猿が人間たちを山で襲う漫画』

これを聞くとほとんどの方はギャグ漫画だと感じでしょう。

 

しかしモンキーピークで描写されているそれは紛れもない『恐怖』でした…!!

山という陸の孤島に閉じ込められた主人公の早乙女たち。

そこに現れたのは巨大な体をもち禍々しい雰囲気を放つ大猿。

 

早乙女たちは大猿に襲われ、メンバーは次々と命を奪われます。

あろうことか猿は知恵を身につけており、早乙女たちをもてあそぶかのように追い詰めていくんです。

 

精神的限界を迎えた早乙女たちは仲間割れも起こし、何が正しく何が間違いかも分からない殺伐とした地獄を味わいます。

人間の極限状態をリアルに描き切った作品ですよ…!!

 

 

 

詳しくはコチラの記事で♪

 

 

男性人気BEST3 オールユー・ニード・イズキル

『オール・ユー・ニード・イズ・キルl』1巻の無料試し読みはコチラから♪

 

 

【あらすじ】

「ギタイ」と呼ばれる謎の地球外生命体を駆逐するべく、戦場にて兵士たちと共に戦う主人公・キリヤ

初めての戦場でギタイと攻防を繰り広げていると、彼は命を落とすことに。

しかし目を覚ますと、「その戦闘へ臨む前日の朝」にタイムループしていた。

 

その後も幾度となくギタイとの戦いを繰り広げるが、何度も何度も命を落とすことに。

そんな中、気づけば彼は戦を繰り返すことでソルジャーとしてのスキルを極限まで高めていた。

作品データ

原作…桜坂洋氏

構成…竹内良輔氏

作画…小畑健氏

掲載誌…週間ヤングジャンプ

巻数…全2巻(完結)

属性…タイムリープ×サバイバル

【何度命を落としても逃げ出せないタイムリープ】

こんなに絶望するシチュエーションはこの作品以外に見たことがありません‥‥!

 

主人公のキリヤは、戦場で謎の生命体ギタイと戦うんですがほぼ100%の確率で命を奪われます。

そして次に気がついたらギタイと戦う前日にタイムリープして戻ってしまうんです。

で、またギタイと戦ってやられる‥‥

 

もうひとりのきもやん
それメンタルが崩壊しそうやんけ‥‥

 

普通の方ならそうでしょう。

しかしキリヤは違った。

ギタイとの数千回にも及ぶ戦いの中で、どんどん強くなっていくんです!!!ww

 

ギタイの攻め方や法則、些細な違いを記憶し改善。

タイムリープ1回目から学習して『最強のソルジャー』へとなっていくんです。

タイムリープ系マンガの中でも珍しい切り口であり、全二巻という読みやすさからぜひとも目を通していただきたい作品ですね!

 

 

 

詳しくはコチラの記事で♪

 

 

男性人気BEST2 世界鬼

世界鬼

 

【あらすじ】

不思議の国のアリス症候群ー

鏡の中の国に無理矢理送られてきたのは、その症候群を発病した数人の男女だった。

主人公・東雲あずま(しののめ あずま)もその1人の少女。

そんな彼女たちの前に現れたのは奇妙な『世界鬼』で、その命を狙ってくる。

しかし彼女らは恐ろしい事実に気づく。

鬼を倒すたびに、リンクして現世で自分の大切な人たちの命も奪われてしまうということに。

無事に元の日常へ戻れるのか?

作品データ

作者…岡部閏 氏

掲載誌…裏少年サンデー

巻数…全13巻 (完結)

属性…鬱×伏線回収系

 

あまりの狂気に、全13巻のうちぼくは3巻まで読んで一旦 この作品から距離をとってしまいましたwww

『これ以上読んだらメンタルがガタ落ちしてしまう』

膨大な数のマンガを読んだぼくの本能がそう訴えたのでしょう‥‥!

 

そして精神面を整えて再チャレンジ、全巻読破した瞬間‥‥

『こんな名作見たことない‥‥この先、これ以上の名作にであえるのか??』と感じたほどです。

 

物語の序盤(5巻あたり)までは狂気の満ち溢れた鬱展開がたたみかけられます。

しかしそれらは実は壮大な伏線。

 

物語の中盤から後半に活かされて、伏線回収もキレイに終えてくれます。

この点と点がつながったときの『おおお‥‥!』という感激は未だに忘れられません。

 

 

 

詳しくはコチラの記事で♪

 

 

男性人気BEST1 グッドナイトワールド

グッドナイトワールド

 

【あらすじ】

オンラインVRゲーム「プラネット」の世界で最強と呼ばれる4人組「赤羽一家」。

仮想世界では敵なしのこの4人は、奇しくも現実世界でも家族だった。

しかしその関係性はゲーム内とは真逆で最悪なもの。

 

現実から逃げるようにゲームを楽しんでいると【黒い鳥】というバグAIが現れる。

その【黒い鳥】に接触した者は現実世界でも命をおとしてしまう。

凶悪すぎるAIに打ち勝つ術はあるのか…?

作品データ

作者…岡部閏 氏

掲載誌…裏サンデー

巻数…全5巻 (完結)

属性…バーチャル×予想不可系

 

全五巻の中にここまで濃密なストーリーを凝縮した作品はこちら以外に知りません‥‥!

 

【オンラインゲーム×バグ暴走×家族の絆】

をテーマとした中で伏線のばらまきと完璧な回収は鳥肌ものです。

 

適度なブラックさや不気味さ、計算された展開、絶妙なセンスや笑い‥‥

この漫画を読んだ人は全員ぼくの知る限り『これはやばすぎる!!!!』と絶賛します。

是非とも見ていただきたいですね!

 

 

 

詳しくはコチラの記事で♪

 

 

今回のマンガをオトクに読む方法は?

 

今回紹介した5作品、どれも秀逸な作品なので是非とも見ていただきたい‥‥!

ただ今回紹介したマンガも、ちょっとマニアックということもあり本屋さんでは置いてないことも多いんですよ…!

 

もうひとりのきもやん
本屋さんは王道がメインやもんな、ワンピースとかキングダムとか鬼滅の刃とか…

 

なので今回のマンガを楽しむなら電子書籍で読むのが確実。

 

もうひとりのきもやん
どの電子書籍がベストやねん?

 

個人的には、ぼくも利用している『e Book Japan』がおすすめです。

 

その理由は3つあって

 

POINT

■紙の本は本屋に置いていないケースが結構あるが、電子書籍だとすぐに購入できてその場で読める

■作品によっては紙の本で買うより『e Book Japan』で買う方が30~40円ほど安いケースが多い

■会員登録が無料で月額もかからないのに、ポイントやセールが多いので常にオトクに購入しやすい

 

ってところですかね…

 

しかも『e Book Japan』って常にクーポンバラまいてくれる系のサービスなので、実際はそれ以上にオトクです。

10%オフクーポンとかガンガン発行してくれます。

 

ぼくも紙で読んだりkindleで読んだりしましたが、結局『e book japan』が一番オトクでしたねえ…!

 

実際に使って感じた特徴は下記の記事で詳しくまとめているので、ご興味のある方は是非チェックしてみてください。

 

 

是非参考にされてくださいね!

それではまた…!

 

※記事内の情報には常に細心の注意を払っておりますが、確実性を保証できるものではございません。
価格や割引率なども時期により変動が予想されますので、購入時は公式サイトの情報を吟味なさってください。

 
 

 




ABOUTこの記事をかいた人

1ヶ月に約15万人が訪れるマンガナビゲーションメディア「きもやんマガジン」の編集長。 1年に500冊以上もの作品を読んでいるプロのマンガ脳。 ジャンプ・ヤンジャン・マガジン・ガンガン系はもちろん、懐かしい作品も網羅!!